*

末っ子の「なんで?」攻撃?

公開日: : 子育て日記

     

我が家の末っ子長男。上に二人の姉がいるせいか、生まれ持ったものなのか、とってもおしゃべりが
好き。大人の会話にも何とか入ろうとグイグイ入ってくるんです・・・(;^_^A
そんな末っ子はいま、イヤイヤ&なんで~?の時期のよう。ストローを噛んでいるので「噛むとジュース
出てこなくなっちゃうよ」というと「なんで~?」。「あったかいズボンはこうね」「なんで~?」。
とにかく何でも「なんで~?」で返してくるので、会話が疲れます。
次女もおしゃべり大好きっこなのですが、そんな末っ子に対してだんだんイラっときたのか、ついに
次女までが「なんで~?なんで~?」を連発。お互いに言い合っていたら末っ子も嫌な気分になったのか
「マネしないで!!」と怒り出してケンカ勃発。。。最後には「ねぇね、やだ~~!!」と泣きながら
私のもとへきました。そんなとき、「嫌だったの。なにいわれたの?」とか聞くと話してスッキリして
また次女とあそび始めることもあれば、なにを言っても怒り心頭で暴れまくることも・・・。(~_~;)
そこへ、長女が介入するとさらにややこしくなり、長女&末っ子VS次女 みたいなかたちになってしまう
んです。3人姉弟ってこんなもの??私自身も3人姉弟でしたが、2対1になることはなかった気がします。
なんだかんだで、仲がいいってことなのかなぁと思いますがやはりケンカは聞いている方もなんだか疲れます。
そして、今日は長女の理不尽なケンカ?もありました。うちの女子二人は小さい頃から本当に仲が良くて
どこへ行くにもいつもくっついていました。そんな長女は次女のことを馬鹿にしたり、ののしることもよく
あるのですが、次女が大好きでいつも一緒にあそびたがります。一方次女は悔しくて泣くこともあるけれど、
お姉ちゃん大好き。そんな二人ですが、今日は長女が次女とあそびたくて誘ったのにも関わらず、次女が
あそんでくれなかったことに腹を立てて、けんかに・・・(◎_◎;)
こんなことにいちいち介入するのもどうかと思いながらも、声をかけると・・・やっぱり駄目ですね。。
ついつい余計な一言をいってしまい、長女は泣きながら一人であそびに行ってしまいました。
子どもたちはその後、何事もなかったように帰ってきましたが、自分だけが反省・・・みたいな感じにな
りました(-_-;)。
見守る姿勢はもっているつもりでも、ついつい感情的になってしまいます。口は災いの元。
言葉の使い方には気をつけたいです。

スポンサーリンク

 

関連記事

ふわふわ言葉」「ちくちく言葉」 言葉たり得ないもの

数が増えるほど、そのものの価値や意味合いが軽くなってしまうというのは何に おいてもよくあることです

記事を読む

no image

こどもの遊びとテレビゲーム

甥っ子があそびに来てくれました(^^♪が・・・・・・   最近の子どもは本当に

記事を読む

子育てと大人のお稽古

約二か月ぶりに合気道の稽古に行ってきました。 残念ながら??先生はお休みでしたが、久しぶりにいい汗

記事を読む

「お手伝い」を見つけられる子に育つには

家のお手伝いをしてほしいけれど、なかなか習慣つかない・・・ なんてことありませんか?

記事を読む

2歳11か月!母の気持ちが伝わった

上の子二人がお父さんと一緒に床屋さんへ出かけたので、末っ子長男といっしょに買い物 へ行くことにしま

記事を読む

オイリュトミーとは何だろう?体験してみて感じたこと

先日、親子で体験するオイリュトミー講座に参加しました。 そもそもオイリュトミーってなんですか?

記事を読む

シュタイナーの誕生日の祝い方

  もうすぐ次女の8歳の誕生日。 シュタイナー教育では誕生日のときにみんなから祝ってもらう

記事を読む

子どもを取り巻く遊び

学童保育の補助に行ってきました。今回は末っ子2歳児も一緒にお手伝い??で 参加しました。小学生の女

記事を読む

熱と下痢の症状が長い・・・子どもを病院へ連れていく目安は?

高熱と下痢!症状が出てからの子どもの様子 末っ子長男が熱をだしました・・・。 39℃まで上が

記事を読む

子どもの難問 哲学の先生、教えてください!ネタバレあり!!

ラジオの放送 NHKラジオで高橋源一郎さんが紹介していた本「子どもの難問」。 これをラジオで聞いて、

記事を読む

 

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

 
   
    • RUN

    • ガーデニング、おやつ作り、キャンプ、
      読書が趣味の主婦。
      元保育士で現在3人の子どもとシュタイナー教育実践中。
    • 詳しいプロフィール
 
 
     
PAGE TOP ↑