*

わらべうた 鬼遊び-ずるまさる

公開日: : 最終更新日:2019/01/16 わらべうた, コダーイの音楽教育

     

ずるまさる(子取り鬼)沖縄県

歌詞

ずるまさる うにまさる

 

遊び方

一列になり、歌のかけ合いをしながら鬼(先頭)がしっぽの子をつかまえます。

しっぽの子はつかまらないように逃げます。

 

ずるまさる・・・しっぽがおいしい

うにまさる・・・鬼がおいしい

 

 

遊びのポイント

何度もくり返して歌います。

追いかける、追いかけられることに集中しすぎると歌が疎かになるので気をつけましょう。

「おやとろことろ」のように鬼を一人別に立ててあそんでもよいでしょう。

ただ、歌詞の意味は全く違うため、2つのグループに分かれてのあそびは難しいと思います。

例えば、大人が尻尾に見立てた短めの縄をもち、それをつかまえるような遊びにしても面白いと思います。

その場合、縄は足で踏んで止めたりするのではなく、ちゃんと手でつかまえるように伝えましょう。

縄を使っての遊びは、あまり大人数であそぶと危ないので、少人数(2~3人くらい)で遊ぶようにしましょう。

 

わらべ歌にまつわる豆知識

「まさる」=「勝る」という意味です。

「おやとろことろ」と同じように子取り遊びといわれるものです。

ここでは沖縄の方言(うちなーぐち)で尻尾でことを「ずる」と歌っていますが、他にも沖縄では尻尾のことを「ちび」と言ったり「じゅ」といったりもするとか。

また、沖縄には鬼餅と呼ばれる食べ物がありますが、こちらも「うにむーちー」と呼ばれたり、「はちむーちー」や「かーさーむーちー」など様々あるようです。

 

スポンサーリンク

 

関連記事

わらべうた 季節の歌-たんぽぽ

たんぽぽ  季節の歌(春)群馬県 歌詞 たんぽぽ たんぽぽ むこうの やまへ とんでけ

記事を読む

わらべうた-いっぴきちゅー

いっぴきちゅー(数遊び)長野県 歌詞 いっぴきちゅー もとのかえって いっぴきちゅー にひ

記事を読む

音楽教育の基礎 わらべうた  

子どもに音楽の楽しさを知ってもらうには、わらべうたがとても効果的です。 なぜわらべうたが良いの

記事を読む

わらべうた-いろはにこんぺいと

いろはにこんぺいと(ゴム飛び)愛知県 掛け声 いろはに こんぺいと えいや  

記事を読む

なわとび遊び歌ーいちはっさん

いちはっさん (縄跳び) 愛知県 歌詞 いちはっさん にはっさん くまさん くまさん まわ

記事を読む

わらべうた 遊ばせ遊び歌-あがりめさがりめ

あがりめさがりめ  遊ばせ遊び歌(顔遊び) 山口県 歌詞 あがりめ さがりめ くるっとまわって 

記事を読む

わらべうた-こいのたきのぼり

こいのたきのぼり(胴送り)山口県 歌詞 こいのたきのぼり なんというて のぼるか &nbs

記事を読む

わらべうた 遊ばせ遊び歌(ゆすり遊び)-ゆすってゆすって

ゆすってゆすって (ゆすり遊び)高知県 歌詞 ゆすって ゆすって ゆすらんめ えべっさん 

記事を読む

わらべうた 季節の歌-こっとりかけたか

こっとりかけたか  季節の歌(夏)高知県 歌詞 こっとり かけたか こっこっこー &n

記事を読む

指あそび歌-こどもとこどもと

こどもとこどもと (指あそび) 歌詞 こどもとこどもと けんかして くすりやさんが とめた

記事を読む

 

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

PAGE TOP ↑