*

子どもの片付けの仕方

公開日: : 子育て日記

     

夏休みに入ったので、そろそろ部屋の荷物を片付けようと、子どもと一緒に取り
掛かってみました。子どもは、「片付けのやり方を教えてやらないとできるように
はならない」と聞いたことがあったので、わかりやすいように分類分けをしてみま
した。

「必要なもの」「必要ないもの」「よくわからないもの」この3つ。
とりあえず持っているもの(おもちゃとか)をすべて出して、一つずつ分けていく
のです。そして娘たちの個性が発揮されましたー。
長女はほぼ全捨て。・・・・Σ(゚Д゚;≡
次女は捨てられずにため込む。(◎_◎;)
末っ子長男はどうするのかなぁとみていると・・・普通に遊んでましたぁ( ´∀` )
親が勝手に捨てたりするのもよくないだろう、、と思って自分たちに任せてみたが、
う~ん(~_~;)親としてはちょっと複雑な気持ちになりましたね。
苦労して手作りしたプレゼントが捨てられていたり、高かったおもちゃも、
もういらない、と「必要ないもの」ゾーンへ。
かと思うと「必要なもの」は折り紙で折ったよくわからないものだったり、おまけ
でもらったおもちゃだったり・・・。
まぁ本人たちにとっては大事なものなんだろうけれど。。
そして結局、「必要ないもの」ゾーンに集まった物たちは甥、姪っ子にあげようか、
リサイクルに出そうか考えながら私に回収されるのでした。
親と子供の価値観って当たり前だけど、全然違うから時々戸惑ってしまいます。
子どもは子どもの意見があって当然と思うので、尊重してあげたいとも思っている。
そうは思っても、でもやっぱりそれはちょっと違うよってこともある。そして親の
思うようには、これまたなかなかいかないのが子育てなのです(◎_◎;)
子どもは親の価値観をみて育ちます。気遣いだったり、物を大切に扱う事だったり、
何かに対する意識の向け方だったり。学校では教えてくれないことを、家庭の中で
教えていかなくては!!とは思っているけれど、夫婦といえども価値観の違う大人が二人!!
子どもを前にして価値観の違う二人だから、二人の子どもは全く違う行動をとったの
だろうなぁと推測。
そうやって見てみると面白いけれど、実際は頭を抱えてしまう母なのでした。

スポンサーリンク

 

関連記事

ぶどうの収穫

我が家には5年前に植えたぶどうの木があります。そのぶどうがたわわに実をつけた ので、この週末は家で

記事を読む

クリスマスアドベントの意味

子どもたちの通っている学園ではアドべントの集いという催しの準備が始まりました。 そもそもアドベ

記事を読む

「くり返し」が子どもを安心させます

シュタイナーは、ちいさな子どもの暮らしには、リズムが必要だと話しています。 それはなぜ?日本シュタイ

記事を読む

お父さんとの散歩

今回は上の子二人が祖父母に旅行へ連れて行ってもらったので、末っ子長男と旦那と 3人で過ごしました。

記事を読む

2歳児イヤイヤ期突入?!

わが家の2歳児はとてもよくおしゃべりをするようになり、そしてとてもよく「いや」 を使うようになりま

記事を読む

親の中のミカエルの剣

ミカエルのお話を聞いてから、少し私自身の中で何かが変わってきたような気が しています。子どもたちが学

記事を読む

子どもたちのやる気

お昼になると「おなかすいたーーー!!ごはんまだぁ??」の声が飛び交う。 小学生にもなると食べる量も

記事を読む

サンタクロースはどこからきた?起源と由来

12月6日は聖ニコラウスの日でした。 シュタイナー学園では、この「ニコラウスの日」を大切な行事

記事を読む

3年生 家づくり開始 

  シュタイナー学校では3年生(9歳)は世界との出会いの時期だといいます。 自我が芽生え

記事を読む

涙の登園

末っ子長男が幼稚園に通い始めて、はや1か月。 当初は泣いていた幼稚園も、数日ですんなり行くようにな

記事を読む

 

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

PAGE TOP ↑