*

わらべうた 鬼遊び-たなばたさん

公開日: : 最終更新日:2019/01/16 わらべうた, コダーイの音楽教育

     

たなばたさん(手ぬぐい落とし)栃木県

歌詞

たなばた たなばたさん しずかにわたって

こがねのゆび おにもしらぬまに ちょいとかくせ

いいわよ

 

遊び方

円になってしゃがみます。

円の外側をハンカチをもった鬼が回ります。

歌の間に誰かの後ろにハンカチを置きます。

歌の途中で気づけばまた最初から行いましょう。

歌が終わるまで気づかなければハンカチを置かれた子が鬼です。

 

遊びのポイント

鬼がまわっている間、円の子どもたちはちらちらと後ろを向いたりずっと後ろ手を組んでるといったことはなしにしましょう。

歌の途中で気づいた場合、鬼とハンカチを置かれた子の追いかけっこをしてもよいと思います。

鬼がハンカチを置かれた子の席に座ればセーフになります。

物まわしの歌で遊ぶこともできます。

一人、鬼を選んで少し離れた場所に後ろ向きで座ってもらいます。

ほかの子どもたちはみんなで輪になって座り、手の内に納まるくらいの小物を、歌いながら右方向へ回していきます。

「いいわよ」でまわすのをやめて、持っている子が両手で隠します。

ほかのみんなも持っているフリをします。

鬼が座っているみんなの周りをまわりながら、誰が小物を持っているかを当てますが、座っているみんなはヒントとして歌を歌います。

小物を持っている子のところに鬼が付いたら大きく歌い、離れていったら小さく歌うといった具合に鬼に教えてあげます。

 

わらべ歌にまつわる豆知識

七夕の行事は、中国から伝わった牽牛(けんぎゅう)と織女(しゅくじょ)の伝説と、手芸の上達を願う「乞巧奠(きっこうでん)」からきています。

もともとは宮中で行われていた行事ですが、江戸時代に入り、幕府が制定した「五節句(七草の節句・桃の節句・菖蒲の節句・星祭・菊の節句)」の中に七夕(星祭)が含まれました。

今では願い事をかいた短冊を笹に飾るだけですが、江戸時代にはひょうたんやそろばん、千両箱なども飾られたそうです。

また、現在でも「星の座」として祭壇が設けられ、瓜やなすび、桃、梨などが皿に盛られ、それぞれ2組ずつ揃えてお供えされるところもあるようです。

 

 

スポンサーリンク

 

関連記事

わらべうた 遊ばせ遊び歌-おおやまこやま

おおやまこやま (顔遊び) 熊本県 歌詞 おおやま こやま ひっかんどうに はちのす わにくち

記事を読む

わらべうた 輪あそびーおおなみこなみで

おおなみこなみで (輪遊び)東京都 歌詞 おおなみこなみで かぜがふいたら まわしましょ

記事を読む

まりつきうた-どんぐりころちゃん

どんぐりころちゃん (まりつきあそび) 徳島県 歌詞 どんぐりころちゃん あたまは とんが

記事を読む

手遊び歌-にいがたせんべ

にいがたせんべ (手遊び)新潟県 歌詞 にいがたせんべ しおせんべ どのせんべが やけたか

記事を読む

わらべうた 鬼決め歌-じょうりぎ

じょうりぎ(鬼決め)青森県 歌詞 じょうりぎ じょうりぎ じょばんの ていしゅ おっこのみ

記事を読む

わらべうた-せっくんぼ

せっくんぼ(押し合い遊び)鹿児島県 歌詞 せっくんぼせっくんぼ なかんやつぁせだせ せっく

記事を読む

わらべうた 鬼決め歌ーかくれかご

かくれかご (鬼決め)青森県 歌詞 かぐれかご とかごとになって かぐれろ  

記事を読む

わらべうた【いろいろな遊び方】

わらべうたには、歌に伴ったいろいろな遊び方(動き)があります。 一人で遊べるものから数人で遊べ

記事を読む

わらべうた 手遊び歌・おまじない-あいにさらさら

あいにさらさら  手遊び歌・おまじない  青森県 歌詞 あいに さらさら こがねに さらさら い

記事を読む

わらべうた-ふねだふねだ

ふねだふねだ (身振り遊び)愛知県 歌詞 ふねだふねだ かわらのふねだ   遊

記事を読む

 

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

PAGE TOP ↑