*

友だちに相談する・相談にのるポイントとは?お付き合いのマナー

公開日: : 最終更新日:2020/03/05 子どもと暮らし

     

長く付き合っている友人であれば、相談したり、されたりということも幾度かあるでしょう。

友だちだからこそ

「頼りたい」

「力になってあげたい」

と思うもの。

相手を傷つけたり、いやなおもいをさせたりすることのないよう、「相談のコツ」を知っておきましょう

気持ちを傷つけない相談のコツを知る

相談を持ちかけるときの3つの心得

相談を持ち掛けたいけれど、いきなり話しても大丈夫なもの?

「聴いてほしいことがあるんだけれど、時間とってもらえる」?と都合をうかがうのを忘れないように気をつけましょう。

親しき中にも礼儀ありという言葉があるように、仲が良くても礼儀は必要です。相談にのってもらいたいときのマナーを知っておきましょう。

 

1.まずは「相談にのってもらえる?」と依頼する

2.悩みを打ち明ける際は、相手に何を求めているかを説明する

例)とにかく話を聞いてほしい ➤「聞いてくれる?」

客観的な意見が欲しい ➤「私は構わないから、正直に言ってほしい」

3.事後報告とお礼を忘れない

 

この3つを押さえておくだけでもあなたのマナーはグンとアップし、印象もよくなります。さらにマナーアップするためのキーワードをご紹介します。

マナーアップフレーズ

🔶相談にのってもらう時

「いつも私の話ばかり聞いてもらってごめんね」

「いつもお騒がせしちゃってごめんなさい」

➤相談にのってもらうときには、相手に時間をとってもらっている相手を気づかう言葉を使うといいですね。

🔶聞いてもらったお礼をいう

「ありがとう。話を聞いてもらって、スッキリした」

➤心を込めて聞いてもらったお礼を言うことが大切です。

相談を持ち掛けられたときの3つの心得

 

相談にのるときは、とにかく話をとことん聞いてあげることが大事です。

だた、聞いているだけ・・・ということにならないように、きちんと相手の気持ちを受け止めてあげるといいでしょう。

 

1.相手の話を共感をこめて聞く

例)➤「うん、うん」「それは大変だったね」などと、相づちとふさわしい表情で相手の気持ちに寄り添う。

2.「どうしてほしい?」「どう思っている?」と、相手の意向を聞く

3.アドバイスするときは、一言クッション言葉をおく

 

相談にのるということは、相手の悩みを一緒に解決していくということ。話し方ひとつでもずいぶん変わってきます。

 

マナーアップフレーズ

 

🔶アドバイスするとき

「○○ちゃんのこと大好きだから、本音で言うけどいいかな?」

➤アドバイスをする場合は、まず相手の了解を得る。

🔶お礼を言われたとき

「力になれたか分らないけれど、話しだったらいつでも聞くよ」

➤相談にのった相手からお礼を言われたら、軽い励ましの言葉をかけましょう。

 

話している相手の様子も観察

 

いつもニコニコしていたり、はっきり言葉では感情を出さない人も多いもの。

相談にのるときは、相手の様子や声のトーンに注意します。

笑顔を浮かべていても、伏し目がちだったり、声のトーンが下がっていたら要注意です。

良かれと思ってはいても、傷つくことを言ってしまっているかもしれません。「気を悪くした?」「○○ちゃんのこと、大切だから、つい感情が先走っちゃって。本当にごめんね」などフォローの言葉を使いましょう。

スポンサーリンク

まとめ

いかがでしたか?

 

意外と知らない普段のお付き合いのマナー。話し方を変えてみると、人の印象もガラッと変わります。ちょっとした言葉の使い方ですが、知っておくと大人の女性としての自信にもつながりそうですね。

スポンサーリンク

 

関連記事

風邪の治し方 家庭でできる!引きはじめに効果的な対処法 

のどの痛みやつらい咳、鼻水や頭痛・・・風邪にはさまざまな症状がありますよね。。でも病院に行くと違う風

記事を読む

自然遊びで親も子も育つ

自然遊びをさせたいけれどどうしていいかわからない。 親である自分が経験がないから、踏み出せない

記事を読む

ジャック・オー・ランタンとよく似たお話、ウィル・オー・ザ・ウィスプ

ハロウィンについていろいろと調べていると「ジャック・オー・ランタン」と 類似した話に出くわした

記事を読む

no image

ステキな女性になるためのマナー

ステキな人になりたい!誰もが思うことではないでしょうか? 大切なことは、「素敵な人になりたい」

記事を読む

生姜の効果・効能がすごい 足湯で体のトラブル回避

しょうがといえば、薬味や香りつけになくてはならない存在ですよね。少量用いるだけで動物性たんぱく質の毒

記事を読む

大掃除がラクチンに!便利でエコな掃除方法

汚れはため込まず、こまめに取り除くのがおばあちゃんの掃除方法。新聞紙や柑橘類の皮などを利用したエ

記事を読む

ならここの里 幼時から小学生が楽しめる川遊び

今日は夏休み最後の日曜日ということで、旦那が最後の力を振り絞って??子どもたちを遊びに連れ出してくれ

記事を読む

子どもも大人も風邪予防 食材や湿度・・・6つの対策

子どもが風邪をひいてしまうと、仕事に行けなかったり、看病で疲れてしまったりしますよね。でも、季節の変

記事を読む

親が子が キャンプで身につく6つのこと

「キャンプって、なんか子どもにいいんでしょ?」とぼんやり思っている人が多いよう。 子ど

記事を読む

母と子のキャンプの楽しみ方

外に「生活」をもっていくのがキャンプ。だからこそ、母と子の距離が縮まったり、子どもが自立したり。

記事を読む

 

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

 
   
    • RUN

    • ガーデニング、おやつ作り、キャンプ、
      読書が趣味の主婦。
      元保育士で現在3人の子どもとシュタイナー教育実践中。
    • 詳しいプロフィール
 
 
     
PAGE TOP ↑