*

体が喜ぶ!旬の食材 旬を知って健康な体つくりを

公開日: : 最終更新日:2021/11/11 食事

     

最近ではハウス栽培や養殖などで、1年中店頭に並ぶ品物が増えています。

しかし、本来の収穫時期にとれたものを食べることは、体調を整えるために大切なこと。

食べ物の旬を知って、毎日の献立に役立ててみませんか?

 

目次

どうして旬のものはおいしいの?

第一に旬の時期にはたくさん収穫ができるので、

1:鮮度のいいものが手に入りやすい

2:安く手に入る

3:栄養価が高い

私たち人間も自然の中で生きる動物。動物たちと同じようなリズムで自然とともに生きています。

旬のものは、その時期の体に必要なものをきちんと含んでいるので、暑い夏には体を冷やし、秋には寒い冬に向けて体整え、冬には冷えた体を温め、春には眠っていた体を呼び起こす。

旬のものを食べていれば、一年中快適に過ごすことができるんです。

 

春が旬の食べ物 >>3月4月5月

冬の眠っていた体を目覚めさせましょう。

芽吹きの季節にとれる食材は、山菜など代謝を促進させる効果のあるもの、心身ともにデトックス&アンチエイジングの効果のある食材がたくさんあります。

自然に美しくを目指しましょう。

【キャベツ】3~6月胃腸がもたれるときに

[こんな時に効く!]
胃腸の働きを強化。カルシウム豊富なのでイライラ解消も。

[おいしい見分け方]
形がよくて、重いもの。みずみずしく、外側の葉が濃い色のもの。

[保存方法]
ラップや新聞紙に包み、冷蔵庫で保存。芯をくり抜き濡らしたキッチンペーパーを詰めておくと長持ち。

【いちご】3~5月:ビタミンC は美人の素

[こんな時に効く!]
ビタミンCが豊富でシミやしわを防ぐ美肌効果あり。風邪予防にも。

[おいしい見分け方]
実は鮮やかな赤、ヘタの濃い緑色のもの。

[保存方法]
洗わずヘタをつけたままで、ラップで包み冷蔵庫に。

【じゃがいも】5~6月(秋が旬のものもあり)お肉を食べすぎたときの味方

[こんな時に効く!]
肉食の毒をデトックス。低カロリー、食物繊維が豊富で、ダイエット効果もあり。

[おいしい見分け方]
表面がなめらかでハリのあるもの。芽が出ていないものほど新鮮。

[保存方法]
風通しのいい冷暗所で保存。使いかけのものはラップで包み冷蔵庫に。

【玉ねぎ】3~4月(秋が旬のものもあり)心と体の疲れを癒す

[こんな時に効く!]
疲労や食欲不振、不眠、イライラなど心と体の疲れを癒してくれる。

[おいしい見分け方]
皮が乾いていて光沢のあるもの。芽が出ているもの、やわらかいものは避ける。

[保存方法]
風通しのいい冷暗所か冷蔵庫に。使いかけのものはラップで包み冷蔵庫に。

【アスパラガス】3~6月代謝を高めて若返り効果

[こんな時に効く!]
新陳代謝を高める働きがあるので、若返り効果が。美肌づくりに必要な栄養がいっぱい。

[おいしい見分け方]
穂先がかたくしまっていて、茎に筋がないもの。

[保存方法]
ラップや新聞紙で包み、冷蔵庫で立てて保存。

【あさり】3~5月(秋が旬のものもあり)二日酔いがつらい朝に

[こんな時に効く!]
鉄分が豊富で貧血予防に。肝機能を強めるので二日酔いの予防にも。

[おいしい見分け方]
殻の模様がはっきりしていて、口が開いていないもの。

[保存方法]
塩水で塩抜き、密閉容器に入れ冷蔵庫に。冷凍する場合は塩抜き後、水気を拭き取って保存袋に。(3週間)

