*

4~6歳ハイキング&キャンプでのおすすめのあそびは?

公開日: : 最終更新日:2020/03/13 ハイキング

     

体力がついて、世界がぐんと広がる4~6歳。

道具のある公園でも、なにもない公園でもどんなことでも楽しめるのがこの時期です。

幼児らしい自己中心性の思考に寄り添って、自然遊びを楽しんでみてはいかがでしょう。

どんな時期?何が楽しい?

ハイキング編

4歳になるとグンとからだが成長するので、まさに「トレッキング適齢期」になります。

乳幼児期を脱した4歳から6歳までの子どもたちは、すでに歩くことが日常的に身についているはずです。

 

運動能力も月日を追って、グングンと伸びていく時期ですし、自我にも目覚めて体験したことを子どもなりに学び取り、自分のものにしていきます。

 

そして足取りもしっかりしてくるので、ヒヤッとすることが少なくなります。

 

2.3歳児でも身体能力の高い子はいますが、山に登ることを自覚し、山と向き合えるようになりるのは4歳以降でしょう。

🔶親子でトレッキングをはじめる🔶
親も子どももトレッキングで身につくこととは?
親子登山のすすめ! 親が子がハイキングで身につく5つのこと

キャンプ編

大人や年上の子たちと同じことをやりたい気持ちが高まりますので、手伝いを積極的にやってくれる時期です。

「ちょっと頑張ればできそう」なことをお願いしてみると、それができたときの達成感でさらにがんばってくれます。

自分の手伝ったことでほめられたり、認められたりすることで、周囲との信頼関係も育っていきます。

 

キャンプでの時間の使い方にぴったりなのが、ネイチャーゲーム。

アメリカ生まれの自然体験活動のことで特別な知識がなくても誰でも楽しめます。

🔶キャンプのすすめ🔶
キャンプをすると何かが変わる?親子の成長を感じられるかも
親が子が キャンプで身につく6つのこと

ここでは4歳からできるネイチャーゲームをご紹介します。

ミクロハイク

・用意するもの・・・虫めがね
身近な場所で探検家気分が味わえるこのゲームは、もった瞬間から虫めがねが魔法の道具に大変身!

好きな場所で植物や昆虫の目線になってじっくり観察してみましょう。

自然の世界に想像を膨らまし、完成を研ぎ澄ますことができます。

森の色合わせ

・用意するもの・・・折り紙や色鉛筆(色数がおおいもの、緑や茶色でも複数色あるものだと楽しい)
折り紙でなくても、色のついたものならハンカチでもなんでもOK。

お題を決めたら、自然のなかにあふれているさまざまな色から同じ色を探しに出かけてみましょう。

とにかく、自然のなかには色がたくさん存在していることに気づかされます。

森の福笑い

・用意するもの・・・白いシール・サインペン
丸いシールにサインペンでいろいろな目を書いて、葉っぱや木に貼るだけ。

喜怒哀楽の表情はもちろん、めがねをかけていたり、眠っていたり、お化粧をしていたり・・・・。

落ちている葉っぱで眉毛や鼻、口を加えれば、森のお友だちが誕生。

*ネイチャーゲームの種類はなんと160以上!「日本シェアリングネイチャー協会」」のホームページでは、さまざまな活動やイベント情報が紹介されています。

日本シェアリングネイチャー協会

子どもの成長

2~3歳に続き、「表象的思考」をもって、イメージあそびを存分に楽しみます。

そうした「イメージ」はその子のいままでの体験をもとに作られていきます。そして、友だち同士でイメージの共通点を見つけることで遊びを展開していきます。

そこで得られた経験は仲間への信頼も育んでいきます。

🔶ハイキング&トレッキングを始めるなら🔶
知っておくとハイキング&トレッキングがグンと楽しくなるポイントをご紹介♪子どもの年齢別に歩き方も。
子連れトレッキング&ハイキング ことはじめ5つのポイント

テーマパークなどは意図をもって作られている場所なので、基本的にあそび方が一定です。

自然のなかではイメージを膨らませて、自由にあそびを発見していけます。

表象的思考を多様に重ねられる体験が次のステップへの糧になります。

また、幼児は自分自身がさまざまなことを感じるのと同じように、どんぐりや石ころも感覚をもっていると考えます。

「小石さんは殴られたら痛いね」など心を寄せることができるのは、「自己中心性」とよばれる思考の働きです。

自分の立場と他人の立場を区別して考えていません。

非科学的なことをいうこともしばしばありますが、

そんな子どもの思考を大人も楽しみ、寄り添ってその世界を存分に楽しんでみて下さい。

安心して自分のイメージを親しい人と共有できることで、子どもはよりイメージを膨らませたり、それらを組み合わせて、関心を持つ世界をどんどん広げていきます。

それが豊な思考の発達を促します。

🔶4~5歳の子どもと出かけるなら🔶
4~5歳になると登れる山がグンと増えます!景色のいいところもいっぱいです👣
4~5歳のハイキング&トレッキングおすすめコース

スポンサーリンク

スポンサーリンク

 

関連記事

2~3歳ハイキング&キャンプでのおすすめのあそびは?

身近な場所でも大冒険できるのが2~3歳。 この時期はたくさん走り回って、たくさん転んで、からだ

記事を読む

子連れハイキング&トレッキング こと始め5つのポイント

日帰りで気軽に始められるのが魅力のハイキング。 子どもといっしょの際に気をつけたいことを押さえ

記事を読む

ハイキングプランの立て方

ハイキングやトレッキングのコースを決めて、スケジュールを立てるのは慣れてくるとなかなか楽しいものです

記事を読む

ハイキングに何着ていく?子どもの服装選びと季節別アイテム

ハイキングに必要な装備ってなに?どんな服装で行けばいい? 親子でハイキングに出かけるために必要

記事を読む

親子登山のすすめ 親が子がハイキングで身につく5つのこと

家族がハイキングに行くと、半日~1日歩くのでそれなりに疲れます。 しかし、歩き終わったあと

記事を読む

0~1歳ハイキング&キャンプのおすすめのあそびは?

ハイキングやキャンプへいきたいけれど、子どもといっしょだと、どうしたらいいのかな? そんな悩み

記事を読む

トレッキング初心者のためのQ&A

トレッキングが未経験だとあれもこれも、何もかも不安になりますよね。 予測のつかない子どもとなら

記事を読む

小学生ハイキング&キャンプでの楽しみ方

ハイキングに行って自然をたのしみたい! キャンプで手伝ってもらいたい!! 自然の

記事を読む

子どもと一緒にハイキング!子連れハイキングをとことん楽しむポイント

登山が好きな人は「山頂を目指したい」と歩く人もいます。 でも、子どもといっしょに山歩きをすると

記事を読む

 

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

 
   
    • RUN

    • ガーデニング、おやつ作り、キャンプ、
      読書が趣味の主婦。
      元保育士で現在3人の子どもとシュタイナー教育実践中。
    • 詳しいプロフィール
 
 
     
PAGE TOP ↑