Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

*

【浜松市】無料で子どもと遊べる川遊びスポット

公開日: : 子育て日記

     

浜松の無料で楽しめる川遊びスポットを探しに行ってきました。

わが家の子どもたち(10歳・8歳・3歳)の夏の遊びといえば川遊び(^^♪ が多く、お父さんのいるときは必ずと言っていいほど川へ出かけます。

しかし、毎回同じ川に行くだけでは面白くない・・・・と思ったのでしょう。

お父さんは楽しそうな、しかもタダであそべる!!川を探しにドライブへ出かけることにしました。

【浜松市】無料で遊べる川遊びスポット

今回あそびに行ってきた川は

・仙厳の滝

・川合淵公園

・渋川親水公園

・くんま水車の里

の4か所。

では一つずつ紹介していきましょう(^^♪

仙厳の滝

 

浜松市北区滝沢町にある都田川支流の「仙厳の滝」(せんがんのたき)。

落差7mの直瀑となっています。

仙厳の滝は新・浜松の自然100選にもなっていて滝はもちろん、雰囲気も良かったです。

 

滝沢キャンプ場のすぐ近くなので、駐車場が同じ場所・・・・(;^_^A。

滝の駐車場は奥になるので、キャンプ場側には停めないように気を付けてくださいね。

川へ降りられるようにところどころ階段がありました。

大きな岩がたくさんある川なので、小さいお子さんはよく注意が必要ですね。

小学生の娘たちはウキウキ、キラキラした目で川を見ていました(笑)

気になったことといえば、ちょっとゴミが多いかな・・・(-_-;)

ゴミはお持ち帰りをお願いしたいですね。

 

川合淵公園

浜松市北区引佐町西久留女木の「川合淵公園」(かわいぶちこうえん)。

無料で広場の駐車場に車を停めることができるので、子どもが一緒でも遊びに行きやすい川がある公園です。

公園入口がちょっとわかりにくくて、一度通り過ぎてしまいました・・・(;´∀`)

民家かな??というような細い道を入って橋を渡るので、看板を見落とさないように気を付けてくださいね。

トイレもあるので安心です。

バーベキューをやっている方もいましたが、斜面が少し急なので、場所取りが難しいかもしれません。

 

でも木があるので木陰で休むのには気持ちよかったです。

 

深さもそこそこあったので、小学生の娘たちは大喜びでした。

大きな岩から飛び込みもできますよ。

大人も楽しめるところでした。

 

 

渋川親水公園

同じく北区引佐町渋川の「渋川親水公園」(しぶかわしんすいこうえん)。

6月上旬になるとホタルが舞い、6月末まで訪れた人の目を楽しませてくれるそうです。

川は小さな子どもたちが水遊びをするにはちょうど良い水深です。

幼稚園から小学低学年くらいの子どもが楽しめる感じでした。

サワガニを捕まえたり、短い釣竿で川魚を釣ったりもできるようです。

からくり人形の館

親水公園内には、からくり人形の館がありました。


このからくり人形は、約400年前から渋川に伝わる伝統芸能を、マリオネット仕掛けで再現しているそうです。

「寺野のひよんどり」といわれる民族芸能は五穀豊穣、無病息災などを祈る芸能で、クライマックスに鬼が登場します。

赤鬼、黒鬼、青鬼の3匹の鬼が三つ巴となって激しい踊りをするそう。

 

そんな話をしたら、3歳の息子は「鬼でるの??」と怖々聞いてきました( ´艸`)

上演は1日4回タイマー仕掛けで動きます。
上演時間
午前10時30分
午後12時30分
午後 3時
午後 5時30分

行った時間が13時半だったので、残念ながら見ることはできませんでした。

 

道の駅 くんま水車の里

浜松市天竜区熊にある「道の駅 くんま水車の里」。

清流で知られる阿多古川で遊ぶことができます。

全然看板の字が読めない・・・(;´∀`)

道の駅なので、食べるのも良し!散策で楽しむのも良し!といったところです。


川遊びは幼児から小学生低学年は楽しめるといった感じです。

上流のほうまで来ると子どもたちも水が冷たくなってきて、水のきれいさもわかってきたようでした。

まとめ

この4つの川の中では、うちの小学生の娘たちは深さのある、「川合淵公園」が気に入ったようでした。

学年が上がると遊び方も幅広くなるので、ちょっとスリルのあるあそびが楽しいようです。

3歳の息子は私が見ていたところでは、「道の駅 くんま水車の里」が一番楽しそうだったように思いました。

水もきれいで、安心して遊びやすい環境だからでしょうか。

たくさんの石を拾ったり、丸く囲んで池を作ったりしていました。

 

川遊びは危険を伴いますが、子どもの心を満たしてくれるものがたくさんあります。

親子でたくさんの楽しみを見つけたいと思います。

スポンサーリンク

 

関連記事

末っ子の「なんで?」攻撃?

我が家の末っ子長男。上に二人の姉がいるせいか、生まれ持ったものなのか、とってもおしゃべりが 好き。大

記事を読む

言葉の力

長女の反抗期が出てきたのか??この頃兄弟喧嘩がとても多くなってきました。 きつい言葉を言われて、私に

記事を読む

いやいや期

子どもは親の言うことは聞かないが、言動はしっかり真似して育つ

子どもは親の真似をして育つ 子どもは親の姿を見て育つと言いますが、本当にそう・・・。 子

記事を読む

日野原重明さんの生きること

日野原重明さんが18日に亡くなったとの報道を聞きました。 特別思い入れがあったわけではありませんが、

記事を読む

3年生 家づくり開始 

  シュタイナー学校では3年生(9歳)は世界との出会いの時期だといいます。 自我が芽生え

記事を読む

2歳11か月!母の気持ちが伝わった

上の子二人がお父さんと一緒に床屋さんへ出かけたので、末っ子長男といっしょに買い物 へ行くことにしま

記事を読む

3年生 家づくりの準備

3年生の長女はいよいよ学校で家づくりが始まります。そして、今回はその材料となる 竹を取りに行くお手

記事を読む

シュタイナーの誕生日の祝い方

  もうすぐ次女の8歳の誕生日。 シュタイナー教育では誕生日のときにみんなから祝ってもらう

記事を読む

テレビと育児シュタイナー教育との出会い

我が家のテレビのない生活を始めて、6.7年くらいたつでしょうか。テレビを見ないことで時間に縛られるこ

記事を読む

子育ての悩みとママ友の悩み 見えてきた子どもの成長

気がつけば、2学期も半分が過ぎていました。 年少の息子は1学期の間、というよりは入園したばかり

記事を読む

 

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

PAGE TOP ↑