*

縦割り保育のありがたさ

公開日: : 子育て日記

     

幼稚園三日目は雨が降っていました。
合羽を着ていきましたが、母の雨にぬれた姿を見て息子が、
「ぬれちゃったから、ママもお部屋に入っていきなよ」
の一言。うれしいような、知能犯を思わせるようなセリフに思わず笑ってしまいました。
 
そして、別れ際ではお約束の涙が・・・・。でも、3日目ということもあってか、先生が迎えに来てくれた時はしがみついたりもせずに、先生に抱っこされて部屋に入っていきました。(もちろん「ママ~~~」と言いながら泣いてはいましたが(;^_^A))
しばらくすると、泣き声も静まり「おやっ!?」と思いました。
思ったよりも早くに慣れるかも??と、うれしくなりました。
入園時には大泣きして、自分の言いたいことを我慢しないで出せる子の方が、あとあとラク。とは聞きますが、うちは長女と長男がまったく同じパターンかなと。
言わないで我慢しちゃう子の方が、慣れるまで時間がかかるというもの。そう考えると、今が母も子どもの踏ん張り時なんだなと。
 
シュタイナー幼稚園は縦割り保育というか、少人数なので全員が一緒に生活を送るような感じ。
なので、年長の子どもは先生のサポートがサッとできるよう。下手に母親が部屋に入るよりよっぽどいいんだとか。
子どもの頃から、自分より小さい子どもを見ることってとても大事なことだ。
子どもも大きくなったら育児をするわけで、いきなり「親になりました!さて、なにすればいいの?」となってからでは遅いから。
つくづく子どものまわりには見本となる大人が必要であると思い知らされる幼稚園生活のはじまりでした。

スポンサーリンク

 

関連記事

オイリュトミーとは何だろう?体験してみて感じたこと

先日、親子で体験するオイリュトミー講座に参加しました。 そもそもオイリュトミーってなんですか?

記事を読む

no image

子どもの脳に有害な化学物質のお話

知ってびっくり「子どもの脳に有害な化学物質のお話し」   巷にあふれる有害な化

記事を読む

子育ての悩みとママ友の悩み 見えてきた子どもの成長

気がつけば、2学期も半分が過ぎていました。 年少の息子は1学期の間、というよりは入園したばかり

記事を読む

3年生 家づくり開始 

  シュタイナー学校では3年生(9歳)は世界との出会いの時期だといいます。 自我が芽生え

記事を読む

子どもの経験から得るもの

子どもたちが退屈そうにしているので、なにかおやつでも作ったら?? と声をかけたら、「やるー!!」と

記事を読む

【掛川】ならここの里へ日帰り川遊び

夏休み・・・・子どもたちはここぞとばかりに     「どこか連

記事を読む

子どもの遊びと習い事

10月中旬になり、ようやく秋らしい気温になりました。(最高気温が19℃くらい) つい先週までは

記事を読む

嘔吐下痢 年越し看病の冬休み

2019年の始まりは、驚きと疲れから始まりました。   冬休みに入るなり、末っ

記事を読む

シーソー

4年生の手作りシーソー

買い物へ出かけて家に帰ってみると、小4の長女と長女の友だちが何やら怪しい遊びをしていた・・・。 一

記事を読む

シュタイナー教育を実践!体感したことをまとめてみた【未就園児クラス編】

シュタイナー教育を実践している3児の母です。 子どもが生まれて、子育てが始まり、子どもってどうやって

記事を読む

 

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

 
   
  • カテゴリー

  •   RUN

    神奈川県在住の主婦&保育士。ガーデニング、おやつ作り、キャンプ、読書が趣味。
    現在3人の子どもとシュタイナー教育実践中。趣味のこと、育児について発信しています。

    詳しいプロフィール 

 
 
     
PAGE TOP ↑