【そら豆】5~6月むくみが気になったら

[こんな時に効く!]
水分の代謝を促すので、むくみが気になるときや尿の出が悪い時に。

[おいしい見分け方]
さやに弾力があり、色もつややかで、さやから見ても粒の形が均一なもの。

[保存方法]
ビニール袋に入れて冷蔵庫に。または固ゆでして冷凍保存。

【たけのこ】4~5月体中の毒をデトックス

[こんな時に効く]
体にたまった毒素を排出するデトックス効果が。便秘解消にも効く。

[おいしい見分け方]
穂先が黄色みがかったもの、皮全体が淡い黄色で色つやがよく、切り口が白くみずみずしいもの。

[保存方法]
ゆでて密閉容器に入れ、水に浸して冷蔵庫で保存。水は毎日入れ替える。⁽1週間)佃煮にしておくのもおススメ

【さくらんぼ】5~7月貧血を解消し、血行を良くする

[こんな時に効く]
疲労や貧血の解消に、糖尿病、冷え性などにも効果が。血液サラサラ&整腸作用も。

[おいしい見分け方]
実は皮はつややかでハリがあり、軸は青くかたいものを。皮に斑点があるものは避ける。

[保存方法]
常温で3日間。冷蔵庫の場合は水分が蒸発しないようにラップをかけて。冷蔵庫保存は甘味が飛ぶので一晩を限度に。

【マッシュルーム】3~6月(秋が旬のものもあり):肌、髪にアンチエイジングに効果

[こんな時に効く]
代謝や細胞の成長を促進し、肌、髪などにアンチエイジング効果が。コレステロールを下げる効果も。

[おいしい見分け方]
肉厚で、軸が太く、傘が開きすぎていないもの。白いものは全体が真っ白なもの。茶色いものは全体の色が均一なもの。

[保存方法]
ビニール袋か紙袋に入れて冷蔵庫で保存。生の場合は早めに調理して。

【メバル】3~7月(黒メバルは秋~冬が旬)コラーゲンでお肌にハリ

[こんな時に効く]
ストレスを抑え、記憶力を高める効果が。コラーゲンも豊富でハリのあるお肌つくりに。

[おいしい見分け方]
目は濁りがなく、澄んだもの。17~18㎝くらいの大きさが一番脂がのっている。

[保存方法]
冷凍する場合はラップやフリーザーパックに入れ、なるべく空気に触れないように保存。

【もずく】3~5月放射能を排出する働きも

[こんな時に効く]
ミネラルや鉄分も豊富、低カロリーなのでダイエットの強い味方。貧血や骨粗鬆症の予防にも。

[おいしい見分け方]
磯の香りがよく、やわらかいものを。泥臭いものは鮮度が落ちた証拠。

[保存方法]
生ものは保存パックに入れて冷蔵庫に(1週間)。塩蔵の場合は小分けにして冷凍保存すると便利。

【にんにく】5~8月食欲不振、疲労回復に

[こんな時に効く]
食欲不振の解消や滋養強壮、風邪予防に、老化防止の効果が。便秘や肌荒れにも。

[おいしい見分け方]
皮の色が白くて、触ったときに固くて重量感のあるものを。

[保存方法]
皮ごと新聞紙に包んで冷蔵庫で保存。醤油やみそ、オイル漬けにすれば、さらに長期保存が可能。

【お茶】4~5月:花粉症も眠気もスッキリ

[こんな時に効く]
花粉症対策のほかにカテキン効果で眠気もスッキリ。コレステロールの吸収を抑えるのでダイエット効果も。

[おいしい見分け方]
煎茶ならば、形が揃っていて、緑が鮮やかで色の濃いものを。

[保存方法]
冷暗所にて保存。量がたくさんある場合は、封を切らずに冷凍庫で。

【ぜんまい】3~6月:利尿作用で体を整える

[こんな時に効く]
がんや動脈硬化、風邪予防に。利尿作用で体の調子も整う。貧血や便秘にも効果あり。

[おいしい見分け方]
綿毛に覆われ香りが強いと新鮮。穂先はきれいな渦巻き状のものを。

[保存方法]
塩ゆでし、塩水とともに空気を抜いた袋に入れ冷蔵保存。ゆでた後に天日干しにして乾燥させてもOK。

【レタス】4~6月:イライラや睡眠不足に

[こんな時に効く]
睡眠不足やむくみ、便秘の防止に。イライラを抑えるリラックス効果も。

[おいしい見分け方]
切り口が10円玉くらいの大きさで白く、葉はゆるやかに巻いてあるもの。葉色のグリーンは淡い方が新鮮。

[保存方法]
切り口の白い汁を洗い流し、水分を含ませたペーパーを当てる。ビニール袋に入れて冷蔵庫で保存。

 

夏が旬の食べ物 >>6月7月8月

太陽の季節。暑くて食欲はないし、日焼けも気になる。

暑さで食欲もなくなりがちですが、夏の旬の食べ物には、夏バテ解消や水分補給の働きがあります。

そんな夏も旬の食材なら乗り切れます。もう夏バテも紫外線もこわくない!?

