*

わらべうた 鬼決めうたーへらへらのかみさま

公開日: : 最終更新日:2019/01/16 わらべうた, コダーイの音楽教育

     

へらへらのかみさま (鬼決め)愛知県

歌詞

へらへらの かみさまは しょうじきな かみさまで

おささのほうへと むかしゃんす それむかしゃんす

 

遊び方

中央の子は割りばしなどの先を曲げて両手ではさみ、歌いながらくるくるまわします。

(周りの円の子は手をつないで右方向へまわる)

歌い終わったとき、その方向に当たった子が鬼になります。

木の枝を用いてもいいですね。

 

遊び方のポイント

ちょっと珍しい鬼決め歌ですが、「かぐれがご」などと同じようにあそんでよいでしょう。

その場合は、言葉の切れ目を意識するように心がけて下さい。

「へらへらの」の“の”、「かみさまは」の“は”は、「しょうじきなかみさまで」の“で”など、言葉のリズムが止まるところを子どもたちに感じさせましょう。

動作と言葉のつながりを感じることで、リズム感が自然と身に付いていきます。

普通の鬼決めとは少し違って、歌の長さで誰が当たるか推測できるわけではないところに面白さがあると思います。

 

わらべ歌にまつわる豆知識

この歌は「おへら祭」に由来する鬼決め歌で、愛知県名古屋市にある熱田神宮で行われる「酔笑人神事(えようどしんじ)」」(「オホホ祭り」とも呼ばれる)から生まれたものであるといわれてます。

この「オホホ祭り」は祝詞などがなく、暗い境内の中で数人の神宮が輪になり、一人がしゃがんでお面を叩きながら「オホホ オホホ」と笑うと、笛が吹かれて今度は全員が一斉に「オホホ オホホ」と高笑いをし始めます。

見ている人には不思議なお祭りのようですが、神秘的な神事であり、天下の奇祭と伝えられています。

 

 

スポンサーリンク

 

関連記事

遊ばせ遊び歌-おおやまこやま

おおやまこやま 顔遊び 熊本県 歌詞 おおやま こやま ひっかんどうに はちのす わにくち

記事を読む

季節の歌ーあわもちねれねれ

あわもちねれねれ 季節の歌(冬)三重県 歌詞 あわもち ねれねれ ねれたら ほっつけな

記事を読む

わらべうた【なわとびうた】

わらべうたを歌いながら、数人で跳ぶ、なわとび遊び。 昔から歌われている歌から、最近できた新しい

記事を読む

知っていますか?わらべうたの種類と童謡との違い

「カラスがなくから か~えろ♪」 日が暮れて、友だちがひとりふたりと帰っていくなか、少し寂しさ

記事を読む

わらべうた-こめやさん

こめやさん(背負い遊び)東京都 歌詞 こめやさん つぎやさん ぎったらこん ばったらこん

記事を読む

わらべうた【手遊び歌】

昔から遊ばれている手遊び歌は、時代を経て、時に形や歌詞を変えて受けつがれています。 自分が子ど

記事を読む

わらべうた 鬼あそびーおおまたこまた

おおまたこまた(つかまえ鬼)東京都 歌詞 おおまた こまたか かけあしか  

記事を読む

教育の種類 世界の幼児教育のまとめ

モンテッソーリ、フレーベル、フレネ、シュタイナー、ニキーチン、コダーイ・・・世界には今日までに、子ど

記事を読む

手遊び・占いーぺんときておっぺんぺん

ぺんときておっぺんぺん                 手遊び・占い歌 栃木県 歌詞 ぺん 

記事を読む

季節の歌ーひよりにあめがふりゃ

ひよりにあめがふりゃ        季節の歌(夏)高知県 歌詞 ひよりに あめがふりゃ きつ

記事を読む

 

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

 
     
     
PAGE TOP ↑