*

ちゃちゃつぼちゃつぼ【小学生向けわらべうた】

公開日: : 最終更新日:2020/07/01 わらべうた

     

ちゃちゃつぼちゃつぼ【年長・小学生向き】

歌詞

 

遊び方

ちゃ ちゃ  つ   ぼ  ちゃ  つ  ぼ

1   2   3   4   1   2   3 休

ちゃ つ  ぼ  にゃ  ふた  が  ない

4   1   2  3    4   1   2  休

そ  こ  とっ  て  ふた  にし  ろ

3  4   1   2   3   4   1   休

 

➀左手を軽く握って茶つぼとし、その上に右手のひらでふたをする。

②その右手を左手の下において底にする。

③右手のこぶしの上に左手のひらを置く。

④それを底に持っていく。

遊び方のポイント

茶つぼが登場する遊びは、この歌のほかに「ずいずいずっころばし」がよく知られています。

その昔、幕府ご用命の新茶が行列を仕立てて、茶つぼを真ん中にデンと据え、大名行列の権威を誇っていたということから、こうした子どもの手遊び歌にも歌われてきました。

この遊びは、手のひらの上にツボ、(手を軽くこぶし状に握り、親指側を上にして立てる)を乗せ、つぼのフタにしたり、つぼの下にしてソコにしたりする動作をリズミカルなうたに合わせて行なっていく遊びで、最後はフタの形で終わるというもの。

途中で休符が入って、そのときの動作を間違えると、フタの形にならず、ソコの形になってしまう、というところが実はこのあそびのミソ。

その部分は、「ちゃちゃつぼちゃつぼ」まで、フタ、ソコ(手を代えて)フタ、ソコ(手を代えて)フタ、ソコ(手を代えて)、最後の「ぼ」は左手がつぼの形で終わり、次の歌いだしの動作は、左手のソコから始めるのが正しいのだが、休止符の部分をつい無視しがちになってしまいます。

これは音楽的に言えば、弱拍からの動作になるのでやりにくいでしょう。

この部分を正確の動作すると、最後はフタになり、めでたし、めでたし。

年長さんや小学生では、この手動作に足をつけます。

足は右へ1歩右足を出し、次に左足を寄せるフォローステップの繰り返しをします。

前述した休拍の部分は、足と手が逆の動きになり、最後までコントロールしながらステップを踏むのはかなり難しくなります。

うまく成功したときの喜びは大きく思わず、「できたぁ!!!」と歓声が上がります。

スポンサーリンク

 

関連記事

季節の歌ーおにはそと

おにはそと 季節の歌(冬)長野県 歌詞 おには そと ふくは うち えびす だいこく 

記事を読む

季節の歌ーたこたこあがれ

たこたこあがれ 季節の歌(冬)東京都 歌詞 たこたこ あがれ てん まで あがれ &n

記事を読む

わらべうた-せっくんぼ

せっくんぼ(押し合い遊び)鹿児島県 歌詞 せっくんぼせっくんぼ なかんやつぁせだせ せっく

記事を読む

季節の歌ーあわもちねれねれ

あわもちねれねれ 季節の歌(冬)三重県 歌詞 あわもち ねれねれ ねれたら ほっつけな

記事を読む

なわとび遊び歌ーおちゃをのみに

おちゃをのみに (縄跳び) 宮城県 歌詞 おちゃをのみに きてください はい こんにちは

記事を読む

遊ばせ遊び歌-いいちくたあちく

いいちくたあちく しぐさ遊び 兵庫県 歌詞 いいちくたあちく たぁまんご かえでりゃ 

記事を読む

わらべうた-じごくごくらく

じごくごくらく(ゆすり遊び)広島県 歌詞 じごくごくらく えんまさんのまえで おきょうをよ

記事を読む

季節の歌ーしがこわたりこ

しがこわたりこ 季節の歌(冬)秋田県 歌詞 しがこわたりこ わ た り わたり わたり

記事を読む

わらべうた【まりつきあそび】

「毬」は蹴鞠と手まりの2つあります。 男性が楽しむ「蹴鞠」と、女児が遊ぶ「手まり」があります。

記事を読む

わらべうた-こめやさん

こめやさん(背負い遊び)東京都 歌詞 こめやさん つぎやさん ぎったらこん ばったらこん

記事を読む

 

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

 
     
     
PAGE TOP ↑