*

30代 実母との関係の作り方

公開日: : 子育て日記

     


実の親、といえども子どもが大人になってしまうと、もはやそれは一人の大人で
あって子どもではないのです。。。
20代は、まだ大人になりたて感があって、まだまだひよっこ。熟年した大人の意見を
聞いて勉強することが多々あったように思います。
でも30代を超えると、自分の生き方みたいなものが見えてきて、人からどうこう言われ
なくてもやっていけるようになる。
しかし親は、それをはたして理解しているのか・・・??確かに親からしてみれば、子
どもはいつまでたっても子どもであるし、子どもからしてみれば親は親。
30歳を過ぎて、子どもを育てている私にとって、実母との同居が精神的にいいのか悪い
のか。なかなか難しいところです。。。(~_~;)
先日行った美容院で、たまたまみた雑誌の中に「30代の親とのかかわり方」みたいな
内容の特集がありました。
「実母だけど価値観が合わない」とか「あれこれ言われるから相談ができない」とか・・・。
結婚していない女性が増えてきていて、一緒に生活を続けている人も多くなっている
せいもあると思うけれど、読んでいて共感してしまうところが結構あったのにはつい
つい苦笑い。
「いつまでたっても心配性タイプ」や「親のかなわなかった夢を押し付けるタイプ」
「なんにでも否定タイプ」などタイプ別に分かれて書いてあり、その対処法まで書いて
ありましたよ。読んでいて「あるある!!」と思わず笑ってしまった。
それと同時に、「親だから何でも分かってくれている」と勝手に思い込んでいた自分も
いたことに気づくことができた気がした。
対処法はそれぞれ書いてあったが、何より大事なのは「ありがとう」の感謝の気持ち
を伝えることだそう。
改めると親にはなかなか恥ずかしくて言えないけれど、日常の中で感謝の気持ちを
言葉で伝えていく努力をしようと思った内容でした。

スポンサーリンク

 

関連記事

子どものための四季の祝祭~夏祭り

わが子のはじめて通うシュタイナー幼稚園。夏祭りといってもきっと私の想像するものとは違っているんだろう

記事を読む

「お手伝い」を見つけられる子に育つには

家のお手伝いをしてほしいけれど、なかなか習慣つかない・・・ なんてことありませんか?

記事を読む

no image

ヨハネ祭の意味 夏至から子どもに伝わるもの 

先週、学校でヨハネ祭がありました。 このヨハネ祭では、全学年が集まってゲームやダンスを踊ったり

記事を読む

子どもたちの短冊

今年の七夕は、梅雨らしい梅雨空のおかげで星空を楽しむことができませんでした。 それでも、子ども

記事を読む

【散り椿】の感想

映画「散り椿」を見てきました!! この映画を見るために、三人の子どもは旦那に任せて、思いっきり

記事を読む

餅つき会

自治会でもちつき会を行うという張り紙を見て、朝から子どもたちは外へ飛び出していきました。 &n

記事を読む

子育てと大人のお稽古

約二か月ぶりに合気道の稽古に行ってきました。 残念ながら??先生はお休みでしたが、久しぶりにいい汗

記事を読む

節分の豆まき

今年は節分が土曜日ということだったので、学校で豆まきはやらずに作ったお面と豆をもって帰ってきました。

記事を読む

学童保育のお手伝い

今日で一学期も終わり。長いようあっという間でした。。 そして一学期最後の大仕事??学童の補助に初めて

記事を読む

こわい・・・子どもと祖父母での旅行

この土日は親せきが集まってお墓参りに行くというので、我が家は、私が用事があって 参加できなかったの

記事を読む

 

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

 
   
    • RUN

    • ガーデニング、おやつ作り、キャンプ、
      読書が趣味の主婦。
      元保育士で現在3人の子どもとシュタイナー教育実践中。
    • 詳しいプロフィール
 
 
     
PAGE TOP ↑