*

ミカエル祭の集い

公開日: : 子育て日記

     

 

気がつけば10月ももう終わりに近づいてきましたね。今日は学校でミカエル祭の集いがあると
のことだったので、見学させてもらいました。初めてのミカエル祭。いったいどんなものなのか
・・・ドキドキ。学校へ着くと全学年が集まっており、保護者は後ろの方で静かに見学。
ミカエル祭の期間は10月いっぱいのようで、その期間に取り組んだことを発表するような
かたちではじまりました。クラスで取り組んできたこと、自分たちにとっての「大天使ミカエル」
をそれぞれの学年が表現する感じでした。主に、詩を謡ったり楽器演奏をしたりでしたが、言葉が
胸にグッとくるものが多かったように感じました。
長女も次女も初めてなので、うきうきしている様子が傍から見ていてもよくわかりました。
どの子も物静かで、先生が声を出さずとも動きを見て判断する姿はさすがだなぁ・・と思いました。
長女は特に浮かれた様子で、私を見つけると手をふったり「ママ~!」と呼んだりしていましたが、
会が始まるとその世界に入り込んだような感じでした。
ミカエル祭の集まりは、ほんの40分程度だったと思いますが、とても心に響くものがありました。
ひとりだからできること、ひとりひとりだからできること(手をつなぐなど)・・・そうやって
人と人はつながることができるんだなぁと改めて思いました。身近なものがみんな「あたりまえ」
と感じてしまう大人にとって、子どもといっしょに学ぶことは価値のあることだと感じた今日の
集いでした。

スポンサーリンク

 

関連記事

すきなこととできること

家に帰ると、長女、次女が友だちと水彩をしていました。 絵を描くことが好きなのか、絵の具の色の混

記事を読む

次女のりんごろうそく 再び

12月7日、アドベントガーデンこと、りんごろうそくが学園で行われました。 1,2年生のみのイベ

記事を読む

夏の暑さ、ひと休み

昨日は関東で大雨が降ったようですね。そして昨夜は地震もあったとか。 自然の力のすごさを感じやすい時

記事を読む

no image

子どもと畑で共同作業。なにをするにも思いやりは大事です

長いこと家にこもっていると、親も子どももイライラした雰囲気が伝わり、自然とケンカが多くなります。

記事を読む

子どもの成長発見!月例祭という発表の場

初めての学校で初めての月例祭というものを体験してきました。 月例祭とは。。。発表会みたいなものだそう

記事を読む

子どもの片付けの仕方

夏休みに入ったので、そろそろ部屋の荷物を片付けようと、子どもと一緒に取り 掛かってみました。子どもは

記事を読む

どのくらい知っていますか?お正月のしきたり

子どもを育てるようになると、今までなんとなく過ごしてきたお正月の行事にも、きちんと意味のあるもの、と

記事を読む

第二アドベント ライアーの演奏

第二アドヴェントとなる12月の2週目。 わが家でもクランツに二本目のろうそくに火が灯りました。

記事を読む

アゲハ蝶の幼虫飼い始めました

7月に入りましたが、コロナウイルス感染症拡大防止の影響はまだ残っていますね。 息子の通う幼稚園

記事を読む

寒い日の部屋遊び カプラを楽しむ

今朝は思った以上に寒くて、なかなか布団から出られませんでした。 日の出の時間も遅くなってきてい

記事を読む

 

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

 
   
    • RUN

    • ガーデニング、おやつ作り、キャンプ、
      読書が趣味の主婦。
      元保育士で現在3人の子どもとシュタイナー教育実践中。
    • 詳しいプロフィール
 
 
     
PAGE TOP ↑