*

3歳児お弁当の包み方

公開日: : 最終更新日:2018/08/23 子育て日記

     

息子が幼稚園に行き初めてようやく一か月が経とうとしています。

始めは大泣きしていたのがウソのように、今では朝出かけるのが楽しみで、靴下を自分ではいたり、体温計を持ってきたり。

それでも、まだフルタイム!!ではなく、慣らし保育の段階。12時半と、お弁当を食べる前までの時間になりました。

さすがに疲れも出てきたようで、帰りの自転車ではこっくりこっくり~zzz…することもあります(;^_^A
 

そして、来週からはいよいよお弁当が始まりそうなのでお弁当包みを購入💦
早速家で包む練習をしていました。

 

 

幼稚園で見たことがあったのか、包みを見ると「知ってるよ~!!やってみる!」

といってからのお弁当箱を持ってきてそれとなくやっていました。

 

斜めにお弁当をおいたり、対極の端を持つということはまだわからず、「????」といった様子でハンカチを畳むかのように包んでいました( ´∀` )

 

 

そこへ世話焼き次女のお姉ちゃん登場。

 

 

すぐさま手を出して「こっちをもってこうやるんだよ!!」
しかし、ひとりでやりたい末っ子は「だめ~~~!!!!」とお怒り・・・・。

 

「ひとまず、手本を見せてから一人でやらせてあげて~」

というと、我慢できなくなった次女は自分の包みを持ってきて隣で包んで満足してました(笑)

そんな二人のやりとりでしたが、

「ぎゅってしないとお弁当箱が逃げちゃう~~」

 

「端と端をバッテンして~~♪」

 

など歌ったりしながら教えてあげると、次女はちいさい子への教え方を、末っ子は結び方を・・2人ともちゃんと真似してやっていました(笑)

それでも、間違えたときに「輪っ下に入れるんだよ」と言ったときに言葉だけで意味を理解してやろうとした末っ子を見て、この子すごいなぁ~~~!!!!と感心してしまいました。(親ばか??)

 

娘たちの通っている学園の先生が以前、

「言葉だけで言っている意味が通じる、この子たちはすごい!!」ってほめてくれたことがあったけれど、こういうことかなぁと思いました。

言葉だけで動けるってことは、その意味を理解していてどう動くべきかということもわかっているから。

当たり前のようだけれど、子どもの成長過程を考えると、子どもってすごいスピードで成長するんだと思った。
 

子どもが一人でいろんなことができるようになって、親の手がかからなくなるとすっごく楽だけれど、それもちょっぴりさみしいなぁと感じてしまいました。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

 

関連記事

日野原重明さんの生きること

日野原重明さんが18日に亡くなったとの報道を聞きました。 特別思い入れがあったわけではありませんが、

記事を読む

2年目のマルティン祭

今年は2年生ということもあり、去年と比べると成長した姿の次女がみられたマルティン祭でした。 一

記事を読む

「くり返し」が子どもを安心させます

シュタイナーは、ちいさな子どもの暮らしには、リズムが必要だと話しています。 それはなぜ?日本シュタイ

記事を読む

夏休みは長野へ!!子どもが喜ぶ家族旅行

夏旅行!信州長野の旅 この度、台風の影響でキャンプが中止となり蓼科一泊旅行となりました。。

記事を読む

台風24号「チャーミー」の爪痕

今年は大型と言われる台風が多くありました。 そして昨日9月30日の夜に関東へ接近した台風24号

記事を読む

テレビと育児シュタイナー教育との出会い

我が家のテレビのない生活を始めて、6.7年くらいたつでしょうか。テレビを見ないことで時間に縛られるこ

記事を読む

小國神社へ初詣

わが家は毎年、3日か4日に初詣へ出かけています。 今年は、元旦早々に長女が嘔吐したため、少しゆ

記事を読む

no image

体験!オイリュトミー

今年も参加しました、オイリュトミー講座。 この一年、少しずつオイリュトミーに参加したおかげ?で

記事を読む

幼稚園のオープンディ

シュタイナー幼稚園に入って初の大仕事!? 昨年度は参加する側だった幼稚園のオープンディ。 今年は

記事を読む

置き引き?自分の不注意が生んだ悲劇

何かと忙しいお正月が終わりましたー。結婚してから毎年旦那の実家で過ごすお正月にも慣れてきましたが、親

記事を読む

 

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

PAGE TOP ↑