日焼けによるシミやしわを予防してくれる食材も要チェック。

 

【新生姜】6~8月(ひね生姜は9~11月)消化を強め、食欲アップ

[こんな時に効く]
体を温めるので冷え症に。消化機能の促進やデトックス効果、下痢、便秘の解消も。

[おいしい見分け方]
白い部分が白く、ピンクの部分が鮮やかなピンクのもの。傷がないもの。

[保存方法]
水分を切り、ラップにくるんで冷蔵庫で保存(1ヶ月)。すりおろしたものは小分けにして冷凍庫で保管すると便利。

【ゴーヤ】7~8月(特に8月):夏バテ解消効果抜群!

[こんな時に効く]
独特の苦みには食欲増進に効果が。夏バテ防止にはもちろん、美肌つくりにも効果。

[おいしい見分け方]
いぼが密集していて、ずっしりと重量感のあるもの。つやがあり、緑色が鮮やかだと新鮮。

[保存方法]
種と白い綿と取り除き、水気をよく切ってからラップをして保存。スライスして冷凍してもOK.

【パイナップル】6~8月:お肉の消化を助けてくれる

[こんな時に効く]
疲労回復や夏バテ防止、美肌効果、消化促進のほか、食物繊維が豊富なので便秘解消に。

[おいしい見分け方]
お尻の部分が太いものは甘味が強い。葉が枯れて香りが強くなってきたら食べごろ。

[保存方法]
熟していなければ、常温で。熟せば2日くらい、冷蔵庫で1週間。カットして冷凍保存し、凍ったまま食べても◎。

【空心菜】6~8月油と一緒にとるとよりいい

[こんな時に効く] 
肩こりや頭痛、美肌つくりに効果あり。老化や貧血、生活習慣病の防止にも。

[おいしい見分け方]
葉や茎にハリがあり、緑色が鮮やかでみずみずしいものを。

[保存方法]
水で湿らせたキッチンペーパーなどに包んでからビニール袋に入れて、冷蔵庫で保存。

【きゅうり】7~8月冷房による体調不良に

[こんな時に効く]
夏バテの疲労の回復や、冷房による体調不良、むくみに。二日酔いにも効果あり。

[おいしい見分け方]
表面のとげは鋭いと新鮮。緑色が濃く、太さが均一なものを。黄色みがかったものは避けて。

[保存方法]
水気をよく拭き取り、新聞紙にくるんで常温か冷蔵庫で保存。ヘタの部分を上にして立てて保存。

【なす】8~9月体を冷やしてくれる

[こんな時に効く]
体を冷やす効果があるので暑さが強い時に。高血圧や便秘、肥満防止にも。

[おいしい見分け方]
ヘタの色が黒く、ガクのとげが鋭いものを。皮の色は濃く、ツヤとハリがあるものがベター。

[保存方法]
低温に弱いため、新聞紙に包んだりビニール袋に入れて常温保存。冷蔵庫で保存するときはビニール袋に入れて。

【トマト】6~8月リコピンで日焼け対策

[こんな時に効く]
リコピンの働きでシミやそばかす、しわの予防や美白効果。整腸作用も。

[おいしい見分け方]
裏側の星のような印がはっきりしているものが甘い。ヘタは緑で、皮は赤くハリがあるものを。

[保存方法]
完熟したものはビニール袋に入れて冷蔵庫で保存。緑の部分がある場合は常温保存で完熟させて。

【とうもろこし】6~8月むくみをスッキリ解消

[こんな時に効く]
むくみの除去やコレステロールを低下させる働きがあります。髭の部分は煎じて飲むと夏バテ&むくみ防止になります。

[おいしい見分け方]
皮は鮮やかで深い緑色、髭は褐色、粒は均一でびっしりとついたものを。

[保存方法]
鮮度が落ちやすいため、手に入れたその日のうちにゆでて、冷蔵庫か冷凍庫で保存。

【しそ】6~7月水太り解消に効果あり

[こんな時に効く]
