*

子どもの遊びと習い事

公開日: : 子育て日記

     

10月中旬になり、ようやく秋らしい気温になりました。(最高気温が19℃くらい)

つい先週までは10月だというのに30℃を超える暑さでしたから・・・・体もびっくりしています。

子どもたちもちょっと鼻水がでたり、咳をしたりしてはいますがいまのところ元気です。

 

今日は学校の友達が遊びに来てくれるというので、娘は早起きして待っていました。

そして、家で遊ぶよりも公園がいいというので、いっしょに公園へ行きました。

 

公園へ着くと私は一人ベンチに座り黙々と編み物を・・・・。

つい先日、手仕事会というものに参加してきまして、ただいまルームシューズを作成中。

 

かぎ針編みなので、持ち運びも便利で、どこでもできる♪のがおすすめポイントらしいです(笑)

手さげ袋に毛糸を入れて、ひとり黙々と編み物をしていました。

なので、外でじっと座っているだけだと体が冷えてしまって寒いくらいでした。

 

子どもたちも寒くないかな?と思って様子を見てみると・・・・

なんと半袖になって走り回っていました。

子どもは「風の子」とはよくいったものですね。

 

うちの子は、幼稚園はシュタイナー系ではなかったので、バリバリ習い事をさせていました。

体操教室にヴァイオリン、合気道。

その成果もあり(?)、側転が上手な娘は友だちに側転のやり方を教えていました・・・・。

ほかにも、前方回転受け身とかも教えているようでびっくりΣ( ̄□ ̄|||)

まぁほとんどただのでんぐり返しなんですけどね。

 

幼稚園からシュタイナー教育を受けてきた子どもたちは、そのような動きはまだやらないので、きっと娘のやっている様子をみてやりたくなったのでしょうね。

 

 

シュタイナー学園に通う子どもたちは、4年生になるまで習い事はしません。

それは、子どもたちにはまだ早すぎるという意味で。

幼い子どもは確かに吸収する力が強くて、早くから習い事を始めるとその分だけ吸収していきます。

 

でもそれは、本当に子どものためになっているのか。

大人の都合(期待)でやらせているものではないか。

ふと考えさせられます。

 

私自身も習い事を始めるときは、まだ早いのではないか、でも周りも始めているし、等々いろいろ考えましたが、やはり「どうせやるな極めてほしい」みたいなところはありました。

 

でも実際、長女はやりたいと言ってはじめても長続きしなかったり、楽しめなかったりで親が疲れてしまいました。(次女はなんでも要領よくこなしていましたが💦)

 

4年生になった今は、「やってみたい」という意欲が出始めたので、4年生から習い事をするシュタイナー教育が長女には合っていたんだなとしみじみ感じました。

 

なぜ4年生以降なのかというと

・子どもが記憶ができる時期は7歳頃からであること。

・それまでは、おもいきり体を使って遊ぶ体験をさせるため。

そんな理由があるようです。

 

次女はなんなくこなすタイプですが、一度やっていた習い事を休止にしたため、「やりたい!!」の意欲がとても強くあります。

その分4年生になってやり始めたときがとても楽しみです。

 

習い事も、子どもときちんと話ができるころに、一緒にじっくりゆっくり考えながら選ぶのがベストですね。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

 

関連記事

子どもとメディアの付き合い方 子育てしながら思ったこと

コロナの影響で、思いもよらない長期の春休みになりました。 シュタイナー幼稚園や学園に通っている

記事を読む

外出自粛中の子どものストレス解消法

外出できないことへのストレス対応 新型コロナウィルス感染拡大防止のために、緊急事態宣言、外出自粛要

記事を読む

いやいや期

中間反抗期?10歳娘と父との微妙なケンカ

10歳の長女とお父さんがケンカをしました。 といっても長女が一方的に不機嫌になって怒っているだけの

記事を読む

学級閉鎖

大寒を境に、雪も積もって寒さが身に染みるようになりました。こういう時、暦って自然をよく知っているんだ

記事を読む

シュタイナー幼稚園のクリスマス会

シュタイナー幼稚園、はじめての一年。 すべての行事が私をワクワクさせます。 今日は幼稚園

記事を読む

子どもと一緒に高尾山登山

子どもと一緒に山登りに行ってきました。 今回は、自分も小学校の時からお世話になっている高尾山へ

記事を読む

シュタイナー幼稚園の遠足

長いお休みゴールデンウィークも終わり、末っ子も幼稚園に慣れてきて、楽しい遠足がありました。 遠足は近

記事を読む

いやいや期

子どもは親の言うことは聞かないが、言動はしっかり真似して育つ

子どもは親の真似をして育つ 子どもは親の姿を見て育つと言いますが、本当にそう・・・。 子

記事を読む

日野原重明さんの生きること

日野原重明さんが18日に亡くなったとの報道を聞きました。 特別思い入れがあったわけではありませんが、

記事を読む

どのくらい知っていますか?お正月のしきたり

子どもを育てるようになると、今までなんとなく過ごしてきたお正月の行事にも、きちんと意味のあるもの、と

記事を読む

 

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

 
     
     
PAGE TOP ↑