Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

*

「くり返し」が子どもを安心させます

公開日: : 最終更新日:2018/09/16 子育て日記

     

シュタイナーは、ちいさな子どもの暮らしには、リズムが必要だと話しています。
それはなぜ?日本シュタイナー幼児教育協会運営委員の入間カイさんのお話を
ご紹介します。
*入間カイ 那須みふじ幼稚園理事長・園長。
日本シュタイナー幼児教育協会代表。

眠りと目覚めのリズムを大切に


すべての生き物はリズムによって生きています。私たち人間のからだも、呼吸や心臓の
 
鼓動など、たくさんのリズムに支えられています。とくに幼い子どもは、からだの基礎
をつくっている真っ最中で¥なので、リズムはとても大切です。
ところが、現代社会は、24時間営業のファミリーレストランやテレビなど、生活リズム
を狂わせるものであふれています。大人の生活も、仕事のために不規則になり、子ども
に会えるのが夜と朝のわずかな時間だけということもあるでしょう。
ただ、リズムのことに縛られたり、不自由に感じたりする必要はありません。人間の
リズムは一人ひとりがつくり出すものでもあるのです。たとえ子どもと一緒に過ごせる
時間がわずかでも、そのなかで何ができるかを考えればいいのです。その手がかりとし
て➀年、➁月、➂週、➃日の4つのリズムがあります。これらは、大自然のリズムです。
人間は自然のリズムをお祭りや、一日の仕事、祈りのなかに取り入れてきました。それ
によって「人間のからだ」のリズム、そして「社会生活」のリズムが支えられていたの
です。いま、昔ながらの習慣の多くは失われてしまいましたが、私たち一人ひとりが自
分の現代の生活のなかで、無理のないリズムをつくり出していくことはできるでしょう。
リズムは「くり返し」です。誕生日をはじめ、季節ごと、月ごと、曜日ごと、そして毎
日くり返されるものが、「生活のリズム」になっていきます。大切なのは、大人が、自
分の意志で、自分の生活リズムをつくっていると、子どもが感じられることです。
特にお勧めしたいのは、子どもの「眠りと目覚め」のリズムを大切にすることです。
幼い子どもは成長とともに、しだいに「自分(わたし)」という意識を目覚めさせて
いきます。そして、夜眠ると、この「わたし」という意識が消え去り、ふたたび朝目が
覚めると同じ「わたし」という意識が戻ることを不思議に感じるようになります。
この頃、子どもが眠りにつく前に、一緒に歌をうたったり、お祈りのことばを唱えたり、
お話を聞かせてあげるなど、ちいさな「儀式」で眠りの世界に誘ってあげることができ
れば理想的です。そして朝、再びやさしい雰囲気の中で子どもを迎えてあげることです。
こうした「ちいさな儀式」は子どもたちの中に芽生えてきた「わたし」という意識を
支えます。子どもは、自分はおかあさんやおとうさんにとってずっと同じ「わたし」で
あり、この「わたし」はずっと愛され、受け入れられていると感じることができるのです。
大切なのは、自分たちが大人として作り上げているこの世界に、子どもたちが信頼と希望
をもって入ってこられるように、やさしく受け止めてあげることなのです。

まとめ

 
子どもが生まれて、はじめて赤ちゃんと過ごす生活はどんな風に過ごしたらいいのだろう?
そんな風に思ったことはないでしょうか?
子育てで一番といっていいほど大切なのが「リズム」です。生活リズムをきちんと
つけさせること。これって簡単そうで意外と難しかったりしますよね。
まずは、自分の生活のあり方をみつめ直すところから始めてみませんか?

スポンサーリンク

 

関連記事

2年生 掛け算の覚え方

掛け算で思い出すのは、長女の2年生だったころの勉強。 あの頃は公立の小学校へ通っていた時で、掛

記事を読む

幼稚園で行う 秋のお楽しみ収穫祭

10月の最後の週、シュタイナー幼稚園では「収穫祭」というものを行います。 秋の実りをみんなで楽

記事を読む

凧あげするにはこれ覚えよう?

長女は、学校であった出来事をあまり話すタイプではありませんが、シュタイナー学園に通うようになってから

記事を読む

雨の日の遊び

                   10月の雨はすっかり冷たく、身に応えるほどの寒さですね。 そん

記事を読む

小國神社は穴場スポット!おいしいかき氷と川遊び 

暑いけれど、冷房の効いた部屋にずっといるのはつまらない!!! ということで、涼しい場所を求めて

記事を読む

幼稚園のオープンディ

シュタイナー幼稚園に入って初の大仕事!? 昨年度は参加する側だった幼稚園のオープンディ。 今年は

記事を読む

サンタクロースはどこからきた?起源と由来

12月6日は聖ニコラウスの日でした。 シュタイナー学園では、この「ニコラウスの日」を大切な行事

記事を読む

置き引き?自分の不注意が生んだ悲劇

何かと忙しいお正月が終わりましたー。結婚してから毎年旦那の実家で過ごすお正月にも慣れてきましたが、親

記事を読む

世代間ギャップ

わが家は子どもたちにシュタイナー教育を受けさせるために、同居暮らしを始めました。基本、シュタイナー教

記事を読む

シュタイナー幼稚園の遠足

長いお休みゴールデンウィークも終わり、末っ子も幼稚園に慣れてきて、楽しい遠足がありました。 遠足は近

記事を読む

 

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

PAGE TOP ↑