食欲促進や健胃作用に、咳・たんの緩和。花粉症などのアレルギーにも効果あり。

[おいしい見分け方]
葉先までぴんとしていて、色は変色がなく鮮やかなもの。香りが強いものも◎

[保存方法]
水を含ませ、しぼったキッチンペーパーなどで包み、タッパーやビニール袋にいれて冷蔵保存。

【あゆ】6~8月:ホルモンバランスを整える

[こんな時に効く]
骨粗しょう症や骨軟化症、高血圧の防止のほか、ストレス緩和や生殖能力の増進も。

[おいしい見分け方]
全体が黄褐色でおなかにハリがあり、胸びれの上の黄色の斑点が鮮やかなものを。

[保存方法]
空気に触れないようラップをし、冷凍保存。甘露煮などに調理して保存しても。

 

【モロヘイヤ】7~9月:野菜ナンバー1の栄養価

[こんな時に効く]
カロテン、ビタミンCなど様々な栄養価がトップクラス。青菜の少ない夏場の貴重な栄養源で、夏バテや胃の疲れ解消に強い味方。

[おいしい見分け方]
葉先や茎の切り口が黒ずんでない新鮮なもの、葉の緑が濃くハリがあるもの。

[保存方法]
葉をタッパーなどに入れて冷蔵保存。またはさっとゆでて冷凍保存。

【メロン】5~8月:飲み会の翌朝におすすめ

[こんな時に効く]
体内の塩分調整やコレステロール低下、二日酔いした朝にも効果が。

[おいしい見分け方]
網目のある品種は網目が盛り上がり、ハリのあるものを。網目がないものは変色がないものを。

[保存方法]
種を取り除き、ラップをして冷蔵庫へ。(2~3日間)ジュースやシャーベットにしてもOK。

 

【梅】6月:夏のお弁当を雑菌から守る

[こんな時に効く]
クエン酸の効果で夏バテ防止や疲労回復。消化吸収を促進するので、下痢や便秘にも効果あり。

[おいしい見分け方]
青梅は固くて粒がそろっているものを。傷や斑点があるものは鮮度が落ちているため、避けて。

[保存方法]
梅干しや梅シロップ、梅酒、梅ジャムなどに加工して保存。

 

【ブルーベリー】6~7月:目の疲れや痛みに

[こんな時に効く]
疲れ目やかすみ目、視力回復に。がんや高血圧、生活習慣病の予防にも。

[おいしい見分け方]
実が大きくてハリがあり、色も濃く鮮やかなもの。白い粉(ブルーム)が均一についているもの。

[保存方法]
冷凍しても風味が損なわれにくいため、水分を良く拭き取り、フリーザーパックなどに入れて冷凍保存。

 

【カツオ】5~6月:胎児から老人まで頭がよくなる

[こんな時に効く]
疲労回復や貧血予防、コレステロールの減少、記憶力アップなどの効果が。

[おいしい見分け方]
切り身なら血合いがはっきりしていて赤色が鮮やかなもの。茶色に変色しているものは避けて。

[保存方法]
刺身やたたきで余った場合は、カツオフレークや角煮、カツオでんぷなど調理して冷蔵・冷凍保存。

 

【アジ】5~7月:頭痛、肩こりに

[こんな時に効く]
記憶力アップや老化防止に。コレステロールの低下、血栓や心筋梗塞などの予防にも。

[おいしい見分け方]
目は濁りがなく、エラは新鮮な紅色。ヒレはピンとハリがあり、腹が高く盛り上がっているものを。

[保存方法]
みりん干しにしたり、身をほぐしそぼろにして冷凍するなどすれば、保存も可能。

 

秋が旬の食べ物 9,10,11月

ついつい食べすぎちゃうほど、何でもおいしい実りの季節。

食べ過ぎで肥満、便秘にならないように食物繊維を忘れないで。

旬のものをうまく取り入れればおいしいうえにヘルシー。乾燥しているので美肌効果のある食材も。

そうして夏の疲れを癒し、冬への準備をしましょう。

 

