*

「お手伝い」を見つけられる子に育つには

公開日: : 最終更新日:2020/03/13 子育て日記

     


家のお手伝いをしてほしいけれど、なかなか習慣つかない・・・

なんてことありませんか?

そんなとき効果的なのが、キャンプでのお手伝いです。

キャンプに行くと、みんなで協力しなければ成り立たないことばかり。

子どもも家とは違う環境だと「やってみようかな」という意欲もわいてきます。

しかし、いざ手伝ってもらいたいと思っても、なにを手伝ってもらえばいいのかわからない、そんな人も多いかもしれません。

そこで、今回は子どもの年齢に応じたお手伝いをご紹介します。

キャンプでのお手伝い

設営のお手伝い。

親の立場からいうと、子どもが目の届く範囲にいてくれるので安心できるという側面もあります。

「危ないからあっち行ってて!」と

遠ざけてしまうと、子どもから目を離してしまうことになるかもしれません。

そうなると心配なので”お手伝い”というカタチでそばにいてもらうのがよいでしょう。

少々面倒なことがあるかもしれないけれど、近くにいてくれた方が安心ですね。

そして、野外料理の心得としては豪華な料理を作るよりも楽しむことが何より大切。

子どもといっしょに料理を作れば「食育」にもなります。

普段の夕飯時に、家にいて子どもに

「料理の手伝いをしたい」

と言われても、なかなか手伝わせることができない、なんてことありませんか?

一大決心して、

「じゃあ、週末にお料理しようか!」

となっても、いろんなものを床にこぼされると気になって仕方がなかったり・・・。

しかし、アウトドアにおいての料理は大人も心に余裕ができるのか、

外だから汚してもOKだからか、意外と細かいことが気にならなくなるんです。

そんな環境なので、子どもに料理体験をさせるのにキャンプはうってつけです!年齢にあったお手伝いでやる気をアップさせでみましょう。

🔶キャンプのすすめ🔶
キャンプをすると何かが変わる?親子の成長を感じられるかも
親が子が キャンプで身につく6つのこと

1~3歳

🔶設営
1~3歳くらいの幼児は、お母さんと一緒にテント内で寝袋の準備。

ほとんど何もできないけれど、お母さんと一緒に何かやれるという楽しさはあるので、ぜひ手伝ってもらいましょう。

🔶調理


1~2歳は手で葉野菜をちぎるなどのお手伝いがよいでしょう。

道具を使えない幼児は、レタスなどの葉野菜を手でちぎってもらうとやる気がアップします。

ただし、放っておくと大量にちぎってしまうので、量は大人がコントロールしてあげましょう。

4~5歳

🔶設営
4~5歳くらいなら、タープ設営時にポールを支えてもらうような簡単な作業がよいでしょう。

この作業がどれだけ重要なものかを伝えてけば、単純な作業でもやりがいを感じてくれるはずです。

🔶調理
3~4歳はピーラーで野菜の皮むき。

まな板に野菜を置いて皮をむきましょう。

包丁がまだ上手に使えない年頃の子どもはピーラーで皮むきのお手伝い。

食材を手で持って使うと指先を切る恐れがあるので、まな板の上に置いて皮むきをしましょう。

4歳~は子ども用の包丁で野菜をカット。

初めて使う包丁は切れ味の鈍い子ども用の包丁をつかって、

キュウリやハムなど切りやすい食材で練習をしましょう。慣れてきたら切れる包丁でどんどん挑戦してみましょう。

5歳以上

🔶設営

5歳以上になれば、それなりに集中力と力がついてくるので、

テントをペグで固定する作業(ペグダウン)を手伝ってもらいましょう。

きちんと打ち込めるかどうかは別として、興味をもって手伝ってくれるのであれば、積極的に体験させてあげたいですね。
🔶調理
5歳以上になるとさまざまなことができるようになりますので、

一緒にレシピを考えるのも楽しいですね。

キャンプから得るもの

キャンプの経験がたくさんある子は、次に何をやるべきかを知っています。

そして、手伝えることを自分で見つけて、「これを手伝おうか?」とどんどん行動していきます。

その姿はなんと頼りになること!自分の「役割」がはっきりし、それを達成すれば大人に褒められ、認められるという「子どもたちが活躍できる場所」がキャンプなのです。

🔶キャンプ初心者のためのガイド🔶
キャンプってどのように過ごすの?持ち物も何が必要なの?そんな初めてのキャンプの人に向けてのガイドです。
キャンプ初心者のためのガイド キャンプの持ち物から過ごし方まで

まとめ

キャンプでお父さん、お母さんのお手伝いができると、子どもは初めてのものにチャレンジできる楽しさと、自分も力になれたといううれしさで、ご機嫌になります。

とくにサイト設営は、みるみる生活空間が出来上がっていくので、子どもとしてもやりがいがあるに違いまりません。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

 

関連記事

no image

ヨハネ祭の意味 夏至から子どもに伝わるもの 

先週、学校でヨハネ祭がありました。 このヨハネ祭では、全学年が集まってゲームやダンスを踊ったり

記事を読む

ヒメツルソバ

2か月ぶりに自分の家に帰ってきました。2か月離れているとだいぶ懐かしさが こみあげてくる(*^▽^*

記事を読む

残念だったりんごろうそく

12月になるといよいよアドヴェントの季節です。 今年は1日が第一アドヴェントだったので、なんだ

記事を読む

小國神社へ初詣

わが家は毎年、3日か4日に初詣へ出かけています。 今年は、元旦早々に長女が嘔吐したため、少しゆ

記事を読む

no image

学童保育のお手伝い

9月に入って、ようやく雨が降るようになりましたね。 しかし、突然の雨にはドキドキしてしまいます

記事を読む

凧あげするにはこれ覚えよう?

長女は、学校であった出来事をあまり話すタイプではありませんが、シュタイナー学園に通うようになってから

記事を読む

子育ての悩みとママ友の悩み 見えてきた子どもの成長

気がつけば、2学期も半分が過ぎていました。 年少の息子は1学期の間、というよりは入園したばかり

記事を読む

多くなってきた姉妹けんか

ケンカするほど仲がいい・・・とは言いますが、お年頃の姉妹というものはなかなか むずかしいものです(~

記事を読む

冬はろうそくの灯りで心を温める?

冬になると夜空の星や月がとてもきれいに見えるようになりますね。 そんな夜空をみてなのか??長女

記事を読む

シーソー

4年生の手作りシーソー

買い物へ出かけて家に帰ってみると、小4の長女と長女の友だちが何やら怪しい遊びをしていた・・・。 一

記事を読む

 

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

 
   
    • RUN

    • ガーデニング、おやつ作り、キャンプ、
      読書が趣味の主婦。
      元保育士で現在3人の子どもとシュタイナー教育実践中。
    • 詳しいプロフィール
 
 
     
PAGE TOP ↑