*

わらべうた 鬼遊び-ずるまさる

公開日: : 最終更新日:2019/01/16 わらべうた, コダーイの音楽教育

     

ずるまさる(子取り鬼)沖縄県

歌詞

ずるまさる うにまさる

 

遊び方

一列になり、歌のかけ合いをしながら鬼(先頭)がしっぽの子をつかまえます。

しっぽの子はつかまらないように逃げます。

 

ずるまさる・・・しっぽがおいしい

うにまさる・・・鬼がおいしい

 

 

遊びのポイント

何度もくり返して歌います。

追いかける、追いかけられることに集中しすぎると歌が疎かになるので気をつけましょう。

「おやとろことろ」のように鬼を一人別に立ててあそんでもよいでしょう。

ただ、歌詞の意味は全く違うため、2つのグループに分かれてのあそびは難しいと思います。

例えば、大人が尻尾に見立てた短めの縄をもち、それをつかまえるような遊びにしても面白いと思います。

その場合、縄は足で踏んで止めたりするのではなく、ちゃんと手でつかまえるように伝えましょう。

縄を使っての遊びは、あまり大人数であそぶと危ないので、少人数(2~3人くらい)で遊ぶようにしましょう。

 

わらべ歌にまつわる豆知識

「まさる」=「勝る」という意味です。

「おやとろことろ」と同じように子取り遊びといわれるものです。

ここでは沖縄の方言(うちなーぐち)で尻尾でことを「ずる」と歌っていますが、他にも沖縄では尻尾のことを「ちび」と言ったり「じゅ」といったりもするとか。

また、沖縄には鬼餅と呼ばれる食べ物がありますが、こちらも「うにむーちー」と呼ばれたり、「はちむーちー」や「かーさーむーちー」など様々あるようです。

 

スポンサーリンク

 

関連記事

まりつき歌-加藤清正

加藤清正(まりつき)鹿児島県 歌詞 かとうきよまさ うまのってほい あとから けらいが た

記事を読む

【小学生のわらべうたあそび】かごめといもむし

かごめといもむし <年長・小学生向き>   あそび方 1.「かごめグループ」

記事を読む

手遊び・占いーぺんときておっぺんぺん

ぺんときておっぺんぺん                 手遊び・占い歌 栃木県 歌詞 ぺん 

記事を読む

音楽教育の基礎 わらべうた  

子どもに音楽の楽しさを知ってもらうには、わらべうたがとても効果的です。 なぜわらべうたが良いの

記事を読む

わらべうた-せっくんぼ

せっくんぼ(押し合い遊び)鹿児島県 歌詞 せっくんぼせっくんぼ なかんやつぁせだせ せっく

記事を読む

季節の歌ーしんわりたんわり

しんわりたんわり          季節の歌(夏)京都府 歌詞 しんわり たんわり もものき

記事を読む

指あそび歌-こどもとこどもと

こどもとこどもと (指あそび) 歌詞 こどもとこどもと けんかして くすりやさんが とめた

記事を読む

季節の歌ーほたるこい

ほたるこい 季節の歌(夏)長野県 歌詞 ほーたる こーい ちちやるに やまぶし こーい

記事を読む

わらべうた【いろいろな遊び方】

わらべうたには、歌に伴ったいろいろな遊び方(動き)があります。 一人で遊べるものから数人で遊べ

記事を読む

わらべうたでベビーマッサージ わらべうた遊びで楽しくスキンシップ!

赤ちゃんと歌うわらべうたってどんなものがあるのでしょうか? 「わらべうた」といっても改まって歌

記事を読む

 

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

 
   
    • RUN

    • ガーデニング、おやつ作り、キャンプ、
      読書が趣味の主婦。
      元保育士で現在3人の子どもとシュタイナー教育実践中。
    • 詳しいプロフィール
 
 
     
PAGE TOP ↑