【栗】9~10月:足腰の疲れも回復させる

[こんな時に効く]
食物繊維が豊富なので便秘解消に。疲労回復や貧血予防、血糖値を下げる効果も。

[おいしい見分け方]
皮にツヤがあり、ずっしりと重みのあるものを。黒みがかったものは古い可能性があるので避ける。

[保存方法]
新聞紙やビニール袋にいれて冷蔵庫で保存。また、ビニール袋にいれて冷凍すれば半年ほど保存ができる。

 

【しめじ】9~10月:食欲を抑えてくれる成分も

[こんな時に効く]
胃腸の働きを整え、髪や皮膚の老化を防止。美肌効果もあり、低カロリーなのでダイエット食品としても◎。

[おいしい見分け方]
カサにハリがあり丸く、根元は白くて膨らんでいるもの。カサが白いものは避ける。

[保存方法]
水気をよくふき取り、ラップをして冷蔵庫へ。子房に分けて冷凍保存してもOK.

 

【キウイ】10~12月:1個で一日に必要なビタミンが

[こんな時に効く]
ビタミンCが豊富で、肌荒れに効果が。消化を助けるので肉類を食した後に。便秘解消にも。

[おいしい見分け方]
表面のうぶ毛が揃っていて、軽く握ったときに弾力がある。皮は黒くなく薄茶色のもの。

[保存方法]
熟すまでは常温保存。リンゴやミカンと一緒にビニール袋に入れておくと早く熟させることができる。

 

【梨】9~11月:解熱作用&風邪に効く

[こんな時に効く]
高血圧の改善や便秘の解消、疲労回復など。解熱作用があるので風邪気味の時にも。

[おいしい見分け方]
皮の色むらがなく、軸がしっかりしたものを。皮のザラザラ感は熟すにつれてツルツルになる。

[保存方法]
乾燥を防ぐため、ビニール袋に入れたり新聞紙に包んで冷蔵庫(できれば野菜室)にいれる。

 

【お米】9~11月:すべての栄養素をバランスよく。

[こんな時に効く]
米は大切なエネルギー源。玄米なら便秘解消や疲労の回復。雑穀米なら不足しがちな栄養素を摂取できる。

[おいしい見分け方]
表示をチェックし、なるべく新しいものを。新米を炊くときは水加減を少なめに。

[保存方法]
風通しがいい冷暗所か、密封容器に小分けして冷蔵庫で保存。虫よけに鷹の爪を一本入れるとよい。

 

【さつまいも】9~10月(貯蔵されて水分の少なくなった1~3月頃も味がよい):便秘解消&美肌づくり

[こんな時に効く]
腸の働きを活発にするため、便秘解消・改善に。風邪予防や美肌づくりにも効果が。

[おいしい見分け方]
紅色が濃く、太くてずっしりと重量感があるものを。髭が多かったり斑点があるものは避ける。

[保存方法]
新聞紙に包むか段ボール箱にいれて、風通しのいい場所で常温保存。冬場は気温が下がるため室内で。

 

【しいたけ】9~11月:血圧とコレステロールを調整

[こんな時に効く]
血中コレステロールを下げるので、高血圧や動脈硬化を予防する。骨や歯も丈夫に。

[おいしい見分け方]
肉厚で、カサがあまり開いておらず、裏側が白いものを。軸は太くて短いものがおいしい。

[保存方法]
ラップやタッパーで冷蔵保存。また、汚れやごみを拭き取ってから冷凍しておくと使いやすい。

 

