*

夏のさんぽ 虫の抜け殻ってこんなにあるの??

公開日: : 子育て日記

     

残暑もまだ厳しく、外あそびが体にこたえます。

それでも、子どもは外へとびだして遊びに向かいます。

姉たちを小学校に送った後、息子と同じ幼稚園のことで公園へ遊びに行きました。

滑り台や、ひもにぶらさがる遊具、高いところへ登るはしごなどで体を思いっきり動かした後は自分たちで、楽しいものを探して歩きまわっている様子。

8月も下旬になるとセミの死骸が道で多く見かけるようになりました。

でも、子どもたちは「あっ!!セミだーーー!!!」といって捕まえます(?)

動くのはちょっとびっくりするようだけれども、死んでいるものはマジマジと観察でもしているかのように触ってみています・・・。

アリがせっせと運ぶ様子を見たり、目や羽などをみて

「ここから声出してるのかなぁ」

とか

「このセミ、お腹無くなっちゃってる」

とか。

そんな風に地面をよく見ながら歩いていると、何かのぬけがらを発見!!

これは・・・

・・・・かまきり??

そういえば、今年は庭の畑でバッタの抜け殻もみつけました!!

この形・・・きっとバッタですよね??

こういった虫もセミみたいに脱皮することをはじめて知りました( ̄▽ ̄;)

そんな風に色眼鏡で歩いていると、カメムシ?なのかよくわからない抜け殻も発見。

 

昆虫ってこんなにも殻を脱いで形を変えていくのか!!と驚きました。

子どもと一緒に歩いていると、自分の知らなかった世界に連れていってもらえますね。

 

 

スポンサーリンク

 

関連記事

長い休日

9月に入ってから、急激に気温が下がり涼しくなりましたね。 今日は朝から雨が降り、一段と気温が下がっ

記事を読む

いやいや期

子どもは親の言うことは聞かないが、言動はしっかり真似して育つ

子どもは親の真似をして育つ 子どもは親の姿を見て育つと言いますが、本当にそう・・・。 子

記事を読む

赤ちゃんと息子

一年ぶりに友人と会うことになりました。 一年前はまだ子どもがいなかったけれど、今年出産したので、今回

記事を読む

長女と柿

3年生になると、世界との出会いがある。シュタイナー教育では3年生になると 課外活動が多くなるようで、

記事を読む

「ヘナ」って知っていますか?

      知人の紹介で、初めてヘナというものを体験してきました!!

記事を読む

冬はろうそくの灯りで心を温める?

冬になると夜空の星や月がとてもきれいに見えるようになりますね。 そんな夜空をみてなのか??長女

記事を読む

オイリュトミーとは何だろう?体験してみて感じたこと

先日、親子で体験するオイリュトミー講座に参加しました。 そもそもオイリュトミーってなんですか?

記事を読む

性教育と家庭の役割

小学生の性教育について親としてどのくらいかかわる必要があるのか? 自分自身、性教育は学校で習っ

記事を読む

ふわふわ言葉」「ちくちく言葉」 言葉たり得ないもの

数が増えるほど、そのものの価値や意味合いが軽くなってしまうというのは何に おいてもよくあることです

記事を読む

節分の豆まき

今年は節分が土曜日ということだったので、学校で豆まきはやらずに作ったお面と豆をもって帰ってきました。

記事を読む

 

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

 
   
    • RUN

    • ガーデニング、おやつ作り、キャンプ、
      読書が趣味の主婦。
      元保育士で現在3人の子どもとシュタイナー教育実践中。
    • 詳しいプロフィール
 
 
     
PAGE TOP ↑