Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

*

冬はろうそくの灯りで心を温める?

公開日: : 子育て日記

     

冬になると夜空の星や月がとてもきれいに見えるようになりますね。

そんな夜空をみてなのか??長女が

「水彩をやりたい」

といいだしました。

となると、もちろん次女も末っ子長男もやりたくなるわけで・・・・・。

 

三人でベランダに水や画板を用意して、絵を描く準備を始めました。

でもだんだんと暗くなってきて、描いている絵も見えなくなるくらいに・・・。

それなのに子どもたちは描くことを止めずに、描きつづけます。

 

1人が懐中電灯を持ち出すと、他も「もっとないの??」といってくる(;^_^A

 

せっかくの月明かりなので・・・と思ってランタンに火を灯してあげると、子どもたちは喜んで

「いいねぇ!!」「ステキ!!」

といって、ますます筆がすすんだようです。

左側は懐中電灯の灯りですが、こうやって見てみると全然違いますね。

ろうそくの灯りって本当に温かみがあるなぁと感じました。

そして、さらにマルティン祭が行われてから、我が家にランタンブームが到来しました。

学校でランタン作りを行うのは1,2年生のみ。

3年生から転入してきた長女はランタンを作っていません。

そのことに長女は不満がありようで、

「わたしもランタンがほしい!!作りたい!!」

とプリプリ怒っています。(-“-)

 

そのうち・・・ね、といって私も作ってあげることができないのも申し訳ないのですが・・・(;´Д`A “`

そんなとき、学校でランプシェードの作り方を教わってきたらしく、家に帰ってくるなり、

「トランスパレント使ってもいい!??」

と聞いてきました。

「いいよ~」というと、黙々と作り始める長女。

そのかたわらで、

「ぼくもやりたい・・・」

と、トランスパレントを狙っている末っ子長男。

結局次女も加わって、三人でいろいろ折り始めました。

 

そして、自分たちの作ったランタンに火を灯したがるので、夕食の後に部屋を明るくして、ろうそくの灯りを楽しむ時間を作りました。

部屋の電気を消すとろうそくの光で部屋が明るくなります。

本当に必要な分だけの灯りだなぁと感じられますね。

こういった光をみていると、ところかまわず明るくする必要はないのかな・・・と思わせるひとときでした。

 

スポンサーリンク

 

関連記事

no image

縦割り保育のありがたさ

幼稚園三日目は雨が降っていました。 合羽を着ていきましたが、母の雨にぬれた姿を見て息子が、 「ぬれち

記事を読む

お父さんとの散歩

今回は上の子二人が祖父母に旅行へ連れて行ってもらったので、末っ子長男と旦那と 3人で過ごしました。

記事を読む

ネコ好きにはたまらない!?猫のすがた

わが家のネコ「おと」は、もともと野良猫だったこともあり、家族以外にはほとんど姿を見せません。

記事を読む

白雪姫のメルヒェンが子どもに与える大きな影響

今日はオイリュトミー講座に参加してきました。 参加者は思ったよりも少なかったですが、オイリュト

記事を読む

ぶどうの収穫

我が家には5年前に植えたぶどうの木があります。そのぶどうがたわわに実をつけた ので、この週末は家で

記事を読む

癒しの時間 聖マルティン祭 

聖マルティン祭というものをご存知でしょうか? わたしは全く知らずにいましたが、今回シュタイナー

記事を読む

次女のりんごろうそく 再び

12月7日、アドベントガーデンこと、りんごろうそくが学園で行われました。 1,2年生のみのイベ

記事を読む

2歳児イヤイヤ期突入?!

わが家の2歳児はとてもよくおしゃべりをするようになり、そしてとてもよく「いや」 を使うようになりま

記事を読む

七夕の笹を長持ちさせる方法をやってみました

幼稚園で使う七夕の飾りに必要となる笹。 この笹・・・・今まであまり気にしたことがありませんでし

記事を読む

長女と柿

3年生になると、世界との出会いがある。シュタイナー教育では3年生になると 課外活動が多くなるようで、

記事を読む

 

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

PAGE TOP ↑