*

こわい・・・子どもと祖父母での旅行

公開日: : 子育て日記

     


この土日は親せきが集まってお墓参りに行くというので、我が家は、私が用事があって
参加できなかったのですが祖父母が子どもだけでも・・・というので、祖父母が
連れて行ってくれることになりました。
一応小学3年生と1年生。以前、子どもだけで新幹線にも乗れたし、大丈夫だろう
と思って、祖父母にお願いをしました。自分のことは自分でやるように言っては
おいたのですが、帰ってくるなり祖母の怒った声が…(◎_◎;)
どうやら子どもたちの暴走っぷりがすごかったようです。。。
親せきの集まりなので、1歳の赤ちゃんもいるし、自分たちより小さい子もいたので
母性?なのか嫌がっているにも関わらず、やたらとかまったり、ご飯は食べないし、
着替えの片づけもしないとか。。。。(# ゚Д゚)自分の母にお願いしたので、帰ってか
らは、母の言いたい放題・・言われました(´;ω;`) 親子だから?家族だから?
なのか、結構きついことを言われたけど、それなりに傷つくんです・・・。
そしてその矛先が自分の子どもに・・・(# ゚Д゚)。でも感情的に怒っても、子ども
には伝わらないんですよね。わかっているけど、自分のこの気持ちをどうしたら
いいのかわからない・・・・(´;ω;`)。
もう、子どもを祖父母に預けるのはやめようと思いましたね。
なんでもいうことを聞いてくれれば楽だけれど、うちの子どもは姉妹そろうと
暴走しちゃうみたいなんです。。大人の毅然とした態度かどうかも子どもはわかる。
だから、半端にやさしくされると甘えて言うことを聞かなくなると思うんです。
うちの子どもたちも、いうことを聞いてくれる人というのがわかっているから、
はめも外れる・・・という気がします。でも、実際はきっと大変だったでしょうね。
私だって日々苦労しながら子どもたちを見ているわけですから。
連れて行ってもらっただけありがたいと思わなくては!
それと、DVDの影響。我が家は基本テレビ、DVDは禁止なんですが、今回は車で
の移動中子どもたちが退屈しないようにとじぃじがDVDを用意してくれたようです。
しかし、その結果ずっと見ていて人の声さえ耳に入らない、同じ姿勢で凝視してい
るから、からだもこわ張り、ぼーっとして「疲れた」を連発。DVDを消すともっと
見たいと要求してくる。確かにDVDを見せておくと子どもたちはおとなしくなって、
大人は楽なんですよね。でもそのあとの子どもの影響を考えたら・・・。
大変になるのわかりますよね。
今回は祖父母の好意で連れて行ってもらいましたが、親としてもなかなかいい
経験をさせてもらった気分です。。。
親子でも教育観が違うと、子育てをしていくのに苦労するんです。しかも今は
同居させてもらっている身。肩身が狭いとはまさにこのこと!!(;^_^A
親子だけど・・・家族だけど・・・思うところは人それぞれ。そこをどう
うまくやっていくか・・・なんですよね。あぁぁぁぁいくつになっても人との
付き合い方って難しいです。
 
 

スポンサーリンク

 

関連記事

長女と柿

3年生になると、世界との出会いがある。シュタイナー教育では3年生になると 課外活動が多くなるようで、

記事を読む

凧あげするにはこれ覚えよう?

長女は、学校であった出来事をあまり話すタイプではありませんが、シュタイナー学園に通うようになってから

記事を読む

オランダとスペイン出張

旦那さんが海外出張から帰ってきました。今回は、スペインとオランダに行ってき たそうです。海外は行く

記事を読む

子どもの成長発見!月例祭という発表の場

初めての学校で初めての月例祭というものを体験してきました。 月例祭とは。。。発表会みたいなものだそう

記事を読む

はじめてのシュタイナー人形劇 体験記

シュタイナーの人形劇 シュタイナー幼稚園の親子クラスに行っていた時に、初めてシュタイナーの人形劇と

記事を読む

長女と宿題

長女が学校の「宿題がわからない~~~!!!」と大騒ぎをしていたので、夕食の あとに一緒に見てみること

記事を読む

シュタイナー教育を実践!体感したことをまとめてみた【未就園児クラス編】

シュタイナー教育を実践している3児の母です。 子どもが生まれて、子育てが始まり、子どもってどうやって

記事を読む

「くり返し」が子どもを安心させます

シュタイナーは、ちいさな子どもの暮らしには、リズムが必要だと話しています。 それはなぜ?日本シュタイ

記事を読む

シュタイナー幼稚園の遠足

長いお休みゴールデンウィークも終わり、末っ子も幼稚園に慣れてきて、楽しい遠足がありました。 遠足は近

記事を読む

残念だったりんごろうそく

12月になるといよいよアドヴェントの季節です。 今年は1日が第一アドヴェントだったので、なんだ

記事を読む

 

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

PAGE TOP ↑