*

言い間違い 

公開日: : 子育て日記

     

3歳になった末の息子は二人の姉の言葉をどんどん覚えています。聞いていて面白かった言葉がいくつかあったので、いくつかご紹介したいと思います・・・( ´艸`)
その1「雪」
先週は関東ではものすごい積雪になりましたね。道路事情はたいへんなことになりましたが、子どもたちはもちろんおおよろこび♪
雪かきをしている大人を横目に「雪かきなんてやらなくていいのにー!!」なんていう長女。
雪を見て「かまくら作れるかな?雪だるま作ろう!雪合戦もやりたいなー♪」とはしゃぐ次女。
ひたすら雪を見て「雪!降ってる!雪!」といい続ける末っ子。
そして、雪の降り始めが、学校へ登校したあとの午前中だったので、お迎えに行った帰り道のこと。
降り積もる雪で道は真っ白。誰にも踏まれていない雪道を末っ子が「くさっくさっ♪」といいながら嬉しそうに歩いていました・・・。私は「ん?くさってなに?なにかにおいする?」と聞くと雪を踏みしめて「「ほら!くさっ」という末っ子。もしかして、、、「さくっ」じゃないかしら?と私は思いました(-_-;)
そう、雪の上を歩く「サクサク」という音をおそらく彼は「クサッ」といったのでした。。。ちょっとした言い間違いで意味が全然違いますね(笑)



その2「カルピス」

子どもたちの好きな飲み物の中に「カルピス」があります。末っ子は気が付くと「カルピス」のことを「カルスピ」というようになっていました(・・;)
初めは「カルピス」だよーなんて間違いを直していましたが、なかなか直らないのもあり、だんだん「カルスピ」もかわいいからまぁいっか!なんて思うようになってしまい、放っておくことにしました(;^_^A
すると実家での出来事。
末っ子「カルスピのむー!」
じぃじ「カルピスのことだろ?これは、カ・ル・ピ・ス!」
末っ子「えっ??カルスピだよ?」
じぃじ「カルスピじゃなくて、カルピスっていうんだよ」
末っ子「じぃじ、、カルスピだよ・・」
じぃじ「だから、カルスピだろ!?あれっ??どっちだ??( ´∀` )」
こうしてカルピス抗戦はあえなく終了しました(笑)
間違いは早めに直しておくに限りますが、こんなちょっとした言い間違いは子どもならではだなぁとほほえましく思うのでした。
 
その3「ふみきり」

わが家の近くには線路があり、踏切もあります。末っ子は男の子ということもあって、乗り物大好き!電車も大好きなので、近くまで行って電車が来るとよく手を振っています。
運転手さんも気が付くと汽笛を鳴らして答えてくれるので、大喜びです。そのため、常に窓の外に向かって手をふったりしていますが・・・( ´艸`)
そんなある日、電車であそんでいるときのこと。
線路をつなげ終わってから、末っ子「あっ!ふみりきわすれた!」。
私は思わず「ん??なんていった??」と聞きなおしました。
末っ子「えっ。ふみきり。」
私「あぁ、踏切のことね」
末っ子「そうだよー。ふみりきだよー( ´∀` )」
私「・・・・」
日本語が難しいのかはわかりませんが、言葉って面白いですね(笑)外国語でもこういう言葉の間違いってあるのかなぁと気になったのでした。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

 

関連記事

お父さんとの散歩

今回は上の子二人が祖父母に旅行へ連れて行ってもらったので、末っ子長男と旦那と 3人で過ごしました。

記事を読む

不安の中の9歳

9歳の長女と3歳になった末っ子長男がしばしばケンカをするようになりました。 今回は本が大好きな長女は

記事を読む

絡まった気持ち

今週は秋雨が続いていますね。秋の長雨を「ススキ梅雨」と言ったりもするそう です。 寒さもからだにこた

記事を読む

バレンタインデー 

2月14日はバレンタインデーでしたね。特に子どもたちに教えたわけではないけれど、年頃になるといろい

記事を読む

30代 実母との関係の作り方

実の親、といえども子どもが大人になってしまうと、もはやそれは一人の大人で あって子どもではないので

記事を読む

小学2年生男子のあそび方

今日は学童保育のお手伝いの日だったので、午後から行ってきました。 公園へ行く子どもや、園庭で遊

記事を読む

かばんの中のネコ

荷造りをしていたら、我が家の愛猫おとがやってきました。 ネコは家に着くとはいいますが、うちのお

記事を読む

節分の豆まき

今年は節分が土曜日ということだったので、学校で豆まきはやらずに作ったお面と豆をもって帰ってきました。

記事を読む

いやいや期

中間反抗期?10歳娘と父との微妙なケンカ

10歳の長女とお父さんがケンカをしました。 といっても長女が一方的に不機嫌になって怒っているだけの

記事を読む

どのくらい知っていますか?お正月のしきたり

子どもを育てるようになると、今までなんとなく過ごしてきたお正月の行事にも、きちんと意味のあるもの、と

記事を読む

 

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

 
     
     
PAGE TOP ↑