Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

*

わらべうた-とおれとおれ

公開日: : 最終更新日:2019/01/16 わらべうた, コダーイの音楽教育

     

とおれとおれ(くぐり遊び)大阪府

歌詞

とおれ とおれ やまぶし

おとおりなされ やまぶし

 

遊び方

横一列に手をつなぎます。

最後尾2人が門役(つないだ手を上にあげて門を作る)です。

前から順にその門をくぐり、後ろから3人目の人もくぐったら、後ろから2人目の人もその門に入り、ひっくり返り(なべなべのように)→もとの一列に戻りましょう。

 

遊びのポイント

先頭は最初、大人が担当しましょう。

最後尾の門役2人にはしっかり手をつないでもらって全員がくぐり終わるまで離さないように伝えてください。

もちろん、他の子どもたちにも全員がくぐり終わるまでは手を離さないように伝えることが大事です。

同じ人が先頭や門役にならないように気をつけましょう。

こういった遊びをする場合は、事前に「なべなべ」のように手をつないだまま背中合わせになる遊びを遊びこんでおくと、スムーズにもとの一列に戻ることができます。

門役と通る役に分かれて門くぐりの遊びにしても楽しいです。

最後につかまった人が門役と交代したり、門の数を増やしていっても面白いです。

 

わらべ歌にまつわる豆知識

この「とおれとおれ」は遊び方は少し異なりますが、「通りゃんせ」などと同じく関所遊びと呼ばれるものです。

関所とは人や荷物の出入りを取り締まる場所のことで、奈良時代から各地に設けられました。

山伏とは日本各地で回国修行をする修験者のことで、彼らは手形がなくても特別に関所を通れる存在でした。

歌舞伎「勧進帳」のお話でも有名ですが、壇ノ浦の戦いの後、頼朝に追われた義経が安宅(あたか)の関所を通る際、山伏の格好をしたのはそういう理由があったからだといわれています。

 

 

スポンサーリンク

 

関連記事

わらべうた 鬼遊び-ねこがごふくやに

ねこがごふくやに(色鬼)鳥取県 歌詞 ねこが ごふくやに たびかいござる たびは なんもん

記事を読む

わらべうた 遊ばせ遊び歌(しぐさ遊び)-おししのこは

おししのこは  (しぐさ遊び)群馬県 歌詞 おししのこは うまれておちると あたまをふる 

記事を読む

わらべうた遊び 親子でたのしむおすすめわらべうたの本

コダーイの音楽教育から学ぶ「わらべうた」 子どものころは、かごめかごめ、あぶくたった、などごく限ら

記事を読む

わらべうた 鬼決め歌ーだいこんかぶらの

だいこんかぶらの(鬼決め)香川県 歌詞 だいこん かぶらの にんじんの ほい  

記事を読む

指あそび歌-いちにさん

いちにさん (指あそび) 広島県 歌詞 いちにさん にのしのご さんいちにの しのにのしの

記事を読む

わらべうた-かごかごじゅうろくもん

かごかごじゅうろくもん (ゆすり遊び)京都府 歌詞 かごかごじゅうろくもん えどからきょうまで 

記事を読む

わらべうた-うぐいすのたにわたり

うぐいすのたにわたり(くぐり遊び)香川県   歌詞 うぐいすの たにわたり う

記事を読む

わらべうた 遊ばせ遊び歌(触れ遊び)-いちのめ

いちのめ(触れ遊び)和歌山県 歌詞 いちのめ にのめ さんのめ しりのめ  

記事を読む

わらべうた-ほうしほうし

ほうしほうし(数遊び)岡山県 歌詞 ほうし ほうし いっぽんほうしは でぬもんじゃ おやこ

記事を読む

わらべうた【手遊び歌】

昔から遊ばれている手遊び歌は、時代を経て、時に形や歌詞を変えて受けつがれています。 自分が子ど

記事を読む

 

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

PAGE TOP ↑