*

わらべうた 鬼遊び-やまとのやまとの

公開日: : 最終更新日:2019/01/16 わらべうた, コダーイの音楽教育

     

やまとのやまとの(つかまえ鬼)大阪府

歌詞

やまとの やまとの げんくろはん おあすび

 

遊び方

円になって、真ん中に鬼(源九郎)です。

全員:やまとのやまとのげんくろはん、おあすび(歌部分)

円のみんなが中央に近づきながら「おあすび」で止まる

 

鬼:「いま寝てます」・・・寝ているポーズ

全員:「そうだっか」・・・の後に後ろに下がり、もとの円に戻る

全員:やまとのやまとのげんくろはん、おあすび

鬼:「いまお布団あげてます」・・・布団をあげるポーズ

全員:「そうだっか」

全員:やまとのやまとのげんくろはん、あおすび

鬼:「いま顔洗ってます」

全員:「そうだっか」

全員:やまとのやまとのげんくろはん、おあすび

鬼:「いまお茶碗出してます」・・・お茶碗を出すポーズ

全員:「そうだっか」

全員:やまとのやまとのげんくろはん、おあすび

鬼:「いまご飯食べてます」・・・ご飯を食べるポーズ

全員:「そうだっか」

全員:「なんのおかずで?」・・・下がらずその場で聞く

鬼:「蛇のおかずで」

全員:「生きてんの?死んでんの?」

鬼:「生きてんの!」→鬼ごっこ

鬼:「死んでんの」→再度問答

全員:「美味しいか?まずいか?」

鬼:「まずい!」→鬼ごっこ

鬼:「美味しい」→全員「ちょうだいちょうだい!」のポーズ、役交代

 

遊びのポイント

遊びに慣れてきたら、朝行うことをイメージしてもらって「歯磨きしてます」「お着替えしてます」などつけくわえてもよいでしょう。

子どもたちからも自然とセリフのアレンジが生まれてくるのがこの遊びの特徴です。

 

わらべ歌にまつわる豆知識

その昔、源義経が兄、頼朝から逃げる道中、白狐が義経の忠臣・佐藤忠信に化けて吉野山まで静御前を守り続けたという話があります。

狐が本当に守りたかったのは、静御前ではなく、静御前が義経からもらった白狐の両親の皮で作った鼓だったようですが、白狐の忠義に感服した義経は、自分の名前を与え、「源九郎」と名乗ることを許しました。

その伝説が奈良県大和郡山市になる源九郎稲荷神社に由来し、今でも「大和の源九郎さん」と人々に親しまれています。

 

 

スポンサーリンク

 

関連記事

わらべうた【なわとびうた】

わらべうたを歌いながら、数人で跳ぶ、なわとび遊び。 昔から歌われている歌から、最近できた新しい

記事を読む

わらべうた-こめやさん

こめやさん(背負い遊び)東京都 歌詞 こめやさん つぎやさん ぎったらこん ばったらこん

記事を読む

わらべうた 鬼決め歌ーだいこんかぶらの

だいこんかぶらの(鬼決め)香川県 歌詞 だいこん かぶらの にんじんの ほい  

記事を読む

わらべうた 遊ばせ遊び歌(ひざのせ遊び)-おすわりやす

おすわりやす (ひざのせ遊び)京都府 歌詞 おすわりやす いすどっせ あんまりのったら こ

記事を読む

なわとび遊び歌-いちわのからすが

いちわのからすが(縄跳び) 宮城県 歌詞 いちわのからすが かあか にわのにわとり こけこ

記事を読む

まりつき歌-加藤清正

加藤清正(まりつき)鹿児島県 歌詞 かとうきよまさ うまのってほい あとから けらいが た

記事を読む

わらべうた 季節の歌-たんぽぽ

たんぽぽ  季節の歌(春)群馬県 歌詞 たんぽぽ たんぽぽ むこうの やまへ とんでけ

記事を読む

手合わせ歌-さんといちに

さんといちに (手合わせ)鳥取県 歌詞 せっせっせ  さんといちに さんといちに さんさん

記事を読む

わらべうた 鬼あそびーおおまたこまた

おおまたこまた(つかまえ鬼)東京都 歌詞 おおまた こまたか かけあしか  

記事を読む

指あそび歌-いちにさん

いちにさん (指あそび) 広島県 歌詞 いちにさん にのしのご さんいちにの しのにのしの

記事を読む

 

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

PAGE TOP ↑