*

手合わせ歌-さんといちに

公開日: : 最終更新日:2019/01/16 わらべうた, コダーイの音楽教育

     

さんといちに (手合わせ)鳥取県

歌詞

せっせっせ  さんといちに さんといちに

さんさん にとさんと いちにとさん

 

遊び方

「せっせっせ」で向かい合い、手をつないで上下に振ります。

さん・・・相手の両手の平をパンと合わせる

いち・・・自分の手を合わせる

に・・・自分のひざを叩く

 

遊びのポイント

遊びに慣れたら動作をいろいろと変化させてみて下さい。

例えば、「さん」のときは頭を触る、「に」は肩、「いち」は頬など。

あそべば遊ぶほど楽しくなっていく歌でもあり、二人以上で遊ぶときはわざと違う動作でかく乱させるのも面白いです。

 

わらべ歌にまつわる豆知識

手を合わせるという行為は合掌をあらわしますが、合掌には“人と仲良くする心”と“神仏に感謝する心”といった意味が含まれています。

2人組、あるいは数人で円になって遊ぶこのお手合わせは、相手と呼吸を合わせ、お互いを信じあう心がないとうまく合わせることができません。

子どもの頃は、そんなに感じませんでしたが、大人になって誰かと手合わせ遊びをしたとき、手を合わせるタイミングがずれることがありますが、それはやはり相手を純粋に信じていない大人の自分、そして相手がお互いに気を使ったりするせいなのでしょうね。

 

 

スポンサーリンク

 

関連記事

なわとび遊び歌ーいちはっさん

いちはっさん (縄跳び) 愛知県 歌詞 いちはっさん にはっさん くまさん くまさん まわ

記事を読む

なわとび歌-やまでらの

やまでらの (縄跳び) 秋田県 歌詞 やまでらの おしょさんが おきょうをよんで いらっし

記事を読む

季節の歌ーまつぼっくりがあったとさ

まつぼっくりがあったとさ 季節の歌(秋)群馬県 歌詞 まつ ぼっ くりが あっ たとさ

記事を読む

わらべうたという日本文化

子どものあそび、そのなかには、遠い祖先の信仰や習慣がふくまれています。 特に、わらべ唄のなかに

記事を読む

季節の歌ーくもはあっぱい

くもはあっぱい 季節の歌(秋)高知県 歌詞 くもは あっぱい べべきー て ちゃぶくろ

記事を読む

わらべうた【まりつきあそび】

「毬」は蹴鞠と手まりの2つあります。 男性が楽しむ「蹴鞠」と、女児が遊ぶ「手まり」があります。

記事を読む

季節の歌-つくしはつんつん

つくしはつんつん          季節の歌(春)千葉県 歌詞 つくしは つんつん でるもん

記事を読む

手遊び・占いーぺんときておっぺんぺん

ぺんときておっぺんぺん                 手遊び・占い歌 栃木県 歌詞 ぺん 

記事を読む

わらべうた【手遊び歌】

昔から遊ばれている手遊び歌は、時代を経て、時に形や歌詞を変えて受けつがれています。 自分が子ど

記事を読む

わらべうた 鬼あそび-あめかあられか

あめかあられか (つかまえ鬼) 長野県 歌詞 あめか あられか てっぽうか うめに うぐい

記事を読む

 

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

 
   
    • RUN

    • ガーデニング、おやつ作り、キャンプ、
      読書が趣味の主婦。
      元保育士で現在3人の子どもとシュタイナー教育実践中。
    • 詳しいプロフィール
 
 
     
PAGE TOP ↑