*

甘やかし?小学生の夏休みの宿題の意味ってなんですか?

公開日: : 最終更新日:2018/07/24 子育て日記

     


ニュースを見ていてふと目に止まった「宿題代行」という文字。

これはいったいなに事??と思って調べてみると、現代の教育の場がおかしくなっていることに気が付がつきました。

宿題代行サービスとは?

読書感想文に自由研究──そんな毎年悩まされる“夏休みの宿題”の数々をターゲットに、新たなビジネスが誕生。

なんと宿題を代行してくれるそうです。
 

毎夏200件超の依頼がくるなど、大盛況ぶりをみせている“宿題代行サービス”。
 

『宿題代行屋Q』は7人体制で毎夏、200件以上をこなすほど!

6月から依頼が入り始め、7月下旬には手いっぱいで受け付けは終了。

読書感想文の依頼が最多で、自由研究は全体の3割ほどだとか。
 

模型の飛行機や自作のガチャガチャが人気だが、押し花やクイズ本づくりなど特殊な依頼もあるそうです。

観察や研究レポートなら5~6枚で1万5000円。

学校で1学期に習った内容を尋ね、先生受けがよさそうな、発展学習につながるものを提案することもしているそう。
 

そして納品後は子ども本人が書き直すことが条件。

依頼を受けるのは小学3年生から中学3年生くらいの母親からの依頼が9割。

“時間の無駄”“宿題の量が多すぎる”など、高学歴でお受験志向の母親からの相談が圧倒的に多いとか。
 

現在は『宿題代行屋Q』の代表であり前職が塾講師だった板津さんは、こんな疑問を抱いているそうです。

「朝9時から夜22時まで塾に通い、その後で学校の宿題。私立の場合、毎日やっても間に合わない量で、無駄な宿題が多すぎる。本当に全部やらせる必要があるんでしょうか」

 

「ネットからの盗作で仕上げる代行業者も多いけど、学校の先生にバレた事例もあると聞くので、オリジナルを心がけています。最後は子どもに書き直してもらうのがベストですが、手書きの50音を送ってもらい、その字をまねて仕上げるときもあり、さすがに多少の後ろめたさはありますね」

スポンサーリンク

まとめ

・・・・いったい何のための宿題なのか本末転倒な気がしてなりませんね。

子どものことを思ってなのか、同情してなのか・・・子どもを金儲けの道具としか見ていないような気がしてしまいます。

こんなところに力を入れるよりも、子どもの未来を考えて、今、子どもたちに何が必要なのか、どんな力をつけさせたいのか、現代の
大人たちはもっと考えてほしいと思うニュースでした。

スポンサーリンク

 

関連記事

サンタクロースはどこからきた?起源と由来

12月6日は聖ニコラウスの日でした。 シュタイナー学園では、この「ニコラウスの日」を大切な行事

記事を読む

夏の暑さ、ひと休み

昨日は関東で大雨が降ったようですね。そして昨夜は地震もあったとか。 自然の力のすごさを感じやすい時

記事を読む

シュタイナー幼稚園のクリスマス会

シュタイナー幼稚園、はじめての一年。 すべての行事が私をワクワクさせます。 今日は幼稚園

記事を読む

はじめてのシュタイナー人形劇 体験記

シュタイナーの人形劇 シュタイナー幼稚園の親子クラスに行っていた時に、初めてシュタイナーの人形劇と

記事を読む

親の中のミカエルの剣

ミカエルのお話を聞いてから、少し私自身の中で何かが変わってきたような気が しています。子どもたちが学

記事を読む

癒しの時間 聖マルティン祭 

聖マルティン祭というものをご存知でしょうか? わたしは全く知らずにいましたが、今回シュタイナー

記事を読む

テレビと育児シュタイナー教育との出会い

我が家のテレビのない生活を始めて、6.7年くらいたつでしょうか。テレビを見ないことで時間に縛られるこ

記事を読む

調べたことを整理して発表する4年生の授業

4年生の長女にでた冬休みの宿題がありました。 その内容は 「自分の好きな動物を選んで、そ

記事を読む

シュタイナー教育を実践!体感したことをまとめてみた【未就園児クラス編】

シュタイナー教育を実践している3児の母です。 子どもが生まれて、子育てが始まり、子どもってどうやって

記事を読む

夏休み宿題

夏休みの宿題 子どものやる気をひきだす量ってどのくらい?シュタイナー教育の宿題量は・・・

学校も夏休みに入り子どもたちは宿題を持って帰ってきました。 4年生の長女は 「さ

記事を読む

 

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

 
     
     
PAGE TOP ↑