*

歯科矯正 幼児期からできる歯並びのための筋肉トレーニング

公開日: : 子育て日記

     


2歳児検診の時から子どもの歯並びが気になっていたので、歯医者さんに相談しな
がら、ずっと「経過観察」という事でみてきました。
そして今回、医者へ行って来たら「もう9歳なのでこのまま見ていても治りませんね。
小児治療にしましょう」と言われました。
経過観察ってホントに見るだけだったんだなぁ・・・としみじみ思いましたね(-_-;)
早くから気づいていたのだから何かできることはなかったのか・・とやや切なくなる。
歯科矯正の治療費は検査や診断料、レントゲン費用などで378,000円ほどかかると
いわれました(◎_◎;) そして、この他にも毎月調整料がかかるらしい・・・。
こういった治療にこんなにお金がかかるとは、初めて知ったのでかなり衝撃を受け
ましたね。
次女は永久歯が生え始めたのに、乳歯が抜けなかったので、歯医者に連れて行った
ところ、「最近は食べ物が柔らかいものが多くなり、硬いものを食べないので乳歯
が抜けにくくなっているんだよね~」との話を聞きました。
なので、顎を鍛えるためにも硬いものを食べることが大事だとか。
歯の事情も、自分の頃とはだいぶ変わってきているように思います。
そんな時、静岡県菊川市にある「かわべ歯科」の川邊先生の講演会を聞く機会に恵ま
れました。そこで聞いたのは家庭でもできる歯並びトレーニングというもの。
子どもの歯科矯正は6歳から12歳がとても多いようで、それは大人の歯が生えてくる
ときに親が歯並びの異常に気づくことが多いため、その年齢から歯科矯正を始める子供
が多いよう。
では、6歳未満の子はそれまで待たないといけないのか・・・治療できないのか・・
というわけではなく、6歳未満の子どもでも歯並びの異常はあるので歯並びが悪くなる
原因を克服することで顎を正しく成長させ、大人の歯が生え変わるための準備を
することができるとか。
(↑ここはもっと早くに知っておきたかった~( ;∀;))
そのためにまず最低限必要となる生活習慣の中から改善してほしい10のこと
がある。
保護者が今日からできる歯並びのための筋肉をトレーニングする簡単な方法10選
1・足踏みができる子にする
2・口笛が吹けるようにする
3・大きな声が出せるようにする
4・両目ともウィンクができるように練習する
5・前歯を綿棒で優しく刺激する
6・保護者の方がお子さんの体をくすぐってあげる
7・前歯でかじれるような大きさの食べ物を食べる(硬くなくても構わない)
8・雑巾がけをさせる
9・前髪を眉より下にたらさない
10・ちゃんと足をついて座らせる
どれも子どもの体のバランスを作るのに必要そうなことばかりだと思いましたね。
歯って、なにもしなくても生えてくるものだとばかり思っていたけれど、
生活習慣でこんなにも変わってくるのかと驚きました。
歯並びは遺伝も関係しているようだけれど、気づいたときに治せるものなら
治したいと思うのが通常だろう。
長女はこれから治療が必要になるだろうが、生活習慣はできるところから
見直していきたいと思いました。
今後は、どこの先生に、どのような方法で治療をしてもらうかをよく検討
していく必要があるなぁと思うのでした。

スポンサーリンク

 

関連記事

お父さんとの散歩

今回は上の子二人が祖父母に旅行へ連れて行ってもらったので、末っ子長男と旦那と 3人で過ごしました。

記事を読む

子どもの気持ちと親の言葉

今日は朝からが末っ子の機嫌がめちゃくちゃ悪かった。 ご飯を食べ始めると、手拭きを自分が持っていたかっ

記事を読む

「お手伝い」を見つけられる子に育つには

家のお手伝いをしてほしいけれど、なかなか習慣つかない・・・ なんてことありませんか?

記事を読む

3年生 家づくりの準備

3年生の長女はいよいよ学校で家づくりが始まります。そして、今回はその材料となる 竹を取りに行くお手

記事を読む

子どもの成長発見!月例祭という発表の場

初めての学校で初めての月例祭というものを体験してきました。 月例祭とは。。。発表会みたいなものだそう

記事を読む

嘔吐下痢 年越し看病の冬休み

2019年の始まりは、驚きと疲れから始まりました。   冬休みに入るなり、末っ

記事を読む

子どものための四季の祝祭~夏祭り

わが子のはじめて通うシュタイナー幼稚園。夏祭りといってもきっと私の想像するものとは違っているんだろう

記事を読む

凧あげするにはこれ覚えよう?

長女は、学校であった出来事をあまり話すタイプではありませんが、シュタイナー学園に通うようになってから

記事を読む

いやいや期

子どもは親の言うことは聞かないが、言動はしっかり真似して育つ

子どもは親の真似をして育つ 子どもは親の姿を見て育つと言いますが、本当にそう・・・。 子

記事を読む

きれいな字を書くには?子どもの文字に対する意識の差

夏休みの間に、公立へ通っている友だちと遊びました。 そのときに気になった「文字のきれいさ」につ

記事を読む

 

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

 
   
  • カテゴリー

  •   RUN

    神奈川県在住の主婦&保育士。ガーデニング、おやつ作り、キャンプ、読書が趣味。
    現在3人の子どもとシュタイナー教育実践中。趣味のこと、育児について発信しています。

    詳しいプロフィール 

 
 
     
PAGE TOP ↑