*

花の不思議とおまじない

公開日: : 最終更新日:2022/02/11 花のひとりごと

     

花には、不思議な力があります。

それを人は魔力があると言います。

古今東西から集めた、さまざまな言い伝えたち。

なかには子ども時代にやったことのなるものもあるかも??

信じるか信じないかはご自由。

はじめに紹介するのは、なにより気になる恋占いです。

花の恋占い

  好きな人と結婚できる?

「むらさきべんけい草」の枝を二本、地面に。

一本を自分、もう一本を愛する人に見立てます。

どちらかが枯れたら悲しいけれど、その恋は成り立ちません。

二本とも、ずんずんと、大きくなっていくようなら・・・・めでたく2人は結婚できます。

 

  あなたの結婚は何年先でしょうか?

目を閉じて、一握りの草を抜きます。

その中にまじっている「ひなぎく」の花は何本?

結婚が何年先かをしめしています。

  友だちの中で、誰がいちばん早くに結婚するでしょうか?

「せいようとりねこ」をつるで束ねたのを、友だち全員が、それぞれ焚き火に入れます。

最初にほどけたつるの束の持ち主が、一番早くウェディング!

 

  未来の夫の夢を見る

「おとぎり草」を枕の下に敷いて寝ると、未来の夫の夢を見ます。

もうひとつ、「セント・ジョンズ・ワート」の草を寝室に吊るして眠っていても同じ効果が。

  未来の夫はどんな顔?

 

夢でなく、実際に見たい人は、どうぞ。

真夜中、「あさ」の種をまきながら、教会の回りを歩く。

肩越しに気配を感じたら振り向いて。

未来の夫の顔が見えます。(ちょっとしたホラーのよう💦)

怖くてもかまわない、というあなたにもうひとつ。

部屋の中の電気を消して、ローソクの灯をともす。

鏡の前に座り、「りんご」を食べながら、髪の毛にくしを入れると・・・・未来の夫の顔が、鏡に映るのです。

  好きな人がたくさんいる、浮気むすめ。結婚するのは誰とでしょうか?

いくつもの種子に、見込みのありそうな恋人のイニシャルを書き、それを濡らして、額にはりつけます。

一番長くくっついていた種子があなたのお相手です。

 

  結婚する相手は今、どこに住んでいるのか?

「ながは草」の花穂を、葉のさやから抜き取り、そこから流れる液汁がどちらへ流れるか。

その方向をたどると、結婚相手の住んでいる場所がわかります。

  パートナーの体つきと、お金持ち度まで、占えてしまう

キャベツ畑にでかけてみましょう。

目をつぶって、株を引き抜く。

そのキャベツが、大きいか小さいか、ほっそりか太っているか、それが相手の体つきなのです。

そして、そこについている土のつき具合が、お金持ち度。

たくさんついているとよいですね。

 

  ふたりの愛はいつまで続く?

2人の名前をつけた「クルミ」をそれぞれ火にくべる。

ふたつとも一緒に燃えたら、2人の愛は永遠のものでしょう。

もし、どちらかが先に燃えだしてしまったら・・・・悲しいけれど、愛は続かない。

  恋人の気持ち・・・・本気?

「ゆり」のつぼみを一つ選び、雨が降ったあと、花の色を調べます。

黄色であれば、不実。

赤であれば、誠実です。

ほかにも、「たんぽぽ」の綿毛をふーっとひと吹き。

残った綿毛が多いほど、恋人はあなたを愛しています。

花のおまじない

愛する人と結ばれるために、ぜひ挑戦してみましょう

  早く結婚したいあなたへ

女性が、「なし」の木か「りんご」の木に、木片を3回投げ、枝に引っかかれば、結婚はもうすぐ。

3回とも引っ掛からなければ、もうしばらくまって。

その2.水をひたした皿に、2枚の「きづた」の葉を入れていき、翌朝それがお互い寄り添っていたら、結婚はすぐそこ。

  してはいけないこともあります

恋愛中に、庭の「パセリ」を切り取ることは不吉です。

 

  変わらぬ愛を永遠にする

恋人から「ジャスミン」の花を受け取ったら、それを髪の毛と一緒に編み込みます

。そして、愛は永遠のものに。

  恋人を、好きな時間、自分のものにする

「ちょうせん朝顔」の種子をつぶして、少量のお酒に混ぜて飲ませると、自分の望む間、相手はフラフラ。

もう、こちらの言いなり、思うまま。くれぐれも悪用しないで。

疑い深いあなたにはこんなおまじないもあります

  恋人の浮気を防ぐ

「ヘンルーダ」の草を食べさせると浮気はしなくなるのです。

  きらいな相手に、媚薬を飲まされたとき、効き目をなくすには・・・・。

「すいれん」を身につけていると、媚薬を飲まされてしまっても、変な気持ちになったりしません。

危険を感じている人は覚えておいて。

切実なおまじない

  病気にかからない

「ぜにあおい」を朝、摘むと、その日一日病気から守ってくれる。

 

