*

季節の歌ーうめぼしゅたべても

公開日: : 最終更新日:2019/12/10 わらべうた

     

うめぼしゅたべても         季節の歌(夏)山口県

歌詞

うめぼしゅたべても さねかむな

なかに てんじん  ねてござる

*さね・・・梅干しの種

*てんじん・・・ここでは梅干しの種の中の胚芽のこと

 

あそび方

お手玉や小さな赤いボールなどを梅干しに見立て、それを手の中でコロコロと転がしましょう。

「ねてござる」のあとにパクッと食べる真似、もしくは円になり数人でお手玉をまわしながら「ねてござる」でとまった人がパクッ。

梅干を食べたら・・・・「あ~すっぱい!!」

 

あそび方のポイント

赤い布などに何か大切なものなどを包んで回すあそびにしてもいいですね。梅干しの種の中には天神様がねているので丁寧に大切に回しましょう。

 

豆知識

成熟前の青梅の種の中(胚芽=天神さん)には毒があり、危険だということを子どもにやさしく伝えるために、もともとこの歌は歌われていました。

”天神さん”を子どものころ食べていたという方は意外に多くいらっしゃるのですが、梅干しや梅酒にすれば毒性はなくなるそうなのでご安心を。

”天神さん”と呼ぶのは「さね」と「菅原道真」をかけており、また菅原道真も梅干しがとても好きだったことに由来するそうです。

そういった考えから「”天神さま”がいらっしゃる梅干しの種子を粗末にしてはいけない」ということで、「菅原道真」が祀られる神社などでは”梅塚”と呼ばれる「梅の種の収め所」もあるそうです。

スポンサーリンク

 

関連記事

なわとび遊び歌-いちわのからすが

いちわのからすが(縄跳び) 宮城県 歌詞 いちわのからすが かあか にわのにわとり こけこ

記事を読む

季節の歌ーまつぼっくりがあったとさ

まつぼっくりがあったとさ 季節の歌(秋)群馬県 歌詞 まつ ぼっ くりが あっ たとさ

記事を読む

わらべうたで運動機能があがる!?わらべうたあそびの役割と意義

わらべうたと子どもの体 歌と動きで感性豊かに わらべうたを遊ぶとき、子どもたちは当然わらべうたその

記事を読む

わらべうた【鬼遊びうた】

あそびの定番といえば「鬼ごっこ」ですね。 「鬼」のでてくるあそびはたくさんあります。 鬼

記事を読む

わらべうた 輪あそびー人工衛星

人工衛星(輪遊び) 東京都 歌詞 じんこうえいせい じんこうえいせい とんだ 遊び方

記事を読む

わらべうた-いっぴきちゅー

いっぴきちゅー(数遊び)長野県 歌詞 いっぴきちゅー もとのかえって いっぴきちゅー にひ

記事を読む

遊ばせ遊び歌-おししのこは

おししのこは  しぐさ遊び 群馬県 歌詞 おししのこは うまれておちると あたまをふる

記事を読む

まりつき歌-てぃーたーみゆ

てぃーたーみゆ (まりつき) 沖縄県 歌詞 てぃーたーみゆ いちむ ななや くじいっくゎん

記事を読む

季節の歌-ごがつのしょうぶ

ごがつのしょうぶ          季節の歌(春)青森県 歌詞 ごがつのしょうぶ あだてもと

記事を読む

わらべうた 鬼遊び-ねこがごふくやに

ねこがごふくやに(色鬼)鳥取県 歌詞 ねこが ごふくやに たびかいござる たびは なんもん

記事を読む

 

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

PAGE TOP ↑