【大豆】9~11月:女性ホルモンのバランス改善

[こんな時に効く]
美肌効果や骨粗しょう症の改善。ホルモンバランスを回復するために、生理不順や更年期障害にも。

[おいしい見分け方]
粒が揃っていて色つやのいいものを。手間はかかるが缶詰よりも乾燥大豆を選ぶとおいしさも違う。

[保存方法]
茹で大豆は小分けにしてフリーザーパックで冷凍保存しておくと、スープや煮物にも使いやすい。

【するめいか】8~11月:ダイエット・美容に活躍

[こんな時に効く]
血中コレステロールを下げたり、中性脂肪を減らす。また、生理不順にも効果が。

[おいしい見分け方]
身はつやがあり、色は透き通ったものを。くすんでいるものは避ける。目が澄んでいて飛び出しているものも◎。

[保存方法]
下処理をしてから水けをふきとり、ラップをして冷蔵・冷凍庫へ。醤油漬けにしてもOK。

【さんま】9~10月:血液がさらさらに。

[こんな時に効く]
血液をサラサラにする効果があるため、脳血栓や心筋梗塞などの予防に。貧血予防、改善にも。

[おいしい見分け方]
体が太っているものは脂がのっている。また、口の先が青色いものは鮮度がよい証拠。

[保存方法]
冷凍保存する場合は内臓をきれいに洗って、水気をよく拭き取り、ラップをしてからフリーザーパックに。

【チンゲン菜】10~12月:がん・生活習慣病予防に。

[こんな時に効く]
がんや生活習慣病、骨粗しょう症の予防。便秘の緩和や疲労回復にも。ただし、妊娠中は過剰摂取に注意。

[おいしい見分け方]
葉の緑色が濃く、肉厚なもの。株の切り口がみずみずしく変色していないものを選んで。

[保存方法]
ラップに包むかビニール袋に入れて、立てて冷蔵庫に保存。ゆでたものを小分けにし、冷凍しても便利。

【牛乳】寒くなってから:ストレス・イライラに

[こんな時に効く]
風邪や冷え症、貧血の予防。イライラを鎮めたり、快適な睡眠を促す作用も。

[おいしい見分け方]
表示を確認し、なるべく新鮮なものを。濃縮や低脂肪など、好みによって選び分ける。

[保存方法]
常温で放置せず、すぐに冷蔵庫へ。開封後は口をしっかり閉じ、できるだけ早く飲む。

【くるみ】9~11月:美肌、美髪、バストアップ

[こんな時に効く]
基礎体力を高めて疲労も回復できるので病後の回復期に。肥満や老化の防止にも。

[おいしい見分け方]
殻の色が薄いほど新鮮。重みがあるものを選んで。穴があると虫がいる可能性があるので注意。

[保存方法]
脂質が多く参加しやすいため、殻つきのまま保存を。湿気は避け、常温で保存すれば2~3か月はもつ。

【りんご】9~11月:一日一個で医者いらず。

[こんな時に効く]
整腸作用があり、便秘にも下痢にも効く。がんや生活習慣病予防に。皮はアルツハイマー予防に。

[おいしい見分け方]
皮の色が鮮やかで、ハリとつやがある。軸がしっかりしていて、重量感があるものを。

[保存方法]
冬場は新聞紙や段ボール箱に入れて、涼しい場所で常温保存。冷蔵庫で保存するときはビニール袋に入れて。

【さば】10~12月:口内炎の予防や改善に

[こんな時に効く]
生活習慣病の予防に。脂質にはコレステロールを下げる作用も。口内炎や口角炎にも効果あり。

[おいしい見分け方]
身が引き締まってかたく、青光りしているもの。澄んだ目をしているものも新鮮。

[保存方法]
傷みやすい魚なので、酢でしめてしめさばにしたり、煮つけやみそ煮にして。

【鮭】9~11月:免疫力を高める

[こんな時に効く]
免疫力アップで自然治癒力を高める。目の疲れや乾燥肌、ストレス、味覚の改善などにも効果が。

[おいしい見分け方]
身がしまって弾力があり、銀鮭なら薄い紅色、紅鮭なら濃い紅色のものを。

[保存方法]
3日以上保存するときは塩をふるか冷凍を。みそ漬けなどにすればもう少し長く保存できる。

冬が旬の食べ物 >>12月・1月・2月

エネルギーを温存するため、代謝が滞る冬眠の季節。

パワーを蓄えるための代謝が悪くなります。おなかの調子を整えてくれる食べ物や、体を温めてくれる食べ物が多くあります。

便秘・風邪・冷え・肌荒れ・・・冬の悩みも旬の食材が解決してくれます。不足しがちなビタミンは柑橘系で補って。

 

【セロリ】11~3月:生理不順、生理痛にも

[こんな時に効く]
便秘や頭痛、ストレスに作用するほか、デトックス効果が。抵抗力を高め、風邪の予防にも。

[おいしい見分け方]
香りが強く、葉が固くて青いもの。茎は太くて内側への反りが浅いものがいい。

[保存方法]
茎と葉を切り分け、葉はビニール袋に入れて立てた状態で冷蔵庫へ。茎は水に入れたコップにさしておくと◎。

 

