Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

*

わらべうた 触れ遊び歌-べんけいが

公開日: : わらべうた

     

べんけいが  触れ遊び 奈良県

歌詞

べんけいが ごじょうの はしを わたるとき

うんとこどっこいしょ うんとこどっこいしょ

うんとこどっこい どっこいしょと ゆて わたる

 

あそび方

本来はしぐさ遊びのあと、にらめっこをする遊びですが、ここではふれあい遊びとして紹介します。

大人の指2本(人差し指・中指)を使い、子どもの手の甲から腕をのぼっていきます。

肩までのぼったら「うんとこどっこいしょ」でそのまま顔の横から頭の方へ登っていきます。

「ゆてわたる」で反対側の肩へ降り立つような感じで。

 

あそびのポイント

しぐさ遊びのこの歌は、2人で向かい合い、歌詞に合わせて面白おかしく動きながら最後ににらめっこをして遊びますが、月齢によってはとても難しいので、触れ遊び歌として紹介しました。

他にも座って、子どもの足先から指二本使って登ってもいいですし、抱っこしてリズムに合わせて歩いていくだけでも面白いです。

 

豆知識

“べんけい(武蔵坊弁慶)”“ごじょうのはし(五条橋)”といえば、有名な牛若丸(源義経)との戦いですね。

18か月で生まれ、すでに2~3歳児の体つきだったとされる弁慶は、小さい頃から力が強く、恐れられていました。

大人になり、さらに体も大きく力も強くなった弁慶は、京で1000本の刀を奪おうと道行く人の刀を奪い、次で1000本目というところで牛若丸と出会いました。

しかし、牛若丸の身軽さにはかなわず、負けを認めて牛若丸の家来になりました。

弁慶の七つ道具<鉄熊手(てつくまで)、大槌(おおづち)、大鋸(おおのこぎり)、鉞(まさかり)、つく棒、さすまた、もじり>と呼ばれるものがありますが、それらを常に背負っていた弁慶。

「うんとこどっこいしょ」といって橋を渡るのもうなずけますね。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

 

関連記事

わらべうた-いっぴきちゅー

いっぴきちゅー(数遊び)長野県 歌詞 いっぴきちゅー もとのかえって いっぴきちゅー にひ

記事を読む

わらべうた 鬼決めうたーへらへらのかみさま

へらへらのかみさま (鬼決め)愛知県 歌詞 へらへらの かみさまは しょうじきな かみさまで

記事を読む

わらべうた-こめやさん

こめやさん(背負い遊び)東京都 歌詞 こめやさん つぎやさん ぎったらこん ばったらこん

記事を読む

わらべうた 輪あそびー人工衛星

人工衛星(輪遊び) 東京都 歌詞 じんこうえいせい じんこうえいせい とんだ 遊び方 輪にな

記事を読む

わらべうた 遊ばせ遊び歌(しぐさ遊び)-おししのこは

おししのこは  (しぐさ遊び)群馬県 歌詞 おししのこは うまれておちると あたまをふる 

記事を読む

わらべうた 遊ばせ遊び歌-おんよはじょうず

あんよはじょうず (遊ばせ遊び歌)長野県   歌詞 あんよは じょうず ころぶは お

記事を読む

わらべうた 季節の歌-つくしはつんつん

つくしはつんつん  季節の歌(春)千葉県 歌詞 つくしは つんつん でるもんだ わらび

記事を読む

わらべうた 鬼遊び-たなばたさん

たなばたさん(手ぬぐい落とし)栃木県 歌詞 たなばた たなばたさん しずかにわたって こが

記事を読む

わらべうた【いろいろな遊び方】

わらべうたには、歌に伴ったいろいろな遊び方(動き)があります。 一人で遊べるものから数人で遊べ

記事を読む

わらべうた 触れ遊び歌-そうめんや

そうめんや (触れ遊び)静岡県 歌詞 そうめんや そうめんや おしたじ かけて おからみ 

記事を読む

 

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

PAGE TOP ↑