*

わらべうた-らかんさん

公開日: : 最終更新日:2019/01/16 わらべうた, コダーイの音楽教育

     

らかんさん(物まね遊び)静岡県

歌詞

らかんさんが そろったら まわそじゃないか

よいやさのよいやさ よいやさのよいやさ

 

遊び方

円になって歌いながら隣の人の真似を一動作遅れてしていきます。

だんだん歌を速めていきましょう。

動作は「よいやさ」でまわします。

その他は手拍子(タンウンタンウンのリズム)です。

 

遊びのポイント

もともと大人の酒席から生まれたと思われる遊びです。

あそび方として、腕や片足を組んでまわるやり方もありますが、難しいようであれば物まねをまわすだけでも楽しめます。

また、片足を組まなくても腕を組んで片足立ちし、ケンケンの状態で遊ぶこともできます。

 

わらべ歌にまつわる豆知識

「羅漢さん」とはお釈迦様のお弟子さんのこと。

「阿羅漢」ともいい、尊敬を受けるにふさわしい聖者のことをいいます。

また、仏勅を受け、衆生済度の役割をもった人のことを十六羅漢と呼び、お釈迦様の没後、経典をまとめた500人の仏弟子は五百羅漢と呼ばれました。

日本各地にある五百羅漢の像は一つ一つ様々な表情をしており、懐かしい人の面影に必ず会えるといわれています。

もともとこの「羅漢まわし」という遊びは江戸時代、大人の酒席で始まったと伝えられています。

物まね遊びを楽しむ歌ですが、現在では「羅漢さん」が「落下傘」に、さらには「ロケットがそろたら」となり、腕や片足を隣の人と組み、歌いながらまわる遊び方になっている地域もあります。

 

 

スポンサーリンク

 

関連記事

音楽教育の基礎 わらべうた  

子どもに音楽の楽しさを知ってもらうには、わらべうたがとても効果的です。 なぜわらべうたが良いの

記事を読む

わらべうた 遊ばせ遊び歌-あがりめさがりめ

あがりめさがりめ  遊ばせ遊び歌(顔遊び) 山口県 歌詞 あがりめ さがりめ くるっとまわって 

記事を読む

指あそび歌-こどもとこどもと

こどもとこどもと (指あそび) 歌詞 こどもとこどもと けんかして くすりやさんが とめた

記事を読む

わらべうた 季節の歌ーしんわりたんわり

しんわりたんわり 季節の歌(夏)京都府 歌詞 しんわり たんわり もものき ももが な

記事を読む

わらべうた 手遊び歌-しのだのもりの

しのだのもりの 手遊び歌 山梨県 歌詞 しのだの もりの きつねが こんちきち こん こん

記事を読む

わらべうた 季節の歌-つくしはつんつん

つくしはつんつん  季節の歌(春)千葉県 歌詞 つくしは つんつん でるもんだ わらび

記事を読む

わらべうた 鬼遊び-やまとのやまとの

やまとのやまとの(つかまえ鬼)大阪府 歌詞 やまとの やまとの げんくろはん おあすび &

記事を読む

わらべうた-ほうしほうし

ほうしほうし(数遊び)岡山県 歌詞 ほうし ほうし いっぽんほうしは でぬもんじゃ おやこ

記事を読む

まりつき歌-加藤清正

加藤清正(まりつき)鹿児島県 歌詞 かとうきよまさ うまのってほい あとから けらいが た

記事を読む

わらべうた 遊ばせ遊び(触れ遊び)-いっぽんばし

いっぽんばし (触れ遊び)山梨県 歌詞 いっぽんばし こーちょこちょ にーほんばし こーち

記事を読む

 

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

PAGE TOP ↑