*

【小学生のわらべうたあそび】かごめといもむし

公開日: : 最終更新日:2020/06/14 わらべうた

     

かごめといもむし <年長・小学生向き>

 

あそび方

1.「かごめグループ」

連手して拍に合わせて左へ進行する。

 

2.「いもむしグループ」

「いも」で右足右へ。「むし」で左足を寄せる。(くり返す)

3.かごめの歌の最後に、いもむしグループは「こ」で後ろ向きになる。

4.まっすぐ二人対面できたら、内と外は交代する。

(内・外交代をスムーズにして2回目の歌いはじめが遅れないように注意する。歌が途切れないように)

 

遊びのポイント

「かごめ」も「いもむしごろごろ」も子どもたちはよく知っている遊びです。

ここでは、多面的な音楽活動として、歌合せ(クオドリベ)を取り入れたあそびを紹介します。

二つの違った歌を同時にあそびながら合唱する手法は、この組み合わせのように、二つの歌がそれぞれやさしくて、あそび方も簡単で、しかも動きは対照的であるという条件が大切です。

二つの歌であればなんでもよいということにはなりません。

動きについてもっと吟味してみると、「かごめ」の方は円進行で、歌は静かな雰囲気を持っていて、横に流れる脈動をもっています。

一方、「いもむし」は一歩一歩踏みだすように歩行し、歯切れよく歌い、縦に落ちる脈動をもっています。

対照的な二つのテンポが同時進行したときに、お互いを明確に感じとることができます。

 

指導の最大のポイントは、二つのうたの共通した拍動をはっきりと示し、バラバラにならないように合唱していくことにあります。

この活動は、幼児なら年長、小学校では4年生くらいまでと幅広く実践できる教材です。

スポンサーリンク

 

関連記事

わらべうた 鬼決め歌-じょうりぎ

じょうりぎ(鬼決め)青森県 歌詞 じょうりぎ じょうりぎ じょばんの ていしゅ おっこのみ

記事を読む

わらべうた 鬼遊び-たなばたさん

たなばたさん(手ぬぐい落とし)栃木県 歌詞 たなばた たなばたさん しずかにわたって こが

記事を読む

まりつきうた-どんぐりころちゃん

どんぐりころちゃん         (まりつきあそび) 徳島県 歌詞 どんぐりころちゃん

記事を読む

季節の歌ーあわんとりゃほー

あわんとりゃホー 季節の歌(冬)大分県 歌詞 あわんとりゃ ホー ひえんとりゃ ホー

記事を読む

季節の歌-こっとりかけたか

こっとりかけたか          季節の歌(夏)高知県 歌詞 こっとり かけたか こっこっ

記事を読む

わらべうた 輪あそびーおおなみこなみで

おおなみこなみで (輪遊び)東京都 歌詞 おおなみこなみで かぜがふいたら まわしましょ

記事を読む

遊ばせ遊び歌-チッチここへ

チッチここへ 触れ遊び 高知県   歌詞 チッチ ここへ とまれ とま

記事を読む

わらべうた 鬼遊び-ここはおおみの

ここはおおみの(つかまえ鬼) 山口県 歌詞 ここは おおみの とうせんじ おみやげ くれん

記事を読む

手遊び歌-だんごだんご

だんごだんご 手あそび歌 大阪府     歌詞 だんご だん

記事を読む

わらべうた 鬼遊び-ねこがごふくやに

ねこがごふくやに(色鬼)鳥取県 歌詞 ねこが ごふくやに たびかいござる たびは なんもん

記事を読む

 

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

 
   
    • RUN

    • ガーデニング、おやつ作り、キャンプ、
      読書が趣味の主婦。
      元保育士で現在3人の子どもとシュタイナー教育実践中。
    • 詳しいプロフィール
 
 
     
PAGE TOP ↑