*

「かわいい子には旅をさせろ」初めての新幹線の旅

公開日: : 子育て日記

     

『 かわいいこにはたびをさせよ』ということわざがありますが、皆さんはどう思いますか?
意味は、我が子が可愛いなら、親の元に置いて甘やかすことをせず、世の中の辛さ
や苦しみを経験させたほうがよいということ。
今回、離れて暮らしている旦那さんのところへ、子どもだけで初めて新幹線に乗せて
いかせることにしました。そして台風18号が非常に強い勢力で接近中・・・。この
3連休は交通機関に影響する可能性もありそう・・・(◎_◎;)
親の私は、子どもだけで新幹線に乗せても大丈夫か??初めて子どもたちだけで行け
るのか??と不安ばかり・・・。
子どもに「怖くない?大丈夫??」とあれこれ聞くのに対して、子どもは「なんで
怖いの?全然平気だよ!!」の返事。たくましいというか、心強い言葉をもらって、
こちらの方が安心させられるというか、なんというか・・・(;^_^A
色々不安もあったので、とりあえず新幹線は指定席、駅は一区間だけで降りるよう
にしました。そして、ホームで降りたら、すぐに親が待っているという状態にしました。
なので、心配だったのは新幹線を降り損ねないか・・・ということ。
しかしそんな心配をよそに、ちゃんと降りることができたのでほっとしました。
なんだかんだで心配するのは親だけなんですよね。意外と子どもって強い。
でも、子ども2人で行かせたというのも、心強かったのかもしれません。上の子は
いつもはぼーっとしているタイプですが、いざとなると動けるみたいで、「次は
○○駅って言ってた。降りる駅?」とか「どこまで一緒?ここからは?」といろいろ
聞いてきました。そして、下の子は初めてのことにウキウキしている様子で、「お
茶飲んでもいい?」とか「電車に乗ってる人って、ゲームしてる人が多いね。」と
かマイペースな会話でした・・・(;^_^A。ついでに言うと、新幹線に乗りたがって
た末っ子をなだめたりしてました。そんなこんなで、プチ旅行をした我が家の子ど
もたち。きっと、精神的にも一回り大きくなったことだと思います。(親の希望??)
どの時代もそうですが、小さい子どもが犯罪や事故に巻き込まれることが多々あります。
しかし、今の親・・・ちょっと前までの親の多くは過保護で旅に出さず、自分の手元
で甘やかすだけだったので、今の様な異常な犯罪が増えている傾向にあると思います。
対人面のストレスに異常に弱い人になったり、自分では何も考えれない様な大人になり
常識外れな犯罪を平然としてしまう様な時代になりました。
そんな子どもを育てる親には2パターンあります。
「子供を、いつまでも温室の中で育て続け、外部との抵抗を遮断する親」
「子供には、あえて外の世界に揉まれて、免疫力をつけてもらおうとする親」
将来子供が自立できるようになるためには「外の世界に揉まれて免疫力をつけよう
とする親」になる必要があります。
自分の子どもが、かわいいからとはいえ、いつまでも温室の中で育てていては、強く
育ちません。温室育ちだからこそ、つらい外の世界に出てもらって免疫力をつけて
いくことが大切なのです。
『かわいい子には旅をさせよ』のことわざは、旅に限らず、親が先回りして、困難
や危険を排除するのではなく、色々な体験をさせましょうということを教えてくれて
います。つまり、親はある程度、突き放すぐらいの気持ちで子どもに接することも必要
ということ。そして、親の居なくなった後でも生きていく力を子どもにつけておくべき
だということです。親の庇護の下、育った子どもは、あとで苦労することになるからです。
全部取り上げてしまうと、そのものへの興味が奪われてしまいます。子どもの好奇心の
芽を摘み取ってしまうことになります。子どもには、色々な体験をさせることがとても
大切です。また、危険なものであることも知るべきなのです。
そして、親としての覚悟も必要だということも学ぶことができた新幹線の旅でした。

スポンサーリンク

 

関連記事

子どもの気持ちと親の言葉

今日は朝からが末っ子の機嫌がめちゃくちゃ悪かった。 ご飯を食べ始めると、手拭きを自分が持っていたかっ

記事を読む

子どもたちの短冊

今年の七夕は、梅雨らしい梅雨空のおかげで星空を楽しむことができませんでした。 それでも、子ども

記事を読む

小國神社は穴場スポット!おいしいかき氷と川遊び 

暑いけれど、冷房の効いた部屋にずっといるのはつまらない!!! ということで、涼しい場所を求めて

記事を読む

雨の日の遊び

                   10月の雨はすっかり冷たく、身に応えるほどの寒さですね。 そん

記事を読む

はじめてのシュタイナー人形劇 体験記

シュタイナーの人形劇 シュタイナー幼稚園の親子クラスに行っていた時に、初めてシュタイナーの人形劇と

記事を読む

親子で木曽駒ケ岳登山

10歳になった娘と二人で木曽駒ケ岳に登山へ行きました。 小学4年生・・・というと9~10歳のい

記事を読む

置き引き?自分の不注意が生んだ悲劇

何かと忙しいお正月が終わりましたー。結婚してから毎年旦那の実家で過ごすお正月にも慣れてきましたが、親

記事を読む

長女と宿題

長女が学校の「宿題がわからない~~~!!!」と大騒ぎをしていたので、夕食の あとに一緒に見てみること

記事を読む

夏のさんぽ 虫の抜け殻ってこんなにあるの??

残暑もまだ厳しく、外あそびが体にこたえます。 それでも、子どもは外へとびだして遊びに向かいます

記事を読む

【浜松市】無料で子どもと遊べる川遊びスポット

浜松の無料で楽しめる川遊びスポットを探しに行ってきました。 わが家の子どもたち(10歳

記事を読む

 

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

 
     
     
PAGE TOP ↑