*

わらべうた-らかんさん

公開日: : 最終更新日:2019/01/16 わらべうた, コダーイの音楽教育

     

らかんさん(物まね遊び)静岡県

歌詞

らかんさんが そろったら まわそじゃないか

よいやさのよいやさ よいやさのよいやさ

 

遊び方

円になって歌いながら隣の人の真似を一動作遅れてしていきます。

だんだん歌を速めていきましょう。

動作は「よいやさ」でまわします。

その他は手拍子(タンウンタンウンのリズム)です。

 

遊びのポイント

もともと大人の酒席から生まれたと思われる遊びです。

あそび方として、腕や片足を組んでまわるやり方もありますが、難しいようであれば物まねをまわすだけでも楽しめます。

また、片足を組まなくても腕を組んで片足立ちし、ケンケンの状態で遊ぶこともできます。

 

わらべ歌にまつわる豆知識

「羅漢さん」とはお釈迦様のお弟子さんのこと。

「阿羅漢」ともいい、尊敬を受けるにふさわしい聖者のことをいいます。

また、仏勅を受け、衆生済度の役割をもった人のことを十六羅漢と呼び、お釈迦様の没後、経典をまとめた500人の仏弟子は五百羅漢と呼ばれました。

日本各地にある五百羅漢の像は一つ一つ様々な表情をしており、懐かしい人の面影に必ず会えるといわれています。

もともとこの「羅漢まわし」という遊びは江戸時代、大人の酒席で始まったと伝えられています。

物まね遊びを楽しむ歌ですが、現在では「羅漢さん」が「落下傘」に、さらには「ロケットがそろたら」となり、腕や片足を隣の人と組み、歌いながらまわる遊び方になっている地域もあります。

 

 

スポンサーリンク

 

関連記事

わらべうた 季節の歌ーせんまいづけ

せんまいづけ  季節の歌(冬)京都府 歌詞 せん まい づ け どぼ づけ  

記事を読む

音楽教育の基礎 わらべうた  

子どもに音楽の楽しさを知ってもらうには、わらべうたがとても効果的です。 なぜわらべうたが良いの

記事を読む

季節の歌ーあぶくたった

あぶくたった 季節の歌(冬)福井県 歌詞 あぶく たった にえたった にえたか どう 

記事を読む

わらべうたという日本文化

子どものあそび、そのなかには、遠い祖先の信仰や習慣がふくまれています。 特に、わらべ唄のなかに

記事を読む

季節の歌ーまつぼっくりがあったとさ

まつぼっくりがあったとさ 季節の歌(秋)群馬県 歌詞 まつ ぼっ くりが あっ たとさ

記事を読む

季節の歌ーあわもちねれねれ

あわもちねれねれ 季節の歌(冬)三重県 歌詞 あわもち ねれねれ ねれたら ほっつけな

記事を読む

【小学生のわらべうたあそび】かごめといもむし

かごめといもむし <年長・小学生向き>   あそび方 1.「かごめグループ」

記事を読む

わらべうた-じごくごくらく

じごくごくらく(ゆすり遊び)広島県 歌詞 じごくごくらく えんまさんのまえで おきょうをよ

記事を読む

わらべうた-ふねだふねだ

ふねだふねだ (身振り遊び)愛知県 歌詞 ふねだふねだ かわらのふねだ   遊

記事を読む

わらべうた 鬼あそびーおおまたこまた

おおまたこまた(つかまえ鬼)東京都 歌詞 おおまた こまたか かけあしか  

記事を読む

 

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

 
     
     
PAGE TOP ↑