Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

*

調べたことを整理して発表する4年生の授業

公開日: : 子育て日記

     

4年生の長女にでた冬休みの宿題がありました。

その内容は

「自分の好きな動物を選んで、その動物について調べてくること」。

長女は「アザラシ」を選び、調べることにしていました。

 

この宿題が出されたのは冬休みに入るずっと前の10月頃だったでしょうか・・・・。

ずいぶん先だなぁ・・・でも早めにも調べることはできるんだな、と思ったことを覚えています。

 

長女は冬休みに入ってから、その宿題をやろうと思っていたようで、まったく手を付けていませんでした。

そして、冬休みに入り宿題を始めるのかと思ったら・・・・

なかなかやろうとしません・・・(´-∀-`;)

 

私もついつい「宿題は??図鑑で調べたら??」

と口うるさくなってしまいました💦

でも長女はどのように調べたらいいのか、どのようにまとめたらいいのか、さっぱりわからない様子。

 

アドバイスのつもりで、

「自分の知りたいこととか書いてみたら?

アザラシの住んでいるところとか、何を食べるとか・・・・」

といったりしましたが、それでも乗り気ではない様子。

まぁ、本人のやる気の問題かなぁ・・・・なんて私は匙を投げてしまいました(;^_^A、が、旦那は長女のために、実際に動物園へ一緒に行って、アザラシ観察をしてくれました。

そんな風にして長女のやる気を引き出してくれたおかげで、やる気になった長女。

図鑑に書かれていることや、実際に見て感じたことをレポートにしてまとめていました。

絵を描いたりして仕上げたアザラシのレポートは、長女の満足のいくものだったようで、次女にも

「ちょっと聞いて!!」

といって読み上げていました。

 

シュタイナー学校が長女にあってるなと思うことの一つに、宿題が少ないということがありました。

過剰な宿題がでないので、逆に、これだけ?と思ってしまう量ですが、長女が集中して学ぶにはちょうどよかったようです。

 

冬休み明け、その宿題を発表する授業がありました。

一人ひとりが発表する授業で、つい先日、長女の発表があったようです。

学校から帰ってくると、「今日発表したんだ」と教えてくれました。

自分の発表は緊張したようですが、ところどころ先生に面白いとほめられたので、楽しくできたようでした。

そして、他の子どもの発表も、あの子のはおもしろかった、わかりやすかった、と話していました。

公立のときも発表はやったけれど、グループでやったので同じ発表でもなんか違うなぁと、達成感が違うようで長女の中で、自分で発表する面白さを感じたようでした。

 

3年生から作文の授業が始まり、それは日記という形で4年生になっても続いていましたが、自分のまわりで起こったことを文章にすることの難しさを、長女の学びをみて改めて知りました。

日記で、自分の思いを文章にすること、それを発表という形にすること、自分のときには知らなかった授業の意味を親になってから、知ることができるなんて!!

 

シュタイナー学校での子どもの学びについては、教科書がないので、どの程度のことをやっているのかはざっくりとしかわかりません。

でも、時々子どもから聞く、授業の様子や、持ち帰ったノートを見せてもらうことで、こんな風に勉強するんだ、とか、こういうことにつながっているのか!!とか、授業の意味をシュタイナー学校だからこそ知ることができる気がしました。

 

発表では、調べ方が不十分だったり、説明の仕方がまとまっていないと、やり直すように言われることもあるようで、長女の意識も引き締まった様子。

こういった経験が、今必要とされているアクティブ・ラーニングにつながるのかな、と長女の話を聞いて思いました。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

 

関連記事

雨の日の遊び

                   10月の雨はすっかり冷たく、身に応えるほどの寒さですね。 そん

記事を読む

次女のりんごろうそく 再び

12月7日、アドベントガーデンこと、りんごろうそくが学園で行われました。 1,2年生のみのイベ

記事を読む

簡単!お正月レシピ

気がつけば、年の瀬ですね~。年末は大掃除や、お正月に向けてのおせち料理の準備やらで忙しいですよね・・

記事を読む

絡まった気持ち

今週は秋雨が続いていますね。秋の長雨を「ススキ梅雨」と言ったりもするそう です。 寒さもからだにこた

記事を読む

世代間ギャップ

わが家は子どもたちにシュタイナー教育を受けさせるために、同居暮らしを始めました。基本、シュタイナー教

記事を読む

いやいや期

子どもは親の言うことは聞かないが、言動はしっかり真似して育つ

子どもは親の真似をして育つ 子どもは親の姿を見て育つと言いますが、本当にそう・・・。 子

記事を読む

no image

3年生劇の発表

つい先日、3年生の長女のクラスで音楽劇の発表がありました。長女は劇が好き?なようで幼稚園の頃から舞台

記事を読む

3歳児お弁当の包み方

息子が幼稚園に行き初めてようやく一か月が経とうとしています。 始めは大泣きしていたのがウソのよ

記事を読む

家庭でできるシュタイナー的暮らし

シュタイナー教育といっても実際に何をどうやったらいいの?と思う方も多いはず。 そこで、家庭でも簡単に

記事を読む

学級閉鎖

大寒を境に、雪も積もって寒さが身に染みるようになりました。こういう時、暦って自然をよく知っているんだ

記事を読む

 

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

PAGE TOP ↑