*

わらべうた-ほうしほうし

公開日: : 最終更新日:2019/01/16 わらべうた, コダーイの音楽教育

     

ほうしほうし(数遊び)岡山県

歌詞

ほうし ほうし いっぽんほうしは

でぬもんじゃ おやこさんにん でてこい

 

 

遊び方

鬼決めで鬼を一人決めたら、歌いながら自由に歩きます(鬼も)

「おやこさんにんでてこい」と鬼が歌ったら3人組を作ってその場に手をつないで座ります。(鬼も入る)

あまった人が次の鬼です。

 

遊びのポイント

「おやこさんにん」のところは「おやこ○にん」と人数に応じて変化させて遊ぶのも面白いです。

鬼が歌を歌い終わるまでグループを作るのはなし、というルールを徹底しないと、最終的に鬼を何度も同じ子がやる羽目になってしまうので注意が必要です。

 

わらべ歌にまつわる豆知識

「ほうし」とは「法師」と書き、「つくし」のことです。

先端の形が「法師」に似ていたことからつけられたようです。

また、「つくし」は「土筆」と書きますが、こちらは筆を立てた姿に似ているところから「当て字」として使われるようになりました。

なぜ「つくし」と呼ばれるようになったかは諸説ありますが、子どもたちが「つくし」を使ってはかまのところを一箇所抜き、「どこ継いだどこ継いだ」と“継ぎ目遊び”をしていたことから「継ぐ(くっつける)」と「法師」で「つくし」となったのではないかといわれています。地方によってこの「つくし」の呼び方も様々あり、「ずくぼんじょ」や「つぎのこ」、「まつなのこ」とも呼ばれたりするそうです。

スポンサーリンク

 

関連記事

わらべうたという日本文化

子どものあそび、そのなかには、遠い祖先の信仰や習慣がふくまれています。 特に、わらべ唄のなかに

記事を読む

日本の民謡やわらべうたの特徴

日本の民謡やわらべうたには、世界でも珍しい特徴が二つあります。 ひとつは、ものすごく音

記事を読む

わらべうた-いっぴきちゅー

いっぴきちゅー(数遊び)長野県 歌詞 いっぴきちゅー もとのかえって いっぴきちゅー にひ

記事を読む

わらべうた 遊ばせ遊び歌-はなはなはなはな

はなはなはなはな (顔遊び) 千葉県 歌詞 はな はな はな はな め (くち)(みみ)

記事を読む

手合わせ歌-おもやのもちつき

おもやのもちつき (手合わせ)京都府 歌詞 おもやの もちつき いんきょの もちつき いっとつい

記事を読む

わらべうた 鬼遊び-ここはおおみの

ここはおおみの(つかまえ鬼) 山口県 歌詞 ここは おおみの とうせんじ おみやげ くれん

記事を読む

わらべうた 鬼遊び-おやとろことろ

おやとろことろ(子取り鬼) 福岡県 歌詞 (鬼)おやところ こところ(全員)どのこがほしい

記事を読む

季節の歌ーひよりにあめがふりゃ

ひよりにあめがふりゃ        季節の歌(夏)高知県 歌詞 ひよりに あめがふりゃ きつ

記事を読む

わらべうた-らかんさん

らかんさん(物まね遊び)静岡県 歌詞 らかんさんが そろったら まわそじゃないか よいやさ

記事を読む

春夏秋冬 季節のわらべうた

季節のわらべうた 春や夏になったら・・・秋、冬になったら思わず口ずさんでしまう歌ってありますよね。

記事を読む

 

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

 
   
    • RUN

    • ガーデニング、おやつ作り、キャンプ、
      読書が趣味の主婦。
      元保育士で現在3人の子どもとシュタイナー教育実践中。
    • 詳しいプロフィール
 
 
     
PAGE TOP ↑