*

3年生 家づくり開始 

公開日: : 子育て日記

     

 

シュタイナー学校では3年生(9歳)は世界との出会いの時期だといいます。
自我が芽生え、「自分」と「他者」を分離したものとして意識し始めるため、世界か
ら切り離された孤独と不安を感じます。人間が世界とつながる営みとしての原初的な
仕事(家づくり、畑仕事、職人の仕事)を実際に体験することを通して、地に足をつ
けて生きていくことの喜びを学ぶとき。それが3年生。(9歳)
そして、今回そんな長女のクラスでいよいよ家づくりが始まりました。2学期は稲の
収穫、家づくりと学園の外での活動が多くあるようです。前回、家づくりの材料とな
る竹を取りに山へ行ってお手伝いをしてきましたが、今回は家造り!と言えば!!
「地鎮祭」ですよね。ちゃんと学園でも行っていました( ´艸`)
地鎮祭といっても先生流のものですが、家が無事に建ちますように・・という思いが
伝わってきましたね。先生の言うことばを子どもたちも一緒に復唱して、、、よく聞い
ていないと言えないのですが、子どもたちは集中して先生の話を聞いているので、見て
いて立派だなぁとしみじみ思いました。あとはひたすら柱を立てる穴を掘る!!みたい
な・・(;^_^A でも子どもたちは生き生きしてる感じでしたね。
なんでもあるのが当たり前・・な時代。生きるために必要なことを学ぶ機会が減って
きてしまっているように感じる今の時代。強いられる学びではなく、自ら得ていく
学びであってほしいと思った今回の授業でした。
 

スポンサーリンク

 

関連記事

no image

鶴ケ池を子どもと散策 散歩して運動不足を少しでも解消したい長休み・・・

春休み、子どもとどのようにして過ごしていますか? わが子たちは独自の発想で、毎日を開拓していま

記事を読む

夏休みは長野へ!!子どもが喜ぶ家族旅行

夏旅行!信州長野の旅 この度、台風の影響でキャンプが中止となり蓼科一泊旅行となりました。。

記事を読む

アドベントガーデンりんごろうそく

12月のアドヴェントに向かって何かと忙しなくなるこの季節。 今年は、はじめての幼稚園で「りんご

記事を読む

「くり返し」が子どもを安心させます

シュタイナーは、ちいさな子どもの暮らしには、リズムが必要だと話しています。 それはなぜ?日本シュタイ

記事を読む

夏祭りで遭遇? ルパンレンジャーとパトレンジャー

ヤマハで夏祭りが行われるというので、家族みんなで行ってみました。 ヤマハジャンボリーは本社で広

記事を読む

no image

外国の子どもとうちの子どもたち

台風が過ぎた後は木の枝がたくさん折れていて、道路に落ちているものもあれば、気にぶら下がっているものも

記事を読む

子どもの遊びと習い事

10月中旬になり、ようやく秋らしい気温になりました。(最高気温が19℃くらい) つい先週までは

記事を読む

寒い日の部屋遊び カプラを楽しむ

今朝は思った以上に寒くて、なかなか布団から出られませんでした。 日の出の時間も遅くなってきてい

記事を読む

サンタクロースはどこからきた?起源と由来

12月6日は聖ニコラウスの日でした。 シュタイナー学園では、この「ニコラウスの日」を大切な行事

記事を読む

no image

言い間違い 

3歳になった末の息子は二人の姉の言葉をどんどん覚えています。聞いていて面白かった言葉がいくつかあった

記事を読む

 

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

 
   
    • RUN

    • ガーデニング、おやつ作り、キャンプ、
      読書が趣味の主婦。
      元保育士で現在3人の子どもとシュタイナー教育実践中。
    • 詳しいプロフィール
 
 
     
PAGE TOP ↑