*

中間反抗期?10歳娘と父との微妙なケンカ

公開日: : 最終更新日:2018/07/23 子育て日記

     

10歳の長女とお父さんがケンカをしました。
といっても長女が一方的に不機嫌になって怒っているだけのような気もしますが・・・(´-∀-`;)
 
長女とお父さんはとても仲のいい親子。
お父さんははじめての娘を溺愛していて、困ったことに長女の要求は割と聞いてしまう方(~_~;)
そのせいか、長女のわがままっぷりはものすごくなってしまいました・・・・。

溺愛父と愛され娘のケンカ?

そして、夏休みに入って長女は遊びに出かける気満々。
お父さんが会社から帰ってくると
 
「川に遊びに行きたい!!いつ連れていってくれるの??」
 
 
と猛烈アピール!!!
 
しかし、そんなに出かける余裕もなく父が話をしても、
 
 
「なんでよ?行きたい!!」
 
 
と相手の話を聞いていない様子・・・(~_~;)
ついには妹にも八つ当たりをし始めたので、ちょっと突き放すようにいわれたら長女が急に静かになり・・・・
 
 
 
泣き出した・・・・(;´Д`A “`
 
 
 
そして
 
「もう私なんて見捨てられたんだ・・・・」
 
 
とぽつり・・・。
話が飛ぶなぁーと私としては思ってしまいますが、本人はいたって真面目。
子どもって本当に今の瞬間を生きているからあまり後先は考えないんですよね・・・・(^-^;
 
そして、この子もまだ自分のことしか考えられない??
もう10歳だし、そろそろ他者のことも考えられるようになってほしいと思うのですが・・・難しいですね。
 
お父さんと娘のケンカだし、私は放っておいていいかなと思いましたが・・・・・
私の背中にくっついてシクシクしてるし、なにか他にも話したそうだったので、話を聞いてみると
 
 
「お父さんにもっと相手をしてほしかった(´;ω;`)」
 
 
とのこと。
う~~~~~ん充分相手してもらっている気がするんだけどなぁ~と私。(^-^;
でも今回はいつもよりも長女の気持ちが深く、いつも以上に落ち込んでいろいろ考えているようでした。
(いつもは大好きな本を読んで気分転換?して、30分もしたらけろっと何事もなかったようにしています・・)
 
 
うちは3人姉弟なので、みんなそれぞれ相手をしてほしいんですよね。
子どもの気持ちも重々わかってはいるのですが、なんせ長女の甘えん坊袋が大きすぎていくら愛情を注いでも満たされない様子。(´-∀-`;)
同じ姉弟でも三者三様で親の思うようには育ちませんね。
子どもの方も同じように
 
「私のことをわかってくれない」
 
 
と思っているようですが・・・。( ´艸`)
 
 
最近まで私も実母と同居をしていたので、親との衝突という気持ちはわかるのですが、でも大人になってからするケンカと子どもの頃にするけんかとでは全然違うよなぁ~💦
でも子どものこどものころに親とたくさんぶつかっておくと、将来大きくなってからなんでも話ができる関係になるのかもしれないとも思いました。
 

中間反抗期の時期

9歳頃になると自我が芽生えてくるので、自分の考えがしっかりしてきて他者への考えに疑問を持ったりするようになります。
世間でいう中間反抗期ってやつですね。
ちなみに第一反抗期は2歳半頃から。こちらは親の愛情を確かめるために行うことが多いようです。
 
そもそも反抗期っていうけれど、これはあくまで大人側から見た視点であって、子ども側からすると自立期。
いい方ひとつで全然イメージも変わりますね💦
 
 
ではここで反抗期の子どもへの接し方3つのポイントをご紹介。
(1)基本的には見守る
反抗期になってくると学校であったことについて話さなくなったり、急によそよそしくなったりします。と思ったら、急に話しかけてきたりと子どもも気分によって気まぐれになることも多いようです。そんな時は親は見守ることを心がけましょう。
(2)親が先回りしない
反抗期に限らずではありますが、親が先回りをしないようにすることも大切です。子どもはチャレンジしようとしているのに、親が手助けして先に何でもやってしまうのはよくありません。失敗を経験するからこそ大きく成長できるので、子どもにはチャレンジをさせてあげることが大事ですね。
(3)声をかけてあげる
親としては、子どもの様子をきちんと見ておいてあげることが大切です。普段の様子を見ていて、「なんか変だな?」と思ったら、「ちょっと元気ないけど大丈夫?」とか声をかけてあげるといいですね。
 
 
この自立期を乗り越えて子どもはグンと大きくなります。
反抗的な態度をとられると親としてはムッとしてしまうこともありますが、ようやくわが子も大人へ(人間へ)の成長を始めた!??と思えば嬉しいもの。
 
わが家のケンカは反抗期的なものではなさそうな気もしますが、他者とのかかわり方としてはどう自分の気持ちを相手に伝えるか、相手がどう思っているかを学ぶいい経験だと思います。
 
長女には
「お父さんの話も聞いてあげたら?」
と言いましたが、話をしているとついついあれもこれも話したくなってしまって・・・・
娘も「もういい!!」みたいな感じでひとりになれる場所を探していました。(;^_^A
子どもへの声のかけ方って本当に悩みますね(~_~;)

スポンサーリンク

スポンサーリンク

 

関連記事

3年生 家づくりの準備

3年生の長女はいよいよ学校で家づくりが始まります。そして、今回はその材料となる 竹を取りに行くお手

記事を読む

「お手伝い」を見つけられる子に育つには

家のお手伝いをしてほしいけれど、なかなか習慣つかない・・・ なんてことありませんか?

記事を読む

簡単!お正月レシピ

気がつけば、年の瀬ですね~。年末は大掃除や、お正月に向けてのおせち料理の準備やらで忙しいですよね・・

記事を読む

白雪姫のメルヒェンが子どもに与える大きな影響

今日はオイリュトミー講座に参加してきました。 参加者は思ったよりも少なかったですが、オイリュト

記事を読む

子どもの片付けの仕方

夏休みに入ったので、そろそろ部屋の荷物を片付けようと、子どもと一緒に取り 掛かってみました。子どもは

記事を読む

長女と柿

3年生になると、世界との出会いがある。シュタイナー教育では3年生になると 課外活動が多くなるようで、

記事を読む

すきなこととできること

家に帰ると、長女、次女が友だちと水彩をしていました。 絵を描くことが好きなのか、絵の具の色の混

記事を読む

3年生 家づくり開始 

  シュタイナー学校では3年生(9歳)は世界との出会いの時期だといいます。 自我が芽生え

記事を読む

no image

体験!オイリュトミー

今年も参加しました、オイリュトミー講座。 この一年、少しずつオイリュトミーに参加したおかげ?で

記事を読む

30代 実母との関係の作り方

実の親、といえども子どもが大人になってしまうと、もはやそれは一人の大人で あって子どもではないので

記事を読む

 

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

PAGE TOP ↑