*

百日咳にかかりました・・・

公開日: : 最終更新日:2018/07/23 子育て日記

     

梅雨の時期は蒸し暑かったり、寒かったりで体調を壊しやすい??
ということで・・・・ついにダウンしました(-_-;)
 

のどが痛いなぁと思っていたら、咳が出始めて・・・ちょっと熱っぽい??
風邪ひいたかなぁと思い、とりあえず葛根湯!!?と思って飲みました。
風邪なら2、3日ゆっくり休めば良くなるかな~  とのんきに構えていましたが、
 
・・・・咳が・・・
 
・・・・止まらない・・・
 
( ;∀;)
 
夜になるとやたらと咳が出て、横になるのがちょっと辛い。
朝になると淡が出るけど、淡の切れがわるくて苦しい・・・(;´Д`)
 
一週間が経とうとしたのでちょっと病院に行ってみようか・・・と思って病院へ行ってきました。
 
病院はあまり好きではないので、いつもはほとんど行かないのですが、学園のお母さま方からおすすめの病院があるとのことだったのでいってみることにしました。
ついでに言うと、そこは学園のかかりつけ医だったので安心して行けるとも思ったので。
 
そこの先生は病状だけではなく、その人が抱えているものを見て下さるという。
行った人は先生から言葉をもらうことができるとのうわさ。
 
 
興味本位もありましたが、行ってよかった~というのが私の感想です。
 
どうやら、「子どもがかかるべき病気を、親である私が代わりにかかっている」ということでした。
そんな風に考えると、確かに子どもじゃなくてよかった~と思いますね( ´∀` )
 
百日咳は子どもがかかると結構大変な病気ですが、大人であれば体力もあるのでなんとか乗り越えられる病気。
(あくまで、体力のある人ですが・・・)
最近は大人がかかること多いそうです。
みなさまお気を付けくださいね!!
 
ということで、先生にいろいろお話を聞いてもらい、スッキリして帰ってきました~
咳が出すぎて、喘息になりそう・・・・(~_~;)という危機感も若干ありましたが、人って不思議なもので病名がつくだけで納得して安心しちゃったりするんですよね💦
 
これは一体何の病気だ~~~~~~!!!!???とわからないと不安になるけれど、病名がわかると、そうか・・・・と受け入れられる。不思議ですね。
 
まだ咳は続いていますが、今は子どもたちにうつらないようマスクをつけて気をつける日々です。

スポンサーリンク


 
 
 

スポンサーリンク

 

関連記事

家庭でできるシュタイナー的暮らし

シュタイナー教育といっても実際に何をどうやったらいいの?と思う方も多いはず。 そこで、家庭でも簡単に

記事を読む

2年生 掛け算の覚え方

掛け算で思い出すのは、長女の2年生だったころの勉強。 あの頃は公立の小学校へ通っていた時で、掛

記事を読む

簡単!お正月レシピ

気がつけば、年の瀬ですね~。年末は大掃除や、お正月に向けてのおせち料理の準備やらで忙しいですよね・・

記事を読む

no image

ヨハネ祭の意味 夏至から子どもに伝わるもの 

先週、学校でヨハネ祭がありました。 このヨハネ祭では、全学年が集まってゲームやダンスを踊ったり

記事を読む

学級閉鎖

大寒を境に、雪も積もって寒さが身に染みるようになりました。こういう時、暦って自然をよく知っているんだ

記事を読む

いやいや期

子どもは親の言うことは聞かないが、言動はしっかり真似して育つ

子どもは親の真似をして育つ 子どもは親の姿を見て育つと言いますが、本当にそう・・・。 子

記事を読む

no image

子どもを伸ばす!小学校選び実践記録

子どもがどんな環境で育ち、どんな友だちと過ごすのか・・・小学校での6年間は人生の基礎となる重要な時期

記事を読む

松岡修造の言葉

「心の背筋を伸ばせ!」いったい何のこと??と一瞬考える・・・。毎日なんとなく 疲れた日が続いていた

記事を読む

オランダとスペイン出張

旦那さんが海外出張から帰ってきました。今回は、スペインとオランダに行ってき たそうです。海外は行く

記事を読む

30代 実母との関係の作り方

実の親、といえども子どもが大人になってしまうと、もはやそれは一人の大人で あって子どもではないので

記事を読む

 

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

PAGE TOP ↑