【白菜】11~1月:便秘、大腸がんを予防

[こんな時に効く]
免疫力を高め、風邪予防に。利尿作用があり、二日酔いにも効く。便秘の解消効果も。

[おいしい見分け方]
葉が詰まっていて、重量感のあるものを。カットしてある場合は芯の高さが1/3以下のものを。

[保存方法]
まるまる1個の場合は新聞紙に包み冷暗所へ。カットしてある場合はラップをかけて冷蔵庫へ。

 

【ほうれん草】11~12月:貧血、めまいを感じたら

[こんな時に効く]
肌荒れや肌の老化を防ぐ美容効果に、風邪予防、貧血気味や虚弱体質の人にも◎。

[おいしい見分け方]
色が濃く、葉が肉厚なもの、根元の赤色が強いものを選ぶ。葉先が変色しているものは避けて。

[保存方法]
ビニール袋に入れて、立てた状態で冷蔵庫で保存。冷凍保存で保存の場合は、ゆでたあと固くしぼってからラップに包んで。

 

【ねぎ】11~2月:血行を良くし、体を温める

[こんな時に効く]
血行を促進し体を温める効果のほか、風邪の予防や解熱、のどの痛みにも。疲労も回復する。

[おいしい見分け方]
緑と白色の差がはっきりしているもの。白い部分が長く、つややかでハリのあるものを選ぶ。

[保存方法]
新聞紙に包み、冷暗所で保存。小口切りにしてから小分けにし、冷凍庫で保存してもよい。

 

【ごぼう】11~2月:便秘や太りすぎに効く

[こんな時に効く]
腸の調子を整えるので、便秘の解消・改善に。がんや老化の予防やデトックスの効果も。

[おいしい見分け方]
太さが均一でまっすぐに伸び、ひげ根が少なくヒビが入っていないものを選んで。

[保存方法]
なるべく泥付きのままで保存。湿らせた新聞紙に包み、根の方を下にして冷暗所で。

 

【大根】12~2月:おなかスッキリ&冷えにも

[こんな時に効く]
咳やたん、のどの痛みに効果あり。また、消化促進や余分な塩分の排出、便秘などにも効く。

[おいしい見分け方]
葉が青く、ずっしりと重みのあるもの。根の方の皮はつやがあると新鮮。

[保存方法]
葉を切り落とし、根は新聞紙に包んで涼しい場所で保存して。葉はゆでて冷凍保存してもOK。

【春菊】11~3月:風邪や感染症の予防に

[こんな時に効く]
春菊独特の香りが自律神経の作用に。消化の促進、精神の安定や肌荒れ、咳に効果が。

[おいしい見分け方]
色が濃く、香りが強くてみずみずしいもの。茎が太かったりかたいものは避けて。

[保存方法]
湿らせた新聞紙に包み、茎を下にして冷暗所や冷蔵庫で立てて保存。ゆでて冷凍庫で保存しても。

 

【にんじん】10~2月:肌や目の乾燥に潤いを

[こんな時に効く]
免疫力を高めて風邪を予防する。乾燥肌やドライアイを防ぎ、潤いを与える効果も。

[おいしい見分け方]
表面の凸凹が少なく、葉の部分が黒ずんでいないものを。また、色の濃いものはカロテン含有量が豊富な証拠。

[保存方法]
新聞紙に包み、冷暗所で保存。乾燥を避けるため、夏場はビニール袋に入れて冷蔵庫へ。

 

【豚肉】通年:体と心の疲れを回復

[こんな時に効く]
疲労回復や虚弱体質の改善、貧血予防に。体力づくりや老化防止、ストレスの緩和にも。

[おいしい見分け方]
淡いピンク色で、つややかで弾力のあるものを選ぶ。ドリップ(肉汁)が出ていないかもチェック。

[保存方法]
ラップに包んで冷蔵庫で保存。かたまり肉であれば1週間くらいはもつ。冷凍にしてもよい。

 

