*

12月29日 花の伝統

公開日: : 最終更新日:2022/01/01 12月, 花のひとりごと

     

12月29日の誕生花

ほおずき Winter Cherry

ナス科 原産地:北アメリカ・アジア

ほおずき市は夏の風物詩。

先のとんがった紙のような袋に中に、赤く熟れたほおずきの実。

真っ赤な玉をもみほぐしながら、中につまった種を苦労して出し、ほおずきを鳴らすという遊びがあります。

別名「灯籠草」。

日本の仏教習俗であるお盆では、ガクに包まれたホオズキの果実を死者の霊を導く提灯に見立て、枝付きで精霊棚(盆棚)に飾る。

毎年7月9日7月10日に東京都台東区浅草の浅草寺でほおずき市が催されている。

約200年前の明和年間(1764年~1772年)に始まったとされ、山東京伝の『蜘蛛の糸巻』によると、芝 (東京都港区)・青松寺の門前の武家屋敷に奉公する中間(使用人)が愛宕権現の霊夢を見た翌朝、庭で一株の千成りほおずきを発見し、「6月24日の功徳日に青ほおずきの実を愛宕の神前で鵜呑みにすれば、大人は癪の種(腹の立つ原因)を切り、子供は虫の気を封ずる」というお告げがあったと吹聴したところ、不思議と効能があったため、いつしか「御夢想の虫薬」と称して、青ほおずきの市が境内に立つようになり、さらに6月24日が観音様の四万六千日の功徳日であったことから浅草でもほおずき市が始まり、愛宕より盛大になったという。

また江戸時代には、青ほおずきは解熱剤や婦人の胎熱に特効があると言われていた。

北アメリカには種類が多く、「地面のサクランボ」「皮だらけのトマト」「紙袋に包まれたサクランボ」などの呼び名があります。

ほおずきの根や茎は、酸漿根(さんしょうこん)という生薬名で呼ばれており、利尿や咳止め、解熱に用いられます。

全草を干して煎じて飲む風習がある地方があります。

花占い

孤独を愛し、ひかえめなあなた。作られた美ををきらい、あくまでも自然の輝くような美しさにあこがれをもっています。

愛する人も、野性的な人を好みます。

気どった人や、ブランドばかり気にする人は嫌いです。

人を見抜く力は抜群。

恋愛に関しては、慎重な行動をとるほうです。

そのままで、うまくいくことでしょう。

12月28日 花の神話 <<

>>12月30日 花のひとりごと

 

スポンサーリンク

 

関連記事

12月16日 花の生態

12月16日の誕生花 はんの木 Alder 花言葉・・・壮厳 カバノキ科 原産地:湿帯

記事を読む

11月22日 花の名前

11月22日の誕生花 へびのぼらず Berberis 花ことば・・・気むずかしさ

記事を読む

1月8日 花の言い伝え

1月8日の誕生花 すみれ(紫) Violet 花ことば・・・愛 スミレ科 原産

記事を読む

11月2日 花のいいつたえ

11月2日の誕生花   ルピナス Lupinus  

記事を読む

12月23日 花の生態

12月23日誕生花 プラタナス Platanus 花言葉・・・天才 スズカケノ

記事を読む

12月30日 花のひとりごと

12月30日の誕生花 ろうばい Carolina Allspice 花言葉・・・慈愛

記事を読む

12月19日 花の伝説

12月19日の誕生花 スノーフレーク Snow Flake 花言葉・・・「美」「希望」「

記事を読む

11月11日 花の魅力

11月11日の誕生花   つばき(白) Camellia  

記事を読む

12月2日 花の言い伝え

12月2日の誕生花 こけ Moss 花ことば・・・母性愛 地衣類 原産地:世界

記事を読む

11月12日 花と果実

11月12日の誕生花 レモン Lemon   花ことば・・・心からの

記事を読む

 

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

 
   
    • RUN

    • ガーデニング、おやつ作り、キャンプ、
      読書が趣味の主婦。
      元保育士で現在3人の子どもとシュタイナー教育実践中。
    • 詳しいプロフィール
 
 
     
PAGE TOP ↑