*

教育の歴史と教育思想

公開日: : 最終更新日:2019/12/12 世界の教育

     

教育はいったいいつの時代から始まったのでしょうか。

世界の教育に目を向けていくと、教育の歴史というものが思ったよりも浅かったことがわかります。

教育を受けて育ち、教育を受けることが当たり前となっている現代ですが、知っているようで知らなかった教育のこと。

教育の歴史について調べました。

教育の始まりと思想家たち

世界各国で、教育が歴史の表舞台に出るのは、たったの100〜200年前のこと。

それまでは子どもは「小さい大人」とされてきました。

始まりはスイス。

思想家のジャン=ジャック・ルソーが『エミール』を著し、「子どもの発見」を謳いました。

子どもの中に「人間と自然」を発見し、近代教育思想の原点とされる『エミール』を世に広めました。

「子どもは小さな大人ではない」という言葉は有名です。

 

ルソーはスイスで生まれましたが活動の拠点はお隣のフランス。

古い慣習としきたりに支配された中世ヨーロッパは「暗黒時代」ともいわれます。

当時は「子どもの真性は悪魔である」といった「性悪説」が主流でした。

厳しくしつけるべきだ、と。それに対してルソーは「性善説」の立場をとったのです。

今の私たちから見れば至極当たり前なことも、当時は過激思想となります。

ルソーはフランスを追われスイスに逃げ帰ります。

そのスイスにペスタロッチがいました。

当時大学生だったペスタロッチはルソーの思想に影響を受けます。

当時は教会が学校のような機能を果たしていましたが、ペスタロッチは戦争孤児を集めて小学校をつくりました。

ペスタロッチは大変な人格者だったようで、彼の元を多くの人が訪れます。

その1人が幼稚園の始祖といわれるフレーベルです。

そして、今から約150年前に幼稚園ができました。

 

スイスから始まった幼児教育の実践はヨーロッパの各地に飛び火します。

フレーベルの後を継ぐように、イタリアではマリア・モンテッソーリが、オーストリアではルドルフ・シュタイナーが、それぞれ独自の幼児教育を発表し実践していきます。

 

年代別にみる教育思想

18世紀

🔶ジャン=ジャック・ルソー(1712~1778)

🔶ヨハン・ハインリヒ・ペスタロッチ(1746~1827)

🔶フリードリッヒ・フレーベル(1782~1852)

19世紀

🔶ルドルフ・シュタイナー(1861~1925)

🔶マリア・モンテッソーリ(1870~1952)

🔶コダーイ・ゾルターン(1882~1967)

🔶セレスタン・フレネ(1896~1966)

 

20世紀

🔶ボリス・P・ニキーチン(1916~1999)

🔶イエナプラン

21世紀

🔶レッジョ・アプローチ

 

 

スポンサーリンク

 

関連記事

学校の役割とは どうして学校はつくられた?

学校の成り立ち 学校の役割とはいったい何か? それは学校を国際比較する視座となります。

記事を読む

19世紀 歴史から見る幼児教育

19世紀に入ると世界中が動き出したかのように、各国でさまざまな出来事が起こります。 そんな時代

記事を読む

入試なし、宿題なし、学費無料!オランダの魅力的な教育法とは?

世界一子どもの幸福度が高い国といわれている『オランダ』。 一体どのような学校があるのでしょうか

記事を読む

留学コンシェルジュbeo

イギリスの学校教育

安倍首相が日本に取り入れたいという「イギリスの教育制度」。 それはどれほど魅力的な教育なのでし

記事を読む

no image

世界の学校

世界の教育を見ていくと、国によって学校のあり方がさまざまであることが分かります。 教育思想家た

記事を読む

早期教育の始まりはいつ?歴史から見る早期教育

早期教育とはいつの時代から始まったものか、ご存知でしょうか。 よく耳にする早期教育。いったいい

記事を読む

イタリアの教育制度について 日本とは違う学校のあり方  

イタリアの義務教育 イタリアでは6歳~14歳までが義務教育と定められています。 小学校は5年

記事を読む

18世紀 歴史から見る幼児教育

幼児教育について議論されるようになったきっかけは、フランスの思想家ジャン=ジャック・ルソーの「エミー

記事を読む

幼稚園はどうして始まった?ドイツの歴史から見る幼児教育

ドイツの教育思想家 幼稚園の創始者であるフリードリッヒ・フレーベルはドイツ生まれです。 この

記事を読む

20世紀 歴史から見る教育

20世紀に入るとヨーロッパ主戦場となった人類史上最初の世界大戦、第一次世界大戦が起こります。

記事を読む

 

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

PAGE TOP ↑