*

わらべうた-かごかごじゅうろくもん

公開日: : 最終更新日:2019/01/16 わらべうた, コダーイの音楽教育

     

かごかごじゅうろくもん (ゆすり遊び)京都府

歌詞

かごかごじゅうろくもん えどからきょうまで さんもんめ

ふかいかわへ はめよか あさいかわへ はめよか

やっぱり ふかいかわへ ドブーン

(あさい)  (ポチャーン)

 

遊び方

2人が向かい合って両手をつなぎ、その間に1人入ります。

手をつないでいる2人が中に立っている子を左右に揺らし、「ドブーン」で片手を離して放り出します。

 

遊びのポイント

他にも、前の人はかごを背負っているポーズ、後ろの人は前の人の肩につかまって2人組で歌に合わせて軽快に歩き、「ドブーン」2人ともしゃがんだりしても面白いです。

歌のテンポを変えながら歌ってみましょう。

 

わらべ歌にまつわる豆知識

「文」とはお金の単位で、江戸時代にはそばやうどん、浮世絵1枚の値段が16文だったそうです。

「匁(もんめ)」はもともと重量をはかるための単位ですが、江戸時代に京阪地区で使われていた銀貨幣の単位にも、この「匁」が使われていました。

1匁=80文だったそうですが、江戸時代から京まで約500㎞、53の宿をもつ街道として知られる東海道53次を通っても15日はかかる旅路。

3両(1両=60匁)は最低でも必要だったと推測されます。

 

 

スポンサーリンク

 

関連記事

季節の歌ーでんでんむしでむし

でんでんむしでむし         季節の歌(夏)京都府 歌詞 でんでんむし でむし でなか

記事を読む

季節の歌ーたこたこあがれ

たこたこあがれ 季節の歌(冬)東京都 歌詞 たこたこ あがれ てん まで あがれ &n

記事を読む

わらべうた【なわとびうた】

わらべうたを歌いながら、数人で跳ぶ、なわとび遊び。 昔から歌われている歌から、最近できた新しい

記事を読む

わらべうた 輪あそびー人工衛星

人工衛星(輪遊び) 東京都 歌詞 じんこうえいせい じんこうえいせい とんだ 遊び方 輪にな

記事を読む

遊ばせ遊び歌-いもむしごろごろ

いもむしごろごろ          遊ばせ遊び歌 千葉県 歌詞 いもむし ごろごろ ひょうた

記事を読む

わらべうた-いろはにこんぺいと

いろはにこんぺいと(ゴム飛び)愛知県 掛け声 いろはに こんぺいと えいや  

記事を読む

わらべうた 鬼あそび-あめかあられか

あめかあられか (つかまえ鬼) 長野県 歌詞 あめか あられか てっぽうか うめに うぐい

記事を読む

わらべうた-あずきしょ

あずきしょ(背負い遊び)宮城県 歌詞 あずきしょ まめしょ いどばたに ちゃわんかけ おど

記事を読む

季節の歌ーおにはそと

おにはそと 季節の歌(冬)長野県 歌詞 おには そと ふくは うち えびす だいこく 

記事を読む

季節の歌ーちょうちょ

ちょうちょ 季節の歌(春)大阪府 歌詞 ちょうちょ ちょうちょ なのはな たかれ *た

記事を読む

 

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

 
   
    • RUN

    • ガーデニング、おやつ作り、キャンプ、
      読書が趣味の主婦。
      元保育士で現在3人の子どもとシュタイナー教育実践中。
    • 詳しいプロフィール
 
 
     
PAGE TOP ↑