*

冬はろうそくの灯りで心を温める?

公開日: : 子育て日記

     

冬になると夜空の星や月がとてもきれいに見えるようになりますね。

そんな夜空をみてなのか??長女が

「水彩をやりたい」

といいだしました。

となると、もちろん次女も末っ子長男もやりたくなるわけで・・・・・。

 

三人でベランダに水や画板を用意して、絵を描く準備を始めました。

でもだんだんと暗くなってきて、描いている絵も見えなくなるくらいに・・・。

それなのに子どもたちは描くことを止めずに、描きつづけます。

 

1人が懐中電灯を持ち出すと、他も「もっとないの??」といってくる(;^_^A

 

せっかくの月明かりなので・・・と思ってランタンに火を灯してあげると、子どもたちは喜んで

「いいねぇ!!」「ステキ!!」

といって、ますます筆がすすんだようです。

左側は懐中電灯の灯りですが、こうやって見てみると全然違いますね。

ろうそくの灯りって本当に温かみがあるなぁと感じました。

そして、さらにマルティン祭が行われてから、我が家にランタンブームが到来しました。

学校でランタン作りを行うのは1,2年生のみ。

3年生から転入してきた長女はランタンを作っていません。

そのことに長女は不満がありようで、

「わたしもランタンがほしい!!作りたい!!」

とプリプリ怒っています。(-“-)

 

そのうち・・・ね、といって私も作ってあげることができないのも申し訳ないのですが・・・(;´Д`A “`

そんなとき、学校でランプシェードの作り方を教わってきたらしく、家に帰ってくるなり、

「トランスパレント使ってもいい!??」

と聞いてきました。

「いいよ~」というと、黙々と作り始める長女。

そのかたわらで、

「ぼくもやりたい・・・」

と、トランスパレントを狙っている末っ子長男。

結局次女も加わって、三人でいろいろ折り始めました。

 

そして、自分たちの作ったランタンに火を灯したがるので、夕食の後に部屋を明るくして、ろうそくの灯りを楽しむ時間を作りました。

部屋の電気を消すとろうそくの光で部屋が明るくなります。

本当に必要な分だけの灯りだなぁと感じられますね。

こういった光をみていると、ところかまわず明るくする必要はないのかな・・・と思わせるひとときでした。

 

スポンサーリンク

 

関連記事

ジャック・オー・ランタンとよく似たお話、ウィル・オー・ザ・ウィスプ

ハロウィンについていろいろと調べていると「ジャック・オー・ランタン」と 類似した話に出くわした

記事を読む

性教育と家庭の役割

あなたは小学生の性教育について、親としてどのくらいかかわる必要があると思いますか? 自分自身、

記事を読む

2年目のマルティン祭

今年は2年生ということもあり、去年と比べると成長した姿の次女がみられたマルティン祭でした。 一

記事を読む

祭りと花火

近所で浴衣を着ている子が多かったので、何かあるのかと聞いてみると、近くでお祭 りがあるとのことでした

記事を読む

子どもの気持ちと親の言葉

今日は朝からが末っ子の機嫌がめちゃくちゃ悪かった。 ご飯を食べ始めると、手拭きを自分が持っていたかっ

記事を読む

サンタクロースはどこからきた?起源と由来

12月6日は聖ニコラウスの日でした。 シュタイナー学園では、この「ニコラウスの日」を大切な行事

記事を読む

お弁当登園開始

5月も下旬に入り、ようやく長男のお弁当持参が始まりました。 長男はお弁当が楽しみで、お弁当筒みでお弁

記事を読む

夏休み宿題

甘やかし?小学生の夏休みの宿題の意味ってなんですか?

ニュースを見ていてふと目に止まった「宿題代行」という文字。 これはいったいなに事??と思っ

記事を読む

3年生 家づくりの準備

3年生の長女はいよいよ学校で家づくりが始まります。そして、今回はその材料となる 竹を取りに行くお手

記事を読む

ホタル観賞

蛍がみられる時期になりました。 去年見に行った時に、蛍が手の平にたくさんとまった感動を覚えてい

記事を読む

 

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

 
   
    • RUN

    • ガーデニング、おやつ作り、キャンプ、
      読書が趣味の主婦。
      元保育士で現在3人の子どもとシュタイナー教育実践中。
    • 詳しいプロフィール
 
 
     
PAGE TOP ↑