*

30代 実母との関係の作り方

公開日: : 子育て日記

     


実の親、といえども子どもが大人になってしまうと、もはやそれは一人の大人で
あって子どもではないのです。。。
20代は、まだ大人になりたて感があって、まだまだひよっこ。熟年した大人の意見を
聞いて勉強することが多々あったように思います。
でも30代を超えると、自分の生き方みたいなものが見えてきて、人からどうこう言われ
なくてもやっていけるようになる。
しかし親は、それをはたして理解しているのか・・・??確かに親からしてみれば、子
どもはいつまでたっても子どもであるし、子どもからしてみれば親は親。
30歳を過ぎて、子どもを育てている私にとって、実母との同居が精神的にいいのか悪い
のか。なかなか難しいところです。。。(~_~;)
先日行った美容院で、たまたまみた雑誌の中に「30代の親とのかかわり方」みたいな
内容の特集がありました。
「実母だけど価値観が合わない」とか「あれこれ言われるから相談ができない」とか・・・。
結婚していない女性が増えてきていて、一緒に生活を続けている人も多くなっている
せいもあると思うけれど、読んでいて共感してしまうところが結構あったのにはつい
つい苦笑い。
「いつまでたっても心配性タイプ」や「親のかなわなかった夢を押し付けるタイプ」
「なんにでも否定タイプ」などタイプ別に分かれて書いてあり、その対処法まで書いて
ありましたよ。読んでいて「あるある!!」と思わず笑ってしまった。
それと同時に、「親だから何でも分かってくれている」と勝手に思い込んでいた自分も
いたことに気づくことができた気がした。
対処法はそれぞれ書いてあったが、何より大事なのは「ありがとう」の感謝の気持ち
を伝えることだそう。
改めると親にはなかなか恥ずかしくて言えないけれど、日常の中で感謝の気持ちを
言葉で伝えていく努力をしようと思った内容でした。

スポンサーリンク

 

関連記事

no image

学童保育のお手伝い

9月に入って、ようやく雨が降るようになりましたね。 しかし、突然の雨にはドキドキしてしまいます

記事を読む

子育ての悩みとママ友の悩み 見えてきた子どもの成長

気がつけば、2学期も半分が過ぎていました。 年少の息子は1学期の間、というよりは入園したばかり

記事を読む

no image

鶴ケ池を子どもと散策 散歩して運動不足を少しでも解消したい長休み・・・

春休み、子どもとどのようにして過ごしていますか? わが子たちは独自の発想で、毎日を開拓していま

記事を読む

長女と柿

3年生になると、世界との出会いがある。シュタイナー教育では3年生になると 課外活動が多くなるようで、

記事を読む

シーソー

4年生の手作りシーソー

買い物へ出かけて家に帰ってみると、小4の長女と長女の友だちが何やら怪しい遊びをしていた・・・。 一

記事を読む

毛糸の指人形

お迎えに行ったら 「ママ、こっち見ないでね!」 という息子。 なにかな???と思っ

記事を読む

調べたことを整理して発表する4年生の授業

4年生の長女にでた冬休みの宿題がありました。 その内容は 「自分の好きな動物を選んで、そ

記事を読む

3歳児お弁当の包み方

息子が幼稚園に行き初めてようやく一か月が経とうとしています。 始めは大泣きしていたのがウソのよ

記事を読む

no image

アゲハの幼虫育成日記 その2

アゲハの幼虫の飼育を始めて1週間・・・2週間と経ちました。 葉っぱを食べなくなったと思ったら、

記事を読む

虹染め体験 

自宅でできる染め物 幼稚園で虹染めを行うというので、体験に行ってきました。 幼稚園のオープン

記事を読む

 

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

 
   
  • カテゴリー

  •   RUN

    神奈川県在住の主婦&保育士。ガーデニング、おやつ作り、キャンプ、読書が趣味。
    現在3人の子どもとシュタイナー教育実践中。趣味のこと、育児について発信しています。

    詳しいプロフィール 

 
 
     
PAGE TOP ↑