  虫やネズミが寄りつかない

復活祭の朝、聖母マリアの像の後に、1枚の「やし」の葉をおき、鐘の音とともに「骨のないすべての動物いなくなれ」と唱えるのです。

そうすると1年間、虫もネズミも寄りつきません。

  裁判に負けない

「マンドラゴン」の根を、人形の形に彫り、それを洋服の中に持っていると、裁判に負けないよう、守ってくれます。

ちょっと悪い人用のおまじないも・・・

  錠をはずしてしまう

ドロボー志願の人へ。

「へびのした」と呼ばれるシダの葉を、鍵穴にさしこむと、錠がカチリとはずれます。

 

  上級編。金庫を開けるには。

手に傷をつけ、「くまつづら」の葉をあてると、不思議な力が生まれてきます。その手で金庫を・・・・。

 

  暴力コース。遠くにいる人をぶつには。

 

「西洋はしばみ」の枝を持って、自分の部屋で、相手の名前を唱えながら、自分の前後左右を打つと、遠くにいる相手が、痛みにのたうちまわるのです。

  もっとこわいおまじない。

布や粘土で、その人の人形を作り、「さぼてん」の針で、ピッとつき刺すと、一瞬相手の意識が遠のいていく。

 

 

女性の味方のおまじない

  若さを保つ秘訣

ローズマリー、セージ、ういきょう、マルメロを混ぜて飲む。

望むだけの間、今の若さを保たせてくれる。

 

  自分の未来はどんなふう?

ワイン、ジン、ラム、水、酢をグラスに注ぎ、「ローズマリー」の小枝を浸して、枕もとに置きます。

その晩に見る夢が、あなたの未来予言です。

もう一つ、「くまつずら」の草をいれたお風呂に入る

。その晩見る夢も、未来。

 

変わり種では、こんなものも。おまじないというより・・・マジック?

  透明人間になる

「とりかぶと」で作った帽子をかぶると、見えなくなるのだ!?

 

  地中の財宝を発見する

「しだ」の胞子を空中に投げると、財宝が隠されている場所に落ちる。

 

  幽霊に質問する

「西洋やどり木」の小枝をもって、幽霊の出てきそうな空き家に行ってみると、たずねごとを何でも答えてくれます。

もちろん、その答えは正解。あなたに恨みがない限り。

 

  鳥と会話できる

「いぶきしだ」の灰を混ぜて作った、ガラスの指輪をはめると、鳥とおしゃべりができるそうです。

 

最後に、魔女を見抜くには・・・。

「アジアンタム」「えにしだ」「ヘンルーダ」「西洋きんみずひき」の束をもって、人ごみをじっと見ると、魔女だけが、くっきりと際だって見える。

宅急便屋のキキが隠れていても、すぐに見つかります。

もしも、自分が魔女だったとしたら・・・・ステキなんですが。

どうでしょうか。

 

スポンサーリンク

 

関連記事

5月7日 花のひとり言

5月7日の誕生花 いちご(葉) Strawberry 花ことば・・・愛と尊敬

記事を読む

2月14日 花の生態

2月14日の誕生花 カミツレ Chamomile 花ことば・・・逆境に負けぬ強さ

記事を読む

2月8日 花の生態

2月8日の誕生花 ゆきのした Saxifrage 花ことば・・・切実な愛情 ユ

記事を読む

6月1日 花の言い伝え

6月1日の誕生花 ばら Madien Blusk Rose 花ことば・・・わが心、君

記事を読む

4月26日 花の生態

4月26日の誕生花 みずたがらし Cardamine  Iyrata 花ことば・・・

記事を読む

12月29日 花の伝統

12月29日の誕生花 ほおずき Winter Cherry ナス科 原産地:北アメ

記事を読む

2月13日 花の名前

2月13日の誕生花 カナリーグラス Canarry Grass 花ことば・・・辛抱強

記事を読む

4月16日 花の神話

4月16日の誕生花 チューリップ Tulipa 花ことば・・・美しい瞳 ユリ科

記事を読む

9月30日 花の言い伝え

9月30日の誕生花 杉 Cedar 花ことば・・・雄大 マツ科 原産地:日本

記事を読む

4月8日 花のエピソード

4月8日の誕生花 えにしだ Broom 花ことば・・・博愛 マメ科 原産地:ヨ

記事を読む

 

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

 
   
  • カテゴリー

  •   RUN

    神奈川県在住の主婦&保育士。ガーデニング、おやつ作り、キャンプ、読書が趣味。
    現在3人の子どもとシュタイナー教育実践中。趣味のこと、育児について発信しています。

    詳しいプロフィール 

 
 
     
PAGE TOP ↑