*

わらべうた 鬼遊び-ねこがごふくやに

公開日: : 最終更新日:2019/01/16 わらべうた, コダーイの音楽教育

     

ねこがごふくやに(色鬼)鳥取県

歌詞

ねこが ごふくやに たびかいござる

たびは なんもん なんのいろ

にゃにゃもん はんの ねずみいろ

*もとは手まり歌

 

遊び方

鬼は中央で猫のポーズをします。

周りは手をつないで歌いながらまわります(スキップ)。

「にゃにゃもんはんの~○○色」は鬼が歌い、周りは止まります。

「ねずみいろ」の後、追いかけっこになります。

鬼が言った色と同じ色を身につけている人のみ動きましょう。

 

遊び方のポイント

もとは手まり歌ですが、色遊びとして紹介しています。

ズボンや靴下のワンポイントにもたくさん色がついています。

自分はどんな色の服を身につけているか、最初に自分自身で確認しておくといいです。

現代っ子たちは「呉服屋」さんというのを知らない子がほとんどだと思います。

歌詞はかわいらしくてたのしくなるようなものですが、その時代背景は現代と比べるとまったくといっていいほど、様変わりしています。

「呉服屋」や「足袋」、「にゃにゃもんはん」といった「文」の意味なども分かりやすく一緒に伝えるようにしてあげてください。

 

わらべ歌にまつわる豆知識

足袋の歴史は古く、奈良時代や平安時代にはすでに足袋の原型といわれるものがありました。

当時の足袋は足に袋をかぶせ、くるぶしのところで紐を結ぶだけのもの。

皮でできており、蹴鞠のときなどに履かれていました。

今のような親指が割れるかたちになったのは室町時代になってからで、江戸時代には足袋のサイズをいいうとき、「文」という数え方をつかっていました。

これは一文銭の直径(約2.4cm)のを単位としたものですが、「にゃにゃ文半」って一体どのくらいのおおきさなんでしょうね。

 

 

スポンサーリンク

 

関連記事

手遊び歌-にいがたせんべ

にいがたせんべ (手遊び)新潟県 歌詞 にいがたせんべ しおせんべ どのせんべが やけたか

記事を読む

まりつき歌-加藤清正

加藤清正(まりつき)鹿児島県 歌詞 かとうきよまさ うまのってほい あとから けらいが た

記事を読む

季節の歌ーあわんとりゃほー

あわんとりゃホー 季節の歌(冬)大分県 歌詞 あわんとりゃ ホー ひえんとりゃ ホー

記事を読む

遊ばせ遊び歌-いちのめ

いちのめ 触れ遊び 和歌山県   歌詞 いちのめ にのめ さんのめ しりのめ

記事を読む

音楽教育の基礎 わらべうた  

子どもに音楽の楽しさを知ってもらうには、わらべうたがとても効果的です。 なぜわらべうたが良いの

記事を読む

わらべうた 鬼あそび-あめかあられか

あめかあられか (つかまえ鬼) 長野県 歌詞 あめか あられか てっぽうか うめに うぐい

記事を読む

季節の歌-こっとりかけたか

こっとりかけたか          季節の歌(夏)高知県 歌詞 こっとり かけたか こっこっ

記事を読む

わらべうた 鬼決め歌ーかくれかご

かくれかご (鬼決め)青森県 歌詞 かぐれかご とかごとになって かぐれろ  

記事を読む

なわとび遊び歌-いちわのからすが

いちわのからすが(縄跳び) 宮城県 歌詞 いちわのからすが かあか にわのにわとり こけこ

記事を読む

季節の歌ーまつぼっくりがあったとさ

まつぼっくりがあったとさ 季節の歌(秋)群馬県 歌詞 まつ ぼっ くりが あっ たとさ

記事を読む

 

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

 
   
    • RUN

    • ガーデニング、おやつ作り、キャンプ、
      読書が趣味の主婦。
      元保育士で現在3人の子どもとシュタイナー教育実践中。
    • 詳しいプロフィール
 
 
     
PAGE TOP ↑