*

親が子どもに教えてあげたい大事なこと

     

家庭でできる子育てとは?

子どもが生まれてから幼稚園に行くまで教育なんてしなくてもいい!なんてことはありません。

0歳からでも3歳からでも家庭で教えるべきことはたくさんあります。

教育方法がたくさんある中で、実際に家庭でできるものって何だろう?と考えてみました。

 

モンテッソーリ教育をするなら、教具がないとむずかしいかな?

シュタイナー教育ってどうやったらいいだろう?

 

私自身もあれこれ悩んだまま子育てをしてきました・・・。

そして、多くの書籍を読んでいるうちに、どの教育者も共通していることがあると気がつきました。

それは、

「子どもの姿をしっかりとみる」

ということ。

いま、子どもは何を求めているのだろうか?

子どもは何をかんじているのだろうか?

そんなことに目を向け、耳を向けることが何よりも大切であるということに気がつきました。

そうはいっても、嫁として、妻として働く忙しいお母さん。

毎日の生活のなかでは心に余裕がもてなくなることもありますよね。

でも、知っているか知らないでいるかで、子どもへの接し方は変わってきます。

少し気にかけておきたいそれぞれの教育のポイントをまとめました。

 

大人の5つの心がけ
(モンテッソーリ教育)

1.一つひとつの動作をゆっくり見せる

注意や説明はできるかぎりしないでおきましょう。黙って動作を見せることが子どもによく伝わるコツです。

 

2.順序だてる

作業には段取りがあることを見せます。

何かするとき、順序だてる習慣は、子どもの計画性や先を見通す力などを伸ばします。

 

3.できないことは大人の姿を見せる

まだ使ったものを元に戻せない子どもには、大人が元に戻している姿を見せましょう。

繰り返し体験することで子どもも協力するようになります。

また、もとに戻す場所は明確になっているか、でているおもちゃは興味のあるものか、数は多すぎていないかなど、チェックすることも大切です。

 

4.「手伝ってもいい?」と言葉かけをする

どこがむずかしいのかを観察し、そこを手伝ってあげるだけで、子どもは一人でできた!という達成感を味わうことができます。

そのときは、急に手を出すのではなく、「手伝ってもいい?」と言葉かけをすると、親子の関係もうまくいきます。

 

5.繰り返すのは向上心の表れ

子どもは靴下を履いたり、脱いだりなど同じ動作を繰り返すことがあります。

これはその動作をマスターしようとしているから。

「もういいでしょ!」と言わずに「やりたい」気持ちが満足するまで続けさせてあげましょう。

 

スポンサーリンク

 

関連記事

わらべうた-こめやさん

こめやさん(背負い遊び)東京都 歌詞 こめやさん つぎやさん ぎったらこん ばったらこん

記事を読む

シュタイナー入門!?0~7歳の子育て

人間の成長を7年ごとの周期で考えたシュタイナー。 彼は0~7歳の時期をどのようにとらえ、大人が

記事を読む

わらべうた【鬼遊びうた】

あそびの定番といえば「鬼ごっこ」ですね。 「鬼」のでてくるあそびはたくさんあります。 鬼

記事を読む

シュタイナー教育とオイリュトミー

シュタイナー教育には「オイリュトミー」という授業があります。 日本人には聞きなれない言葉であり

記事を読む

なわとび歌-やまでらの

やまでらの (縄跳び) 秋田県 歌詞 やまでらの おしょさんが おきょうをよんで いらっし

記事を読む

わらべうた-ひとりでさびし

ひとりでさびし(お手玉)宮城県 歌詞 ひとりでさびし ふたりでまいりましょう みわたすかぎ

記事を読む

幼児音楽に最適なものとは?

子どもたちの出会う「音楽」とはどんなものか、考えてみたことはありますか? 私自身、幼少の頃はピ

記事を読む

テレビが子どもに与える影響

子どもがテレビを見ることに対して、疑問を持ったことはありますか? 「テレビは子どもの脳に悪影響

記事を読む

子どもをもつ親に大切にしてほしい5つのこと

子どもが生まれ、一緒に生活をしていくなかで、知らなかったことが次々と出てきて不安に思う毎日・・・。

記事を読む

わらべうた 鬼決め歌ーかくれかご

かくれかご (鬼決め)青森県 歌詞 かぐれかご とかごとになって かぐれろ 遊

記事を読む

 

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

PAGE TOP ↑