*

「くり返し」が子どもを安心させます

公開日: : 最終更新日:2018/09/16 子育て日記

     

シュタイナーは、ちいさな子どもの暮らしには、リズムが必要だと話しています。
それはなぜ?日本シュタイナー幼児教育協会運営委員の入間カイさんのお話を
ご紹介します。
*入間カイ 那須みふじ幼稚園理事長・園長。
日本シュタイナー幼児教育協会代表。

眠りと目覚めのリズムを大切に


すべての生き物はリズムによって生きています。私たち人間のからだも、呼吸や心臓の
 
鼓動など、たくさんのリズムに支えられています。とくに幼い子どもは、からだの基礎
をつくっている真っ最中で¥なので、リズムはとても大切です。
ところが、現代社会は、24時間営業のファミリーレストランやテレビなど、生活リズム
を狂わせるものであふれています。大人の生活も、仕事のために不規則になり、子ども
に会えるのが夜と朝のわずかな時間だけということもあるでしょう。
ただ、リズムのことに縛られたり、不自由に感じたりする必要はありません。人間の
リズムは一人ひとりがつくり出すものでもあるのです。たとえ子どもと一緒に過ごせる
時間がわずかでも、そのなかで何ができるかを考えればいいのです。その手がかりとし
て➀年、➁月、➂週、➃日の4つのリズムがあります。これらは、大自然のリズムです。
人間は自然のリズムをお祭りや、一日の仕事、祈りのなかに取り入れてきました。それ
によって「人間のからだ」のリズム、そして「社会生活」のリズムが支えられていたの
です。いま、昔ながらの習慣の多くは失われてしまいましたが、私たち一人ひとりが自
分の現代の生活のなかで、無理のないリズムをつくり出していくことはできるでしょう。
リズムは「くり返し」です。誕生日をはじめ、季節ごと、月ごと、曜日ごと、そして毎
日くり返されるものが、「生活のリズム」になっていきます。大切なのは、大人が、自
分の意志で、自分の生活リズムをつくっていると、子どもが感じられることです。
特にお勧めしたいのは、子どもの「眠りと目覚め」のリズムを大切にすることです。
幼い子どもは成長とともに、しだいに「自分(わたし)」という意識を目覚めさせて
いきます。そして、夜眠ると、この「わたし」という意識が消え去り、ふたたび朝目が
覚めると同じ「わたし」という意識が戻ることを不思議に感じるようになります。
この頃、子どもが眠りにつく前に、一緒に歌をうたったり、お祈りのことばを唱えたり、
お話を聞かせてあげるなど、ちいさな「儀式」で眠りの世界に誘ってあげることができ
れば理想的です。そして朝、再びやさしい雰囲気の中で子どもを迎えてあげることです。
こうした「ちいさな儀式」は子どもたちの中に芽生えてきた「わたし」という意識を
支えます。子どもは、自分はおかあさんやおとうさんにとってずっと同じ「わたし」で
あり、この「わたし」はずっと愛され、受け入れられていると感じることができるのです。
大切なのは、自分たちが大人として作り上げているこの世界に、子どもたちが信頼と希望
をもって入ってこられるように、やさしく受け止めてあげることなのです。

まとめ

 
子どもが生まれて、はじめて赤ちゃんと過ごす生活はどんな風に過ごしたらいいのだろう?
そんな風に思ったことはないでしょうか?
子育てで一番といっていいほど大切なのが「リズム」です。生活リズムをきちんと
つけさせること。これって簡単そうで意外と難しかったりしますよね。
まずは、自分の生活のあり方をみつめ直すところから始めてみませんか?

スポンサーリンク

 

関連記事

七五三の写真撮影

息子が5歳になったので、七五三のお祝いをしました。 七五三の写真撮影は、やはり女の子は楽しいよ

記事を読む

長女と柿

3年生になると、世界との出会いがある。シュタイナー教育では3年生になると 課外活動が多くなるようで、

記事を読む

お弁当登園開始

5月も下旬に入り、ようやく長男のお弁当持参が始まりました。 長男はお弁当が楽しみで、お弁当筒みでお弁

記事を読む

子どもの片付けの仕方

夏休みに入ったので、そろそろ部屋の荷物を片付けようと、子どもと一緒に取り 掛かってみました。子どもは

記事を読む

ぶどうの収穫

我が家には5年前に植えたぶどうの木があります。そのぶどうがたわわに実をつけた ので、この週末は家で

記事を読む

オイリュトミーとは何だろう?体験してみて感じたこと

先日、親子で体験するオイリュトミー講座に参加しました。 そもそもオイリュトミーってなんですか?

記事を読む

いやいや期

子どもは親の言うことは聞かないが、言動はしっかり真似して育つ

子どもは親の真似をして育つ 子どもは親の姿を見て育つと言いますが、本当にそう・・・。 子

記事を読む

白雪姫のメルヒェンが子どもに与える大きな影響

今日はオイリュトミー講座に参加してきました。 参加者は思ったよりも少なかったですが、オイリュト

記事を読む

no image

外国の子どもとうちの子どもたち

台風が過ぎた後は木の枝がたくさん折れていて、道路に落ちているものもあれば、気にぶら下がっているものも

記事を読む

アゲハ蝶の幼虫飼い始めました

7月に入りましたが、コロナウイルス感染症拡大防止の影響はまだ残っていますね。 息子の通う幼稚園

記事を読む

 

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

 
   
    • RUN

    • ガーデニング、おやつ作り、キャンプ、
      読書が趣味の主婦。
      元保育士で現在3人の子どもとシュタイナー教育実践中。
    • 詳しいプロフィール
 
 
     
PAGE TOP ↑