*

わらべうた-うぐいすのたにわたり

公開日: : 最終更新日:2019/01/16 わらべうた, コダーイの音楽教育

     

うぐいすのたにわたり(くぐり遊び)香川県

 

歌詞

うぐいすの たにわたり

うめにうぐいす ほーほけきょ

*もとはお手玉歌

 

遊び方

門くぐりの遊びで始まります。

門役を2人決め、他の子どもがうぐいすの飛ぶ真似をしながら門をくぐります。

「ほーほけきょ」で門の手を下におろし、つかまった子は「ほーほけきょ」とうぐいすの鳴き真似をします。

 

遊びのポイント

もとはお手玉歌のなのでお手玉を投げながら歌うのもいいですね。

まずは一つのお手玉から始めてみましょう。

歌に合わせて上に投げたり、左右の手で交互に渡して行ったり、みんなで円になって一つのお手玉を順々に回していくのも楽しいです。

 

その他、みんなで手をつないで輪になり、その中央に一人入ります。

中央の子はしゃがんで目をつむり、外の円の子どもたちは手をつないだまま、歌いながら右方向にまわります。

「ほーほけきょ」で止まり、中央のこの真後ろに来た子が「ほーほけきょ」と鳴いて人当て遊びをします。

「ほーほけきょ」と鳴きたい子がほとんどなので、歌っているうちに円が崩れてしまうことが多々あります。

その場合は、ちゃんと歌を歌うことを意識させたり、1フレーズごとにまわる方向を変えてみてもよいかもしれません。

 

わらべ歌にまつわる豆知識

もとはお手玉歌ですが、けん玉にもこの「うぐいすの谷渡り」と呼ばれる技があるとか。

春を告げる鳥として有名なうぐいすですが、「うぐいすの谷渡り」とはオスのうぐいすが警戒や威嚇のために「ケキョケキョ」と続けて鳴くことをさします。

また、「ホーホケキョ」と鳴くのはオスのみで、繁殖期に求愛のために鳴くそうです。

繁殖期が終わると「チャッチャッ」という“笹鳴き”と呼ばれる鳴き方になります。

こちらも警戒の意味をもっていますが、オスだけでなくメスも同じ鳴き方をするそうですよ。

 

スポンサーリンク

 

関連記事

わらべうた-ほうしほうし

ほうしほうし(数遊び)岡山県 歌詞 ほうし ほうし いっぽんほうしは でぬもんじゃ おやこ

記事を読む

わらべうた 鬼遊び-ねこがごふくやに

ねこがごふくやに(色鬼)鳥取県 歌詞 ねこが ごふくやに たびかいござる たびは なんもん

記事を読む

わらべうた【鬼遊びうた】

あそびの定番といえば「鬼ごっこ」ですね。 「鬼」のでてくるあそびはたくさんあります。 鬼

記事を読む

季節の歌-こっとりかけたか

こっとりかけたか          季節の歌(夏)高知県 歌詞 こっとり かけたか こっこっ

記事を読む

わらべうた-こめやさん

こめやさん(背負い遊び)東京都 歌詞 こめやさん つぎやさん ぎったらこん ばったらこん

記事を読む

季節の歌ーあわもちねれねれ

あわもちねれねれ 季節の歌(冬)三重県 歌詞 あわもち ねれねれ ねれたら ほっつけな

記事を読む

手遊び歌・おまじない-あいにさらさら

あいにさらさら おまじない歌 青森県 歌詞 あいに さらさら こがねに さらさら いだい ところ

記事を読む

なわとび歌-やまでらの

やまでらの (縄跳び) 秋田県 歌詞 やまでらの おしょさんが おきょうをよんで いらっし

記事を読む

季節の歌ーあわんとりゃほー

あわんとりゃホー 季節の歌(冬)大分県 歌詞 あわんとりゃ ホー ひえんとりゃ ホー

記事を読む

わらべうた-いろはにこんぺいと

いろはにこんぺいと(ゴム飛び)愛知県 掛け声 いろはに こんぺいと えいや  

記事を読む

 

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

PAGE TOP ↑