*

オイリュトミーとは何だろう?体験してみて感じたこと

公開日: : 最終更新日:2018/07/24 子育て日記

     

先日、親子で体験するオイリュトミー講座に参加しました。

そもそもオイリュトミーってなんですか??

という素朴な質問をしたところ、オイリュトミーとは「芸術的なダンス」というとらえ方でよいと言われました。

わかったような、わからないような・・・・(^-^; 感じではありましたが、とりあえず体験してみました!!

今回は「親子で」ということもあり、子どもがいかにしてオイリュトミーというものを知っていくのか??

そこが私の中で気になるポイントでした。

初体験!!オイリュトミー

まず初めにやったこと、参加者全員で輪になってボールを転がし合いました。

先生から対面にいる人へ‥‥コロコロ。

受け取った人はまた先生にボールをコロコロ・・・・。

今回は「親子で」という講座だったので、子どもが入りやすいようにそんな感じではじまりました。

しばらくボールを転がすやりとりをした後、今度は受け取った人は自分の名前を言いながらボールを転がしていくことをしました。(自己紹介的な感じ)

 

ボールの数も少しづつ増えていき、あちこちでボールを回して、気がつくと自分のところにいっぱい💦なんてことも

子どもはボールの数が増えると自分のところにまわってくる回数も増えるのでなんだか楽しそうでした( ´艸`)


次に、歌にあわせて手で大きな輪をつくったり、小さな輪をつくったりしました。

足をリズムよく動かしながら歩いたり、ゆっくり歩いたり。

全体で大きな輪になって中央に集まったり開いたり。

わらべうたの「ひらいたひらいた」をやっているような感覚でしたね。

 

あとは子どもが親のひざの上にすわって、一緒に手を動かしたりしました。

全体の流れとしてはリトミックのような感じでもありましたが、先生の歌声にあわせて動くので静かで独特な雰囲気があるように感じました。

特に独特だと感じたのは手の動き。

とてもしなやかな動きをさせて、体操のようにピシッとした動きにはならないところ。

風を表現するようにふわふわした感じの手の動かし方や大地の硬さを感じさせるような足踏みなど、からだを使ってこんな風に表現をすることができるのだなと思いました。

あとは、「マリア様の深い青色のベールをまとうように・・・」というような宗教的な雰囲気を感じるところもありました。

今回の親子講座は幼稚園くらいの子どもが多かったので、体験するオイリュトミーとしてはこれで終わりでした。

そのあとは親のみが先生とお話をするという流れでした。

私は残念ながら先生のお話は直接聞くことはできませんでしたが、次回機会があればお話をぜひ聞きたいと思いました。

リトミックとオイリュトミーの違い?

実際にやってみてちょっとリトミックに似ているかも??とか思いました。

そこでリトミックとオイリュトミー・・・同じ音に合わせて動くけれど、何が違うのか調べてみました。

リトミックとはリズムを使って、音楽を体で体験し、想像力や表現力を養い、心と体の調和を作り出す総合教育のこと。
音楽教育といえば、楽譜のとおりに、演奏したり、歌ったりできるようになることを目指します。

リトミック教育は、舞踏、演劇の表現能力のトレーニングにも利用され、また幼児教育、障がい児教育にも盛んに取り入れられています。

私が以前働いていた発達支援センターでも行われていました。
参考:カワイ音楽教室

その一方、

オイリュトミーは言葉または音楽の持つエネルギーを身体表現によって具象化するもの。

オイリュトミーと一言で言っても色々あるようで、
舞踏芸術の一種としての芸術オイリュトミー、
教育の課程としての教育オイリュトミー、
療育的な観点から行われる治療オイリュトミー、
職場で行われるソーシャルオイリュトミー

などがあるそうです。
「オイリュトミーとは」の画像検索結果
参考:アトリエ「ひまわり」より

それぞれに、音楽と共に行うものと、言葉(詩の朗読など)と共に行うものがあり、その両方が無いものや絵画などに合わせる場合もあるのだとか。。。

こうやって見てみると、全然別物なのだということが分かりました(;^_^A

同じリズムに合わせて体を動かすと言っても、体操するのと野球をするのは違う!!というくらい別ものなんですね。

まとめ

親子でオイリュトミーという講座だったので、幼児の子どもが多かったですが「体を動かす」ことが好きな子どもたちは入りやすいのでしょうね。

あまり嫌がるような子はいませんでした。(恥ずかしがったりする子はいましたが・・・)

わが家の3歳の息子は先生の動きに見惚れ??自発的にはやっていませんでしたが、割とよく動きを見ていました( ´∀` )

オイリュトミーとは・・・という難しいことは子どもはまったくわからないのが当たり前で、例えリトミックであろうが、オイリュトミーであろうが、ラジオ体操であろうが(これは極端?(笑))子どもが楽しいと思ったらきっと何でもやるのだろうなと思いました。

息子の通っている幼稚園でもオイリュトミーはあるので、少しづつ覚えて帰ってくるのかなぁ(*´∇`*)

私は全くわからないけれど、子どもたちのオイリュトミーの動きを見ているとすごいなぁと感心してしまいます。

それは動きがきれいというか、ある規則性のある動きがあるのはわかるけれど他人との動きのバランスがきれいなんですよね。

気になる方は、学園の月例祭などで子どもたちの発表する場があるのでぜひ見てほしいですね(^^♪

ある人の講座で「日本人はオイリュトミーをやらなくても素質がある」ということを言っていました。

オイリュトミーはドイツのシュタイナーに創造された運動芸術。

人との距離感をもつための動きでもあるとか。そういわれると、日本人は人との距離感をもって接する人種ですよね。

世界の文化の違いも感じられました。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

 

関連記事

赤ちゃんと息子

一年ぶりに友人と会うことになりました。 一年前はまだ子どもがいなかったけれど、今年出産したので、今回

記事を読む

no image

子どもを伸ばす!小学校選び実践記録

子どもがどんな環境で育ち、どんな友だちと過ごすのか・・・小学校での6年間は人生の基礎となる重要な時期

記事を読む

長い休日

9月に入ってから、急激に気温が下がり涼しくなりましたね。 今日は朝から雨が降り、一段と気温が下がっ

記事を読む

餅つき会

自治会でもちつき会を行うという張り紙を見て、朝から子どもたちは外へ飛び出していきました。 &n

記事を読む

no image

アゲハの幼虫育成日記 その2

アゲハの幼虫の飼育を始めて1週間・・・2週間と経ちました。 葉っぱを食べなくなったと思ったら、

記事を読む

小学2年生男子のあそび方

今日は学童保育のお手伝いの日だったので、午後から行ってきました。 公園へ行く子どもや、園庭で遊

記事を読む

バレンタインデー 

2月14日はバレンタインデーでしたね。特に子どもたちに教えたわけではないけれど、年頃になるといろい

記事を読む

七夕の笹を長持ちさせる方法をやってみました

幼稚園で使う七夕の飾りに必要となる笹。 この笹・・・・今まであまり気にしたことがありませんでし

記事を読む

末っ子の「なんで?」攻撃?

我が家の末っ子長男。上に二人の姉がいるせいか、生まれ持ったものなのか、とってもおしゃべりが 好き。大

記事を読む

30代 実母との関係の作り方

実の親、といえども子どもが大人になってしまうと、もはやそれは一人の大人で あって子どもではないので

記事を読む

 

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

PAGE TOP ↑