Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

*

わらべうた 鬼遊び-ねこがごふくやに

公開日: : 最終更新日:2019/01/16 わらべうた, コダーイの音楽教育

     

ねこがごふくやに(色鬼)鳥取県

歌詞

ねこが ごふくやに たびかいござる

たびは なんもん なんのいろ

にゃにゃもん はんの ねずみいろ

*もとは手まり歌

 

遊び方

鬼は中央で猫のポーズをします。

周りは手をつないで歌いながらまわります(スキップ)。

「にゃにゃもんはんの~○○色」は鬼が歌い、周りは止まります。

「ねずみいろ」の後、追いかけっこになります。

鬼が言った色と同じ色を身につけている人のみ動きましょう。

 

遊び方のポイント

もとは手まり歌ですが、色遊びとして紹介しています。

ズボンや靴下のワンポイントにもたくさん色がついています。

自分はどんな色の服を身につけているか、最初に自分自身で確認しておくといいです。

現代っ子たちは「呉服屋」さんというのを知らない子がほとんどだと思います。

歌詞はかわいらしくてたのしくなるようなものですが、その時代背景は現代と比べるとまったくといっていいほど、様変わりしています。

「呉服屋」や「足袋」、「にゃにゃもんはん」といった「文」の意味なども分かりやすく一緒に伝えるようにしてあげてください。

 

わらべ歌にまつわる豆知識

足袋の歴史は古く、奈良時代や平安時代にはすでに足袋の原型といわれるものがありました。

当時の足袋は足に袋をかぶせ、くるぶしのところで紐を結ぶだけのもの。

皮でできており、蹴鞠のときなどに履かれていました。

今のような親指が割れるかたちになったのは室町時代になってからで、江戸時代には足袋のサイズをいいうとき、「文」という数え方をつかっていました。

これは一文銭の直径(約2.4cm)のを単位としたものですが、「にゃにゃ文半」って一体どのくらいのおおきさなんでしょうね。

 

 

スポンサーリンク

 

関連記事

わらべうた-いっぴきちゅー

いっぴきちゅー(数遊び)長野県 歌詞 いっぴきちゅー もとのかえって いっぴきちゅー にひ

記事を読む

わらべうた 鬼決め歌-じょうりぎ

じょうりぎ(鬼決め)青森県 歌詞 じょうりぎ じょうりぎ じょばんの ていしゅ おっこのみ

記事を読む

わらべうた【手遊び歌】

昔から遊ばれている手遊び歌は、時代を経て、時に形や歌詞を変えて受けつがれています。 自分が子ど

記事を読む

わらべうた 鬼遊び-やまとのやまとの

やまとのやまとの(つかまえ鬼)大阪府 歌詞 やまとの やまとの げんくろはん おあすび &

記事を読む

わらべうた 輪あそびー人工衛星

人工衛星(輪遊び) 東京都 歌詞 じんこうえいせい じんこうえいせい とんだ 遊び方 輪にな

記事を読む

わらべうた 遊ばせ遊び歌(しぐさ遊び)-おししのこは

おししのこは  (しぐさ遊び)群馬県 歌詞 おししのこは うまれておちると あたまをふる 

記事を読む

わらべうた-ふねだふねだ

ふねだふねだ (身振り遊び)愛知県 歌詞 ふねだふねだ かわらのふねだ   遊

記事を読む

わらべうた 手遊び歌-しのだのもりの

しのだのもりの 手遊び歌 山梨県 歌詞 しのだの もりの きつねが こんちきち こん こん

記事を読む

わらべうた 遊ばせ遊び歌(触れ遊び)-いちのめ

いちのめ(触れ遊び)和歌山県 歌詞 いちのめ にのめ さんのめ しりのめ  

記事を読む

わらべうた 遊ばせ遊び(触れ遊び)-いっぽんばし

いっぽんばし (触れ遊び)山梨県 歌詞 いっぽんばし こーちょこちょ にーほんばし こーち

記事を読む

 

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

PAGE TOP ↑