*

鶴ケ池を子どもと散策 散歩して運動不足を少しでも解消したい長休み・・・

公開日: : 最終更新日:2020/04/15 子育て日記

     

春休み、子どもとどのようにして過ごしていますか?

わが子たちは独自の発想で、毎日を開拓しています。

今回は家の近くの池「鶴ケ池」を散策してきました。

近すぎて今まで行ったことがなかった場所です。

 

「鶴ヶ池」はカモなどの水鳥や水生物など、豊かな自然が残る場所で、池を一周できる観察路やハイキングコースがあります。

観察路は整備されていて歩きやすく、一周1.7km。

トンボで有名な桶ヶ沼まで0.8kmの距離にあります。

鶴ヶ池を知りたい方はこちらをどうぞ

 

運動不足解消も兼ねて、子どもたちを誘ったところ

「どこいくの~?」

「めんどくさ~い」

など言っていましたが、有無を言わさず連行。

実際に行ってみると、一番文句を言っていたはずの長女が一番ハイテンションでした(笑)

長ーーーーい竹が切られてそのまま置いてあったのを、長女が発見Σ(゚Д゚)

それを引きずるようにまわし始めたと思えば・・・・

それを末息子がジャンプするという遊びをはじめました( ´∀` )

そして、次女はマイペースに風で舞い散る桜の花びらを帽子の中に入れようと必死に走り回っていました。

子どもは遊びの天才だなぁとしみじみ。

桜がとてもきれいで、まさにお花見日和でした🌸

 

遊びもそこそこに中断してもらい、池の周りの散策路を行くことに。

しかし・・・・誰もいない・・・。

田舎だし、平日だし、そんなに人がいてもね・・と思いながらも、気持ちよくお散歩ができました。

 

だいたい40分ほど歩いたところで、そろそろ一周かなと思ったら、今度もまた大きな竹笹を見つけ、新たな遊びが始まりました。

劇好きなわが子たちはそれぞれが大きな笹を立ててもち、「ならなしとり」をはじめました。

3人並んで

「真ん中の人はずっと笹を揺らすんだよ」

せーのっ!

「行けっちゃーガサガサー。行くなっちゃーガサガサー。」

(*´∇`*)アハハハハハハハハハハ

みたいな感じで・・・。

なんともほほえましい(笑)

その後もからだ中に笹の葉を身につけていたり、笹の神様~なんて言ったりしてかれこれ30分遊び続けていました。

見物も飽きてきたところで、そろそろ出発の掛け声。

そして、いつも言われる「持って帰りたい!!」_| ̄|○

だんだんと我が家に持ち帰ってくる枝類が増えてきたので、今回は「また来た時においてあった方が遊べるよ」と声をかけてみることに。

するとしぶしぶですが、納得して竹やぶの中に隠しに行ってくれました。

きっと遊びに満足したんでしょうね。

子どもたちも遊びを満喫したようで、また行こうね!といってくれました。

思いっきり遊ぶと子どもって本当に満たされた~って表情になりますね。

きっと持ち帰りたいって思いは、まだまだつづけたいけど・・・という名残惜しさがそうさせるんだと思いました。

こんな時だからこそ、子どもと過ごす貴重な時間を大事にしたいですね。

 

 

スポンサーリンク

 

関連記事

長女と柿

3年生になると、世界との出会いがある。シュタイナー教育では3年生になると 課外活動が多くなるようで、

記事を読む

ぶどうとコガネムシ

たわわに実った葡萄たち。今年は房の数が多くて棚もとても重そう。 でもよくよく見てみると、かなりの葉

記事を読む

子どもたちの短冊

今年の七夕は、梅雨らしい梅雨空のおかげで星空を楽しむことができませんでした。 それでも、子ども

記事を読む

no image

言い間違い 

3歳になった末の息子は二人の姉の言葉をどんどん覚えています。聞いていて面白かった言葉がいくつかあった

記事を読む

no image

寒さ対策を拒んだ長男。身をもって体験したその結果

この日は寒さが身に染みるほど、風も空気も冷たい朝でした。 子どもたちと学校、幼稚園へ出かける準

記事を読む

シュタイナー教育の発表会

各学期の終わりを迎えるとき、シュタイナー学園では終業式ではなく月例祭というものが行われます。

記事を読む

2歳11か月!母の気持ちが伝わった

上の子二人がお父さんと一緒に床屋さんへ出かけたので、末っ子長男といっしょに買い物 へ行くことにしま

記事を読む

子育ての悩みとママ友の悩み 見えてきた子どもの成長

気がつけば、2学期も半分が過ぎていました。 年少の息子は1学期の間、というよりは入園したばかり

記事を読む

9歳ってむずかしい!

長女が9歳の危機を迎える・・・・3年生になるとちらほら「子どもが変わった!」「大人になった」など耳に

記事を読む

no image

子どもと畑で共同作業。なにをするにも思いやりは大事です

長いこと家にこもっていると、親も子どももイライラした雰囲気が伝わり、自然とケンカが多くなります。

記事を読む

 

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

 
   
    • RUN

    • ガーデニング、おやつ作り、キャンプ、
      読書が趣味の主婦。
      元保育士で現在3人の子どもとシュタイナー教育実践中。
    • 詳しいプロフィール
 
 
     
PAGE TOP ↑