*

わらべうた-ひとりでさびし

公開日: : 最終更新日:2019/01/16 わらべうた, コダーイの音楽教育

     

ひとりでさびし(お手玉)宮城県

歌詞

ひとりでさびし ふたりでまいりましょう

みわたすかぎり よめなにたんぼ

いもうとのすきな むらさきすみれ

なのはなさいた やさしいちょうちょ

ここのつこめや とおまでまねく

 

遊び方

歌に合わせてお手玉を放ります。

ターン ターン タン タン タン ウン のリズムです。

 

遊びのポイント

まず、上にあげすぎないように注意してあげてください。

歌と上手に合わせながら投げられているか、よく落とす子はいないか、高くあげすぎていないかなど、子どもたちをよく観察しながら遊んでみましょう。

 

お手玉を持つと嬉しくなって、何も言わないうちから上に投げたりしてしまう子が出てきます。

お手玉を渡す前に「歌が始まるまでは両手でぎゅっと(包んで、もしくは隠して)持っていようね」など、まず約束させてから渡すようにしてみましょう。

大人数でやるとお手玉の音の結構な大きさになります。

一人一人が持つと収拾がつかなくなることもあるので、最初は2~3人に持たせて交互に使うようにしてもよいかもしれません。

お手玉を持っていない子は持っているつもりで一緒にしぐさで遊びましょう。

 

わらべ歌にまつわる豆知識

お手玉歌ですが、羽根突き歌にも使われます。

1から10までの数を語頭に揃えた語韻(語句の頭に同じ韻を繰り返すこと。単語の頭の母音、または子音を揃えることをいう)の歌になっています。

ヨーロッパや中国では古くから韻を踏んだ言葉や歌などがあったようですが、日本では韻を踏むという習慣はあまりありませんでした。

英語などではこの頭韻法はよく使われており、「ミッキー・マウス」はM、「ドナルド・ダック」はDの韻をそれぞれ踏んでいます。

最近では日本においても某演歌歌手の歌の中に韻を踏んだ曲があります。

このように、いろいろな頭韻を探してみると面白いですよ。

 

スポンサーリンク

 

関連記事

手遊び・占いーぺんときておっぺんぺん

ぺんときておっぺんぺん                 手遊び・占い歌 栃木県 歌詞 ぺん 

記事を読む

わらべうた 鬼遊び-おやとろことろ

おやとろことろ(子取り鬼) 福岡県 歌詞 (鬼)おやところ こところ(全員)どのこがほしい

記事を読む

指あそび歌-ちゃつぼ

ちゃつぼ (指あそび)広島県 歌詞 ちゃちゃつぼ ちゃうぼ ちゃつぼにゃ ふたがない そこ

記事を読む

なわとび歌-やまでらの

やまでらの (縄跳び) 秋田県 歌詞 やまでらの おしょさんが おきょうをよんで いらっし

記事を読む

遊ばせ遊び歌-あんよはじょうず

あんよはじょうず          遊ばせ遊び歌 長野県   歌詞 あんよは じょう

記事を読む

遊ばせ遊び歌-チッチここへ

チッチここへ 触れ遊び 高知県   歌詞 チッチ ここへ とまれ とま

記事を読む

季節の歌ーまつぼっくりがあったとさ

まつぼっくりがあったとさ 季節の歌(秋)群馬県 歌詞 まつ ぼっ くりが あっ たとさ

記事を読む

わらべうた【輪あそびうた】

輪あそび歌は手をつないで輪をつくる遊びで、かごめかごめや花いちもんめなどの遊びがあります。 数

記事を読む

no image

【小学生わらべうたあそび】げろげろ合戦

げろげろ合戦 <年長・学童向き>   あそび方 1.門を一組作っておきます。

記事を読む

幼児音楽に最適なものとは?

子どもたちの出会う「音楽」とはどんなものか、考えてみたことはありますか? 私自身、幼少の頃はピ

記事を読む

 

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

 
     
     
PAGE TOP ↑