*

【小学生のわらべうたあそび】かごめといもむし

公開日: : 最終更新日:2020/06/14 わらべうた

     

かごめといもむし <年長・小学生向き>

 

あそび方

1.「かごめグループ」

連手して拍に合わせて左へ進行する。

 

2.「いもむしグループ」

「いも」で右足右へ。「むし」で左足を寄せる。(くり返す)

3.かごめの歌の最後に、いもむしグループは「こ」で後ろ向きになる。

4.まっすぐ二人対面できたら、内と外は交代する。

(内・外交代をスムーズにして2回目の歌いはじめが遅れないように注意する。歌が途切れないように)

 

遊びのポイント

「かごめ」も「いもむしごろごろ」も子どもたちはよく知っている遊びです。

ここでは、多面的な音楽活動として、歌合せ(クオドリベ)を取り入れたあそびを紹介します。

二つの違った歌を同時にあそびながら合唱する手法は、この組み合わせのように、二つの歌がそれぞれやさしくて、あそび方も簡単で、しかも動きは対照的であるという条件が大切です。

二つの歌であればなんでもよいということにはなりません。

動きについてもっと吟味してみると、「かごめ」の方は円進行で、歌は静かな雰囲気を持っていて、横に流れる脈動をもっています。

一方、「いもむし」は一歩一歩踏みだすように歩行し、歯切れよく歌い、縦に落ちる脈動をもっています。

対照的な二つのテンポが同時進行したときに、お互いを明確に感じとることができます。

 

指導の最大のポイントは、二つのうたの共通した拍動をはっきりと示し、バラバラにならないように合唱していくことにあります。

この活動は、幼児なら年長、小学校では4年生くらいまでと幅広く実践できる教材です。

スポンサーリンク

 

関連記事

わらべうた-かごかごじゅうろくもん

かごかごじゅうろくもん (ゆすり遊び)京都府 歌詞 かごかごじゅうろくもん えどからきょうまで 

記事を読む

季節の歌ーちょうちょ

ちょうちょ 季節の歌(春)大阪府 歌詞 ちょうちょ ちょうちょ なのはな たかれ *た

記事を読む

季節の歌ーひよりにあめがふりゃ

ひよりにあめがふりゃ        季節の歌(夏)高知県 歌詞 ひよりに あめがふりゃ きつ

記事を読む

わらべうた【まりつきあそび】

「毬」は蹴鞠と手まりの2つあります。 男性が楽しむ「蹴鞠」と、女児が遊ぶ「手まり」があります。

記事を読む

気になる子どもへの対応 効果的なわらべうたあそび

気になる子どもってどんな子ども? 「気になる子ども」と聞くとどのような子どもを思い浮かべますか?

記事を読む

季節の歌ーおにはそと

おにはそと 季節の歌(冬)長野県 歌詞 おには そと ふくは うち えびす だいこく 

記事を読む

わらべうた-こいのたきのぼり

こいのたきのぼり(胴送り)山口県 歌詞 こいのたきのぼり なんというて のぼるか &nbs

記事を読む

遊ばせ遊び歌-いもむしごろごろ

いもむしごろごろ          遊ばせ遊び歌 千葉県 歌詞 いもむし ごろごろ ひょうた

記事を読む

わらべうた【輪あそびうた】

輪あそび歌は手をつないで輪をつくる遊びで、かごめかごめや花いちもんめなどの遊びがあります。 数

記事を読む

手遊び・占いーぺんときておっぺんぺん

ぺんときておっぺんぺん                 手遊び・占い歌 栃木県 歌詞 ぺん 

記事を読む

 

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

PAGE TOP ↑