*

子どもたちのミカエル祭

公開日: : 子育て日記

     

10月に入って、朝晩の冷え込みは冬を感じさせるものになってきました。
にもかかわらず、今日の気温は27℃・・・(◎_◎;)
日差しは夏のようで、公園遊びも暑かったです・・・💦
10月にはいり、ミカエル祭というものが学園で始まりました。秋分の日を
過ぎて、だんだん日が短く、闇の時間が長くなります。秋は開放的だった
夏からちょっと自分を見つめる季節へと変わっていきます。
ミカエル祭とは、大天使ミカエルが人々を導いてくれるもののようです。
ここで大天使ミカエルについてのお話を少し紹介します。
『太古の昔 天の国に巨大な竜が現れた
 口から火を吐き 黒い翼をひるがえし 我がもの顔で飛び回った
 そして、天使たちに襲い掛かった
 
 そこに現れたのが、大天使ミカエル
 「天の門が開き ミカエル表われ 暗闇の竜と戦うために
 
 ミカエルの剣が 暗闇を破り
 
 勝利の光が 輝きわたる
 大天使ミカエル われらを守る
 
 新しい力と勇気をくれる 
 よろこびをもって われらもゆこう
 ミカエルの後に続いていこう」』
そして今、子どもたちは自分だけのミカエルの剣を作り、(自分の中の
闇と戦うための剣)今の季節を感じています。
今の時代、夏野菜でも冬に食べることが出来たり、冬でもひまわりの花が
あったり、季節そのものを感じることが少なくなってきているように
思います。そんな時、秋はゆっくり季節を感じることができる大切な季節
だということに気づかされます。とくに大人は時間に追われることが多く、
自分をみつめる季節なんて考えることもありませんよね。
子どもといっしょに生活をしているからこそ、自然のあり方、日々の過ごし方
を見直すことができるんだと思いました。
お姉ちゃんたちが枝で「ミカエルの剣」を作っていたのをみて、末の息子も
つくる!!といって、公園で枝探しをしました。息子はいろいろ探して、自分の
手にしっくりくるものを選び、嬉しそうに振り回していました。
「『ミカエルの剣』は心の剣。武器ではないから人を傷つけてはいけないよ」
と話をすると、初めは「??」といった顔をしていましたが、その後は振り回
さず、大事そうに持っていました。
ミカエルの話に出てきた竜は人の心に存在する闇のようなもの。心の闇(悪)
を消すことはできないが、コントロールする力が必要とのこと。
そんな子どもたちを見ていたら、自分にもミカエルの剣は必要だなぁと思い、
日々の自分のあり方を反省したのでした。

スポンサーリンク

 

関連記事

サンタクロースはどこからきた?起源と由来

12月6日は聖ニコラウスの日でした。 シュタイナー学園では、この「ニコラウスの日」を大切な行事

記事を読む

ミカエル祭の集い

  気がつけば10月ももう終わりに近づいてきましたね。今日は学校でミカエル祭の集いがある

記事を読む

子どもの経験から得るもの

子どもたちが退屈そうにしているので、なにかおやつでも作ったら?? と声をかけたら、「やるー!!」と

記事を読む

秋のお楽しみ収穫祭

10月の最後の週、シュタイナー幼稚園では「収穫祭」というものを行います。 秋の実りをみんなで楽

記事を読む

2年生 掛け算の覚え方

掛け算で思い出すのは、長女の2年生だったころの勉強。 あの頃は公立の小学校へ通っていた時で、掛

記事を読む

台風24号「チャーミー」の爪痕

今年は大型と言われる台風が多くありました。 そして昨日9月30日の夜に関東へ接近した台風24号

記事を読む

no image

外国の子どもとうちの子どもたち

台風が過ぎた後は木の枝がたくさん折れていて、道路に落ちているものもあれば、気にぶら下がっているものも

記事を読む

子どものための四季の祝祭~夏祭り

わが子のはじめて通うシュタイナー幼稚園。夏祭りといってもきっと私の想像するものとは違っているんだろう

記事を読む

絡まった気持ち

今週は秋雨が続いていますね。秋の長雨を「ススキ梅雨」と言ったりもするそう です。 寒さもからだにこた

記事を読む

不安の中の9歳

9歳の長女と3歳になった末っ子長男がしばしばケンカをするようになりました。 今回は本が大好きな長女は

記事を読む

 

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

 
   
    • RUN

    • ガーデニング、おやつ作り、キャンプ、
      読書が趣味の主婦。
      元保育士で現在3人の子どもとシュタイナー教育実践中。
    • 詳しいプロフィール
 
 
     
PAGE TOP ↑