【牛】通年:貧血、低血圧を改善

[こんな時に効く]
体力を回復させたいときや食欲がない時に。足腰のだるさやめまい、むくみなどにも効果が。

[おいしい見分け方]
赤身は赤色が濃く、きめが細かいものを。色が黒ずんでいるのは鮮度が落ちている証拠。

[保存方法]
ラップでしっかり包んで冷蔵庫へ。ひき肉は腐りやすいので早めに調理するか、冷凍保存して。

 

【まぐろ】11~1月:頭がよくなるDHAが豊富

[こんな時に効く]
コレステロール値を下げるほか、高血圧や動脈硬化の予防に。脳の働きを良くする効果も。

[おいしい見分け方]
赤身は色が鮮やかでトロはピンク色でねっとりしたものを。また、切った角が立っているものを選んで。

[保存方法]
サクの場合はラップをかけて冷蔵庫で保存。醤油漬けや角煮、フレークにして保存しても。

 

【鶏肉】通年:美肌を作るコラーゲン

[こんな時に効く]
免疫力のアップや貧血、目の疲れ、老化防止に効果が。コラーゲンが豊富なので美肌づくりにも効果。

[おいしい見分け方]
皮のぶつぶつが立っていて、身の色はピンクでつややか、脂の部分は透明感があるものを。

[保存方法]
肉類の中でも特に傷みが早いので、なるべく早く調理する。あるいはラップできっちり包み、冷凍。

 

【ゆず】10~12月:女性の肌荒れ&冷え症に

[こんな時に効く]
風邪や貧血に効果があり、整腸作用、疲労回復などにも。果汁にはヒビやあかぎれに効く成分も。

[おいしい見分け方]
皮が厚くてかたいもの。表面に傷や黒ずみがなく、色鮮やかなものを。

[保存方法]
冬場は新聞紙に包み、冷暗所で保存。暑い季節はラップをして冷凍庫へ。皮を天日干しにしたり、小分けにして冷凍しても。

【みかん】9~1月:風邪に負けないビタミンC

[こんな時に効く]
免疫力を高めるので風邪予防に。乾燥肌やシミ、シワ、ニキビ予防で美肌作りにも。

[おいしい見分け方]
横から見たときに平らで、橙色が濃く、表面がしっとりしているもの。ヘタの切り口は小さいものを。

[保存方法]
湿度・温度が高い場所は避けて、風通しのいい冷暗所に保存。箱で買ったときはふたを開けた状態で。

【ぶり】12~3月:肩こり、腰痛、ストレスに。

[こんな時に効く]
高血圧や白内障、認知症、貧血などの防止に。肩こりや腰痛、ストレスにも。

[おいしい見分け方]
目が澄んでいて身がしまったものを。切り身の場合は血合いの色が鮮やかで、身が割れていないものを。

[保存方法]
一尾のものは内臓を取り、水気を拭き取ってラップに包む。アラは軽く塩をふってラップし、冷蔵庫で保存。

 

【鯛】12~3月:生活習慣病を防ぐ

[こんな時に効く]
生活習慣病や皮膚疾患の予防・改善。食欲がない時や疲労感が溜まっているときにも。

[おいしい見分け方]
身が厚く、尾に幅があって太っているもの。また、目の上が輝いているものは鮮度が高い。

[保存方法]
うろこ、内臓をとり、水気を拭き取ったらぴったりとラップで包む。鮮魚ではめずらしく4~5日くらい日持ちする。

スポンサーリンク

 

関連記事

子どものおやつについて~食べ物の選び方~

子どものおやつって何を食べさせたらいいのだろう? そんな風に考えたことはありませんか??

記事を読む

no image

アレルギーを改善するには?現代人の食生活

現代人の食生活とアレルギーの関係 そもそも病気になる原因は主に食事や生活習慣によるものといわれてい

記事を読む

よいものだけのシンプルな食事を。健康の基本は食事から。

毎日の献立を考えるのが大変!という家庭は多いですよね。 食事は毎日のこと。 好き嫌いが多

記事を読む

 

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

 
   
  • カテゴリー

  •   RUN

    神奈川県在住の主婦&保育士。ガーデニング、おやつ作り、キャンプ、読書が趣味。
    現在3人の子どもとシュタイナー教育実践中。趣味のこと、育児について発信しています。

    詳しいプロフィール 

 
 
     
PAGE TOP ↑